韓国を知り尽くしたプロがこっそり教える「絶景スポット7選」

美容やファッション、グルメ大国として名高い韓国。約2時間で行ける近場の海外旅行先として、毎年多くの日本人観光客が訪れています。ここで紹介するのは、通しか知り得ない名所の数々。韓国の新たな魅力をお届けします。

カラフルな街並が
おもちゃみたいでカワイイ!
「釜山・甘川文化村」

もともと、朝鮮戦争の際に北朝鮮から逃れて来た避難民たちが集落を作ったのがはじまりとされる甘川文化村。それが今では、韓国のマチュピチュと呼ばれるほどの観光地に。迷路のように入り組んだ路地がそう言われる所以です。ところ狭しと立ち並ぶカラフルな家々を見ていると、なんだか心もウキウキしてきたりして。最近では、この景色に魅了されて移住してくる美術家や写真家も多いのだとか。

モーゼの奇跡ならぬ、
桑ばあさんの奇跡!
「珍島の海割れ」

korea03

毎年3月と6月、珍島と芽島を隔てる海中に道のようなものが浮かび上がる現象。これを「珍島の海割れ」といいます。潮の満ち引きの差で水深が低くなる時、約40m程の幅の陸地が現れます。海割れが起きる日は道をおおい尽くしてしまうほどの観光客でにぎわい、その風景はまるで現代版モーゼの奇跡のよう。

地元の若者に人気の
デートスポット
「広安里大橋」
(ダイアモンドブリッジ)

korea02

ここは韓国の若者にデートコースとして人気のスポット。旅行者にとっては馴染みが浅いスポットかもしれませんが、釜山の2大ビーチといわれる海雲台、広安里ビーチに両脇が挟まれた広安里大橋を、車で突っ走ると、気分は最高! ライトアップされた夜の広安里大橋はサンフランシスコのゴールデンゲートブリッジを思わせるダイナミックな煌びやかさ

恋人とのバカンス旅行に
「済州島・ウォルジョンリ海岸」

korea

まるでハワイの海岸にいるような気分になる青空とコバルトブルーのビーチ。海岸沿いには、お洒落なカフェが立ち並んでいます。もちろん、どのお店も見晴らしが最高! ロマンチックな雰囲気で恋人たちにも人気のスポットです。

地中海気分を味わうなら・・・
「牙山地中海村」

korea04

温泉地として有名な忠清南道牙山(アサン)にある「地中海村」。白い壁と青い屋根が調和しているヨーロッパ式の建物には、オシャレなカフェやレストラン、ブティックなどが軒をつらね、まるでギリシャのサントリーニを旅しているよう。ライトアップされた夜の地中海村は、最高にロマンティックな雰囲気が漂います。

世界一!
海の近くを走る列車として
ギネスにも認定
「江原道・海列車」

korea

鉄道好きのココロをつかんで離さない絶景スポット。世界一海の近くを走る列車としてギネスにも認定されています。江陵、東海、三陟をつなぐ58kmの美しい東海岸沿いを走る海岸列車は、全座席が窓側を向くような配置に。普通の列車より大きくつくられた窓からは東海の打ち寄せる波と広々とした白い砂浜を一目で見渡すことができます。プロポーズができるカップル席も設けられています。

高層ビルが立ち並ぶ
そこは、まるで未来都市
「仁川・松島国際都市」

korea01

キラキラ?いや、ギラギラという表現の方がしっくりくるこの街は、経済自由地区にも指定されている松島国際都市。約60棟もの高層ビルが立ち並ぶことから、「韓国のドバイ」と言われることも。写真だけでも、その迫力が伝わってきます。


じつは、ここで紹介したスポットは、絶景やグルメなど韓国の観光情報を配信する韓国観光公社がオススメしているもの。知っているようで、まだまだ知らないこともある韓国の魅力。奥が深そうです。
btn_korea_150519_11

Sponsored by 韓国観光公社

旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
海外から帰ってくると、多かれ少なかれ手元に外貨が残るはず。それを、毎度律儀に両替し直すのは、思いの外ハードルが高い。そもそも硬貨に関しては、両替所でも銀行...
人生は旅のようなもの。旅で大切にしたいのは、どこに行ったかよりも、何を感じ何を考えたか。だからこんな「トリップ体験」ができたら、どんな国を訪れるよりもよっ...
仕事がうまくいかない。恋人にフラレてしまった。生きていれば、良くないことが一つや二つ、起きてくるもんだ。そして悪いことって大抵重なって起こる。それでも僕た...
最愛なる恋人との別れは、心がとても痛むもの。でも、いつまでも悲しみにふけるよりも、思い切って旅に出てしまえば、意外と早く立ち直れるかもしれません。女性ライ...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
鎖国の間も日本で唯一、海外に港が開かれ、さまざまな人や文化が行き交った長崎。その文化交流の中でも、日本の「和」、中国の「華」、オランダの「蘭」が交わって表...
旅行に行きたい、と言いながら早半年…。ずるずると予定を先延ばしにしたくないなら、旅行上手な友だちに頼ってしまいましょう。「Elite Daily」のKri...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
今月2日、Instagramが興味深いデータを発表しました。「2016年のハイライト」と題したそれは、5億人を超える月間アクティブユーザーを誇る同サービス...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
ゲイの兵士が逮捕されたり、大統領選の候補者たちが同性愛に対して否定的な発言をするなど、同性愛者にとっては厳しい状況が続く韓国社会。そんな中、各地の大学で、...
注目フードから、まるで秘境のようなビーチまで、この夏に行ってみたい「東京都内のおでかけスポット」をまとめてみました。うまく連休がとれないときや、ぽっかり休...
年齢を重ねるにつれて、好みや優先事項は変化するもの。そしてもちろん体力も。バイタリティーのある20代のうちに訪れて、刺激を受けるべき街をトラベルライターC...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
この地球に、「大地のヘソ」と呼ばれるている場所がある旅に出る理由は、人それぞれだ。疲れを癒したい時。自分を見つめ直したい時。世界が見たい時。悲しい恋を忘れ...