心身ともに美人になる!そのために必要な「朝の儀式」8選

朝時間の過ごし方については、さまざまなところで言及されています。ここで取りあげたいのは「bembu」という美容健康情報を発信しているメディアに掲載された「あなたの人生を変えることができる11の朝の儀式」という記事。

女性向けのメディアだけあって、“デキる”とか“有効活用”といったいわゆるビジネスシーン向けのものではなく、美しい女性になるためのアイデアが満載なのが特徴です。

なかでも、日常に取り入れやすそうなものを8つ選んで紹介します!

01.
温かいのもポイント!
レモンウォーターを飲む

morning-ritual006

あのミランダ・カーも飲んでいると、日本でもすっかりおなじみになったレモンウォーター。どうやら海外でも話題のようです。クエン酸がカラダに溜まった不要な水分や毒素の排出を促してくれたり、ビタミンCが免疫力を高めてくれると注目されています。 何よりレモンの酸っぱさが、頭も体も目覚めさせてくれますよね。さらに、ホットで飲むことで、胃腸を温め、代謝を促してくれるという効果も期待できるとか。

飲みやすさを考えると、蜂蜜を足してみるのもオススメだそうですよ。

02.
いつもより少しだけ
早起きしてみる

morning-ritual007

こちらは定番。朝の儀式をやるためには、まず早起きから。
ただし、記事でオススメしている方法がおもしろいのは、なんでいいから早起きするんじゃなくて、自然のリズムに合わせましょうとしているところ。夜暗くなったら、できるだけ早く寝る、朝日がのぼったら起きる。人間も自然の一部だと考えると、それがベストな生活リズムと言えるのかもしれません。

03.
歯だけじゃダメ!
舌を磨く

この提案もちょっぴりユニークです。寝起きの口内は、1日のうちで最も汚いといわれるほど菌が繁殖しているんだとか。もちろん、うがいや歯磨きなしも大事ですが、欧米のエリート達は舌ブラシも持っていてしっかり磨く人も多いみたい。口臭予防にもなりますし、気分もシャキッとするそうです。

なお、オススメは、口内の雑菌を飲み込んでしまないように、朝食前がいいんだとか(意外!)。

04.
5分だけでOK
ストレッチをする

morning-ritual001

朝の軽い運動は脳を活性化させるほか、基礎代謝アップや整腸効果が期待できます。しかも、記事でオススメしている運動時間はわずか5分程度。これぐらいなら習慣にできそうですよね。

05.
日本でもブレイク前夜!?
ドライブラッシング

morning-ritual004

こちらもミランダ・カーが行っていることで日本でも知られるようになってきた美容法です。じつは、欧米では定番化しており、ジェニファー・アニストン、エリカ・アンギャル、さらにはシンガーソングライターのサム・スミスが、2週間のダイエットのプログラムに、ドライブラッシングを取り入れていたという話も。

2~5分、乾いたブラシで全身をブラッシングすることで、毛穴が角質化した細胞で塞がれるのを防ぎ、効率よく不必要な不純物や毒素を排泄することができるそうです。リンパ排出の難しい力加減もブラシを用いることで簡単に解決。心臓に遠いところから、力を入れずにブラッシングするのがコツのようですよ。

06.
作る時間だって大事!
グリーンスムージーを飲む

フィトケミカル、食物繊維などなど、グリーンスムージーは朝のカラダにエネルギーを補給するのに最適なドリンク。日本でも最近は取り入れている人も多いですよね。

飲むこと自体もさることながら、少し手間のかかるものだからこそ、作る時間だって大事です。その日の気分に合ったお気に入りの音楽やオーディオブックを聞きながらなら、カラダだけでなく、心まで健康的になれそうです。

07.
欧米では、もはや常識!?
瞑想をする

morning-ritual003

瞑想と聞いて、これはパス。と思う人もいるかもしれません。でも、難しいことではなく、好きな姿勢で1〜2分、頭をからっぽにするだけでいいのです。欧米ではヨガと並んで、最近かなり人気が高いみたい。

08.
鏡に向かって微笑む

morning-ritual005

出かける前に鏡に向かって大きくスマイル!

