家庭用「ロボットシェフ」 料理の腕前がスゴイ・・・850万でも安い!

人工知能(A.I)は、手料理までを奪い去ろうとしています。利便性を追求した結果、ロボットアーム付きのシステムキッチンなるものが登場。しかも、あのトップシェフたちの味を、そっくりそのまま再現できる!?

もう、手料理は要らない!?
ロボットがプロの味を再現

Medium ef17d85b91637de37127193fc8d9ca98b9391a91

これは、キッチンに立つ“人間の”シェフが「マグロのタルタル」を作っている場面。シェフの動きを3Dモーションキャプチャで食材や調味料、カットの仕方、調理道具、盛り付けまで、手の動きを刻名に録画しているところ。

Medium 5669d775dc65b000dc9b0ebfb497024e83cfb288

次にシェフは、デバイス画面を使って、撮影した動画をアップロードしていきます。

Medium eb91b1c773827df5a5857bad41ca731f9d5c5f7e

「今夜は何にしようかな?」iPadを操作しながら、メニューを選んでいく男性。ちょうど、“人間の”シェフが作った新たなレシピがアップされたところ。「あ、これ美味しそ!」早速、彼は恋人にメニューをシェア。

Medium ff7bdf56bc1fca2fed4988cb4b520b51061a9d0b

キッチンで彼からのメッセージを受け取った彼女。

Medium 28e13f2c0f2d100ab21c79bc189ae3e34b2fbef5

「ふ~ん、タルタルね」。突然のオーダーにも、慌てる素振りひとつ見せない彼女。それもそのはず。だって、料理をするのは…彼女じゃないんですから。

すべて、おまかせ
自宅にいながらシェフの味

Medium 21c1c69d50bd6692b3bc9aab8ff6ccc99bb47542

そう、キッチンで代わりに腕を振るうのは、二本のアームを持つ“ロボット”シェフ。ロボット工学カンパニー「Moley Rotics」が、現在開発中の人工知能を搭載した世界初のロボットキッチン。これが、人間のシェフが作った味をそっくりそのまま再現してくれるんだそう。

では、お手並み拝見と行きましょう!

6417dd7fbc4ffef3cc0b876307955cf510415b2d

まずはソース作り。ボウルに薬味とお醤油を入れて、シャッシャッシャ。ちゃんと包丁でマグロをスライス。絶句…スゴすぎ!見てください、「親指シュッ」で醤油のキャップを開けるあたり。もはや人間の手つきそのもの。

Medium 507adf1d531018ba7d3ee995dd2a45709405756c

やがて、玄関のチャイムが。「ハイハイ、任せといて」とばかりに、シェフロボット。

Medium 9c0af2e6c7955bf4348039a59cb7612948184f77

結局、眺めていただけで何もしないまま彼がやって来ました。

Medium 5e412703a39a2bc09fa538487fdc0236726bc0fe

こんな粋な演出まで。どこまでも気が利くロボットシェフ。できる子!

Medium 125cc7de7a86e6cf55b0d6d7daa97191e76fe1c4

二人はテーブルで「カンパ〜イ!」。

3c25a0120714378ad5364dbe555c7a2d98c18a21

その頃、キッチンでは、なんと「お片づけ」までしてくれるの?ロボットシェフ、至れり尽くせりですね!

Medium 395398381adc347e3b073ad9571f09685a2d82e0

バッチリ!
こんな未来が、そう遠くないうちにやって来るかもしれません。

Moley Roboticsによると、動画のような俊敏さには欠けるものの、すでにプロトタイプモデルが「カニのビスク」を30分未満で調理に成功。2011年イギリスNo.1シェフに選出されたシェフ、ティム・アンダーソンのレシピを再現したものだそう。
他にも英人気シェフ、ジェイミー・オリバーのレシピを記憶させるなど、実用化に向けて2,000種以上のレシピをインストールする予定だと「TIME」は伝えています。

現段階での、販売見込価格は約850万円。トップのシェフの味をそっくりそのまま再現できるとしたら…高い、安い?

