NYで愛されている安宿「イエローキャブ」は、くさい・うるさい・埃っぽい…etc

この宿泊施設を評価するコメント欄には酷評が並んでいる。良い経験になったと書く人もいるが、本気でディスってる人も結構いる。だけど、訪れる人は絶えない。

マンハッタンが目と鼻の先にあるロングアイランドの一角には、そんな「泊まれるイエローキャブ」がある。

酷評なのに大人気?
NYで車中泊!

Medium 97bb11c8484964c2244da699873077f654a983f4Medium 0cd350b1db0fb5155704c437c8828f3d2ac733d8

ダウンタウンをスイスイ走る黄色いタクシーは目立つ。クラシックなシブい車もあるし、クセのある運転手が登場する映画も目に浮かぶ。イエローキャブはこの街を現すアイコンのひとつだ。まさかそこで寝泊まりしようとは思わなかったけど。

さて、“安宿”と聞いて最初に目が行くのは宿泊料金。「Airbnb」を見ると一晩4,000円程で2名まで泊まれる。バスルームはないが、周辺で使えるトイレのリストがある。

車内のものはすべて黄色で統一されているので、ただの泊まれるタクシーというよりはアトラクションのような感じだ。

古びた扉と埃っぽい車内に、
騒がしい駐車場。

宿泊者の感想によると、車体は写真の見た目よりも古く、ドアを開けるのにも一苦労、車内は臭うし、駐車場なので外が騒がしい。単に予算を抑えたいときの選択肢として選ぶと、例え安くともがっかりしてしまう可能性はある。心が折れて新たに宿を取っちゃった…なんて人もいる。

周りにはカフェ、レストラン、スーパーなどが揃っているけど、なんで話題になっているのかと首をかしげる人は多い。ただ、若者だけでなく、40代の夫婦が宿泊することもあり、最高にエキサイティングだったという声も多いのだ。

「ロマンチックな夜だった」。

Medium 1c0bac879e107a28a164dc3b4407266c06c05c49Medium 657e47c06ed60fd435b8a406bd846f88af0113de

気になるところは盛り沢山あれど、そのすべてが伏線となり、一日の終わりへと繋がっていく。誰もが口を揃えて絶賛するのはユニークで親切だというオーナーのキャラとマンハッタンの夜景。おそらく“結果的に楽しかった。最高の思い出になった”というのがこの場所を楽しんだ人たちの感想なのだろう(たぶん)。

見ての通り、万人受けする宿ではない。快適さを求めれば文句が出るけれど、好奇心で泊まれば新しい発見がある。そこにドラマ性を感じられるなら、宿泊してみる価値はある。ロマンチックな場面は、なにも美しく整った部屋だけに訪れるわけじゃない。

Licensed material used with permission by Jonathan Powley
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
もしかしたら、ほとんどの日本人はその街の名を聞いたことがないかもしれません。しかし、『Forbes』や『TIME』が発表しているランキングでは、アメリカで...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
アメリカのドラマや映画を見ていると、たとえば失恋・失業などの精神的ダメージを癒やす特効薬として、バケツサイズのアイスなんかがよく出てきます。登場人物が堕落...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
今の生活が自分の望んでいたものではないと気が付いたとしても、そして他にやりたいことがあったとしても、現在の生活を惜しげもなく捨てるということは、並大抵のこ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあったこれまでの旅の記憶をひっぱり出して、様々な...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
佐賀県武雄市や神奈川県海老名市などで展開されている「TSUTAYA図書館」の影響もあり、改めて図書館と向き合う機会が増えてきました。そんな中で目にしたこの...
海外での抹茶ブームはすっかり定着し、「Matcha」という言葉で親しまれていることは、ご存知の方も多いでしょう。しかしよくよく見てみると、海外の抹茶ラバー...
注目フードから、まるで秘境のようなビーチまで、この夏に行ってみたい「東京都内のおでかけスポット」をまとめてみました。うまく連休がとれないときや、ぽっかり休...
見慣れた日本の風景が、他国と比較するといかに異質なものであるか。そんな事実にハッとさせられる画像を紹介。ヨーロッパと南米の4つの街を「東京化」してみると、...
今年の12/25に向けて、アメリカの「Oyster.com」が紹介していたのは、クリスマスに人気の10の旅先。1位のニューヨークにはなるほど、というところ...
海外で働きたいと言いながら、こんな言い訳をしているなら大きな間違い。あなたが世界で活躍する日は永遠に来ないと言ってもいいでしょう。本当にやりたいことがある...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
有名観光地はいつでも行ける若いうちは、もっと冒険しよう!世界中に存在する有名観光地、勿論どこだって行って見たいと思うものだが、ニューヨークやパリなど、すで...
海外で暮らしたら、さぞかし楽しいだろう。漠然とそう思ったことがある人も多いでしょう。でも現実は、そんな単純なものじゃなさそう。独・ベルリン在住の女性ジャー...
トラックの幌を再利用してつくる、スタイリッシュなメッセンジャーバッグで日本でもおなじみの「FREITAG(フライターグ)」。そのトラベルバッグを無料貸し出...