これが自信を持って1日を過ごすキーになるんだとか。自分のために過ごした1時間半でハッピーな状態のあなたの笑顔をしっかり頭にも焼き付けるのがポイントで、それが潜在意識に働きかけ、その日をよりよく過ごしていく力になるそう。

たしかに、どんなに大変な一日が待っていても、少しでも笑顔に変えようという気持ちになれそうですよね。

Reference:bembu

気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
ライターのBenjamin P. Hardyは、こんな問いかけをしています。 朝、目が覚めたときどんな気分?スーパーマンみたいになんでもできそう?それとも...
どれだけ些細なことでも、だれかの優しさに触れると、心はほっこりとするもの。そんな日々の小さなしあわせに気づくのも大事なことですが、自分からそのしあわせを作...
海外のデキるビジネスマンに共通すること。それは、朝早く起きることだ。スタバのCEO、ハワード・シュルツ氏は4時30分に起きて6時前に出社して誰よりも早くオ...
あなたは朝の目覚めがいい方ですか? それとも目覚ましアラームを止めて二度寝してしまうタイプ?朝はいつでもすっきり目覚められるというあなたは、朝型人間です。...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
20年以上勤めていた会社を、いきなりクビになったTyler C. Beaty氏。その後、彼は一念発起して起業。成功者の仲間入りを果たしています。Beaty...
1日のうちで最も余裕がない時間帯といえば?「朝」と答える人は多いはず。出勤がギリギリになる時間まで寝て、パタパタと身なりを整えて、朝ごはんは食べずに家を飛...
以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
1日の流れ、すべてを決めると言っても過言ではない「朝の過ごし方」。せめて効率的に動けるように、コツを掴んでおきたいところですよね。1日を有効活用するために...
世界トップクラスの女性ビジネスパーソン12人に共通している習慣があると「Forbes」で話題だ。第1線で活躍している起業家、デザイナー、ドクター、ジャーナ...
「悩んでいる自分」は「本当の自分」ではないと気づくときこころの窓が開いて、ここちよい風と輝く光に満たされます。ここで紹介するのは朝にピッタリなこころのヨー...
朝の「23分」を有効活用することで、1日がうまくいくメソッドがあると言います。いつもは出発の5分前にベッドから飛び出すあなたも、このために早起きしてみまし...
今年こそ朝型人間になる!2017年の目標は早寝早起き!なんて抱負を立ててみたけど、年越しや正月ボケで、むしろ生活リズムは最悪…。そんなあなたに教えたいのは...
GOOD MORNING!気持ちのいい朝は、私たちを元気にしてくれるもの。だけど、そこに元気ややる気の出る名言があれば、朝はもっと特別なものとなるでしょう...
朝が弱い!という人に。「ASAP Science」が睡眠のメカニズムを元に紹介した、スッキリ目が覚める7つの方法が役に立つかもしれません。以下、参考にして...
待ちに待った週末。アラームが鳴っているけど「あと5分...」と布団に潜り込み、気づいたら午後…。こんな風にうっかり午前中を無駄にしてるなんてことありません...
「成功は目標ではなく、考え方と習慣」。こう表現するのは、人気コラムニストのNicola Cole氏。「Forbes」はじめ「TIME」や「THE HUFF...
誰にでも、お気に入りのカフェのひとつはあるはずだ。おいしいコーヒーはもちろん、BGMのセンスが良かったり、そこでしか味わえない料理があったり、いつ訪れても...
いつもより、時間にゆとりのある日曜日の朝。じつは普段気づき難いことを考えるのに、とてもいいタイミングなんだとか。のんびりと過ごして疲れを癒すのもいいですが...