Reference:The Telegraph, TIME
Licensed material used with permission by Moley Robotics
目の前に現れるのは、ちょっと不思議で楽しいシェフたち。見て、驚いて、味わえる。これまでにない“特別な体験”が、いま始まろうとしていますーー。身長わずか5c...
 あらゆるジャンルに神童と呼ばれる天才児たちがいる。美術、音楽、スポーツ、そして食。ここに紹介するOlenkaちゃんもまさにその一人。だけど、彼女の魅力は...
ミネソタ大学は、頭に被せたキャップから脳波を読み取り、ロボットアームを操作できる技術を開発しました。考えたとおりに動き、モノを掴んで移動できます。「世界で...
2016年2月29日(月)、神奈川県藤沢市で「ロボットタクシー」の実証実験が開始されました。アプリで呼び出せば自動運転で迎えにきてくれ、そのまま買い物に。...
単純作業労働の現場をはじめ、知的労働分野でも、ロボットに人間の仕事が奪われるという自体が起こっています。私たちの暮らしを快適なものにする一方で、見たくない...
世界の頂点に4度輝いた「ノーマ(noma)」が、1ヶ月半の期間限定レストランを東京で成功させたのは2015年のこと。食材も勝手もまったく違う不慣れな土地で...
この2つの動画を見てみましょう。まずはひとつ目。羽根つきのロボットが宙に浮いています。羽ばたいて飛べる小型の昆虫型ロボットが開発されたんですね!しかし、動...
えっ…これが本当に、あのロボット掃除機のネクストバージョンなのか?その衝撃的な見た目に、我が目を疑った人もいるかもしれない。ただの車のおもちゃかにも見えな...
人間の言うことをきかないロボット。と聞くと、どんなイメージを思い浮かべるでしょうか?実際に見てみましょう。男性「座って」ロボ「オーケイ。(ウィィイィンン…...
旅に出る理由に、その土地の味を楽しむことを挙げる人はとても多いだろう。豆がぎっしり入ったダルカレーを食べたいのであればインドへ行けばいいし、焼きたてふかふ...
ドイツの企業「Festo」によって開発された蟻型のロボットが凄い!最新のテクノロジーニュースを取り扱うメディア「PSFK」の記事によれば、なんとインターネ...
ロボットや人工知能を「Electronic Persons」として扱い、その所有者に税の支払いを義務付けるーー。なんて計画案がEUで持ち上がっていると、各...
犬や猫のような見た目ながらも、骨格むき出しな見た目やカクカクした不気味な動きでたびたび気味悪がられていた四足のロボットたち。ただ、その能力は高く、悪路走行...
「VR元年」とも言われる2016年。そこには「Oculus Rift」や「PlayStation VR」の存在が大きく影響していますが、こういった新しいテ...
「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」を武器に、世界を席巻中のダイソン。2015年10月23日(金)、同社の新製品となるロボット掃除機「ダイソン 36...
ベルギー・アントワープで開催されたブックフェアの会場で人気を集めたのは、著名な作家8人によるサイン会でした。しかも12日間ノンストップで行われ、選ばれた作...
いよいよ、「自家用飛行機」時代の幕開けとなるかもしれない、革新的な航空機開発が大詰めを迎えているようです。それも電動式で駐機場も不要だとか。ここで話してい...
話題作『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』は、シズル感に注目!? 「シズル感」ってことばを知っているだろうか? 料理を映画や本で紹介する時に、臨場感...
『アイアンマン』シリーズのジョン・ファヴローが製作・監督・脚本・主役の4役を務め、アメリカで「フードトラック」(路上で料理を提供する、キッチンを搭載したト...
世界を驚かせるような絶品料理を考え出す「優秀なシェフ」が現れた?しかし、どうやら人間ではないようです。かつてアメリカのクイズ番組「ジェパディ!」で、オフラ...