誰もが後悔。「母親にやってあげればよかった」と思う7つのコト

常日頃から母親のことを気にかけているあなたも、普段母親のことなんて忘れているあなたも。今、この時期はあらためて自分と母親の関係について、考え直してみては?
ここで挙げているような「7つの後悔」をする前に。

01.
「あと何回会えるだろう?」と、
真剣に考えればよかった

beams_007

あなたが一端の大人だったとしたら、あるいは、年齢とは関係なく親元を離れて暮らしているとしたら。残りの人生で母親と会えるであろう回数を計算してみてください。
なかには、正月とお盆にしか、母親と顔をあわさないという人もいるでしょう。そんな人は、かなり現実的に“会える回数”を割り出せるはずです。そして、そのあまりの少なさに寂しい気持ちになるかもしません。
今すぐ母親の大切さに気づき、行動に移さないと、きっといつか後悔する日がやってきます。

02.
思い出の場所へ
もう一度、一緒に旅をしたかった

beams_002

最近、母親と一緒に旅行しましたか? 子どもの頃、家族で出掛けた場所へは?
きっと多くの人がないんじゃないでしょうか。懐かしさに浸ることは、必ずしも後ろ向きな行為じゃありません。年を経て、母子で旅するなら、思い出の場所を選ぶのもおすすめです。

03.
もっと自分から
電話をかけてあげればよかった

beams_001

例えば友だちなら、連絡はお互いが取り合うもののはず。コミュニケーションは一方通行では成り立ちません。ところが、これが家族となると、ちょっと違ってきます。いつも電話をかけてくれるのは母親で、あなたがかけることは少ないのでは?
あなたの日常は母親よりも忙しいかもしれません。でも、たまには自分から電話をしてみるべきです。話す内容なんて、なんでもいいんですから。

04.
たくさん写真を
撮っておけばよかった

beams_004

大人になってから母親と一緒に写真にうつる機会って案外とないものです。「一緒に写真撮ろうよ」なんて、照れくさいし、そもそも意味のないことのように思いますよね。でも、意味はあるんです。
何十年先か、何年先かは誰にもわかりませんが「お母さんと写真を撮っておけばよかったなあ」と、後悔する時がくるんです。

05.
父親のどこが好きなのか、
聞いておけばよかった

beams_005

最も身近な二人の人間ことを、あなたは意外と知らないかもしれません。
母親の言葉で父親について聞く。これはなかなかできることではありませんが、後年「二人について、自分は何も知らない」と思うよりは、今すぐに聞いてみるのが正解です。それはあなただけでなく、母親にとっても、父親にとっても意義のあることですし、なによりもお母さんは照れながらも、喜ぶはずですよ。

06.
記念日をしっかりと
祝ってあげればよかった

beams_003

誕生日かもしれないし、結婚記念日かもしれない、または、母の日かも・・・。なんであれ、それは母親を喜ばせる数少ないチャンスです。記念日のお祝いならば、思ってはいても普段なかなかできないようなことだって、素直に行動に移せるはずです。

07.
素直に感謝の気持ちを
伝えられなかった・・・

beams_006

母親に感謝している人は多いけれど、それを口に出せる人は少ないのでは?
「わざわざ言うことでもないし」「あらたまって伝えるのが恥ずかしい」「機会がないだけ」。理由はいろいろあるかもしれません。でも、一度も感謝の気持ちを母親に伝えられないまま、そのままだったら、きっとあなたは後悔しますよ。

5月10日は母の日です。母親への感謝の気持ちを伝えませんか?
presented by BEAMS

Sponsored by BEAMS

人が、死を前にして本気で後悔することとは? そのときの言葉をまとめた本が『The Top Five Regrets of The Dying』です。ある看...
人は、いよいよ「自分の死」を覚悟したとき、一体どんなことに後悔をするのでしょうか?人生の終わりは、誰にでもやってくること。「becomingminimal...
「Lifehack」のライター、ウエンディ氏は、自身の人生経験を元に、全ての女性へとアドバイスを送る記事を書いています。もうすぐ40歳を迎えるという女性が...
多忙な日常に追われ、つい忘れがち。でも、絶対に覚えておくべき。そんな教訓の数々をまとめた記事が「Marc and Angel Hack Life」に掲載さ...
この瞬間は、言葉を発しよう!言葉で自分の思いを伝えること。それは日本人にはちょっと難しいことだったりする。周りの輪をみださないように、言えないことがあった...
NYの町中に設置されていた黒板。赤い字でこんなメッセージが記されていました。一番後悔していることを書いて:この手の社会実験は、よくインターネットでも紹介さ...
もし今日死んでしまうとしたら、誰に何を伝えたいですか?自分の思い出の中に、伝えられなかった言葉はどれくらいありますか?人は、したことよりもしなかったことの...
40歳になった「YourTango」のライターLaura Lifshitz氏。これまで“それなり”の恋愛経験を積んできたと自負する彼女。こう聞くと「なにを...
今、あなたの目の前にはたくさんの選択肢があります。しかし、今日の選択に10年後のあなたは後悔してしまうかもしれません…。人は、どんな行動をとったときに、あ...
人生は「選択」の連続。たった一つのチョイスが、大きな差となってあなたに返ってくることだってあるでしょう。ここで紹介する5つのコトは、「Expanded C...
これは、「Elite Daily」のライターSydney McBrideさんが2014年末に書いた「2015年には絶対やめることリスト」。少し前の記事では...
もうすぐ30歳を迎えるワタクシ。気づいたらもうこんな年齢かと思い、これまでの人生を振り返ってみた。すると、「もし、あの時◯◯だったら」なんて後悔がいくつも...
若くてエネルギッシュな20代。勢いにまかせて、ときには理性を失った決断をして取り返しのつかない失敗をすることも…。もちろん「失敗を糧にする」ことは大事です...
長く生きていると、昔の色んな失敗を思い出してはチクッとすることもいっぱいあります。今回紹介するのは、「Elite Daily」に掲載されていた30代女性ブ...
にっこりと笑う小さな男の子。大好きなパパとママと一緒に写る幸せいっぱいの一枚は、見ているこちらも微笑ましい気持ちになります。だけど、実は彼の両親は離婚して...
後悔ばかりの人生なんて、誰もが送りたくないですよね。そのためには、ここで紹介する選択をしないことが得策かもしれません。ブロガーSteven Bancarz...
気づけば8月も終盤。夏ももう終わりと思いがちですが、いいえまだまだ。ライターKayla Cavanagh氏が「YourTango」に、絶対にやっておくべき...
家族は、何にも変えられないかけがえのない存在。知らないうちに自分に染み付いていた癖が両親そっくりだったりして、成長していくにつれて、その計り知れない影響力...
たとえ恋人がいたとしても、いつ魅力的な異性に出会い、気を惹かれてしまうかは誰にも予測ができません。ちょっとくらい…でも、その気持ちが後悔のはじまり。1.相...
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...