【話題のデトックス】「ジュースクレンズ」を、友達と一緒にやるべき理由

Elite Daily」ライターAshley Fern氏は、友人と一緒にジュースクレンズでのダイエットに挑み、その結果を記事にしました。
食事をジュースに抑えるという過酷なチャレンジを共に乗り切った先に、スリムな体型よりも大切と思える、かけがえのない友情を手に入れたそう。苦楽を共にする仲間は、やっぱり一生もの!

x576のコピー


「ジュースクレンズ」をやったことがある人は分かると思いますが、これは本当に大変!一緒に乗り切る仲間を見つけることが唯一、成功する方法ではないでしょうか。 空腹は普通に生活していたって、人間が必ず体験するイライラの原因になるものです。固形物を食べられないとなったらその気分は酷くなるばかり。 ケールやセロリのジュースだけしか口にできない日に、私の隣りで美味しそうなお弁当を食べている同僚を目にするほど、苦しいことってありません。
過酷なジュースクレンズを一緒に体験した友達となら、この先、どんな困難に直面したって、肩を組んで乗り越えていける、強い絆が生まれるはずです。

01.
精神・肉体・感情
すべてを共有できる

ジュースクレンズを始めようと決断するだけでも大変なこと。そのうえ、空腹の辛さを誰にも押し付けることはできません。ジュースクレンズでデトックスに誰かと挑むことは、心にも体にも必要なもの。なぜなら苦しさを分かち合い、お互いの成長のために支え合える。そんな友達こそずっと大切にすべき人。

02.
イライラの原因が
理解し合える

b87be4c378ff0572-1038x576

空腹時は、必要以上にイライラしてしまいます。空腹状態では、自制心をなくしてしまうことも科学でも実証済。あなただけでなく、友人も同じ状態にあることが分かっていれば、イライラでつい、思っていないことを口走ってしまっても、友情を傷つけてしまうこともありませんよね。

03.
試練を乗り越えた後の
達成感を喜び合える

一人だったら、ついもう食べてしまおうか・・・という気分にさせられるダイエット中の誘惑。それが二人だったら、終わった後の楽しみに変えて乗り越えることも可能。

04.
運命共同体!

話題になっているとはいえ、まだよく理解している人が少ないこのデトックス法。「なぜそんなことしているのか?」と、分かってくれない人や「リバウンドするだけなんじゃない?」と否定的な人も多いはず。そうした意見にも、信頼できる仲間が一人いるだけで、あなたの心がブレることはありません。それに、あなた一人じゃないと知ると、他人も疑問に思ったりしないもの。

05.
同じ目標に向かって
努力ができる

dbc378ff0572-1038x576のコピー夏休みだからとか、南の島に行くとか“短期集中ダイエット”の目的はみんな似たりよったり。ビキニシーズンが近づくと、同じ目的の仲間も見つけやすいはず。

06.
相手の愚痴を
ちゃんと聞くことができる

共通の嫌な上司のことや、面倒な仕事について話し始めると永遠と話が尽きないことがありますよね。一緒に愚痴を言い合って、ストレス発散できる友達ほど大切なものはありません。

07.
臨機応変に対応できる

ランチにディナー、その間にお茶。友達に会おうとすると、どうしても食事の機会が増えるもの。クレンズで同じものが食べられないとなれば、休日の予定がぽっかり空いてしまうことも。でも、予定がない1日というのも貴重なもの。一緒にクレンズしている友達がとなら散歩したり、映画を見たり、いちいち説明しなくても、食事なしで充実した時間を過ごせます。

08.
お酒なしでも
十分楽しめる

クレンズを始めるということは、お酒ともしばらく縁を切る必要があります。お酒なしでどうやって楽しめばいい?二人で知恵を出し合って、この際お酒なしでも楽しめる方法を探していきましょう。

09.
同じ趣味が食事から
買い物へと広がる

b87be46adc9a94c4b78ff0572-1038x576

ダイエットの楽しみのひとつは、キレイになって憧れの服を着ること。食べ物のことを考えるのをやめて、クレンズ友達と一緒にショッピングへでかけてみては?

10.
苦しいときこそ
励まし合える

考えるだけでお腹が空いてきそうな、美味しい食事を妄想することは誰にでもあります。ジュースクレンズ中なら尚更。そんな時こそ、仲間と一緒に乗り切りましょう。

11.
互いに嫉妬心を
持たなくなる

ジュースクレンズ中はそのことで頭がいっぱい。他のこと、特にネガティブなことなんか考える余裕が無くなってしまいます。

12.
一緒に自己満足に浸れる

どんなことであっても、同じ目標に向かっている仲間がいるということは、とても心強いものです。他の人にバカにされたって「ひとりじゃない!」と、強気でいられるから。

13.
辛いとき、真意を理解して
支えてくれる唯一の友

b87be4be8bdbc378ff0572-1038x576

あなたが空腹でたまらないなんて、誰も聞きたくありません。そもそも、「何で食べないのか」すら理解してもくれないかも。愚痴を聞いてくれるのは、一緒に苦しんでいる友達だけです。

14.
日々の成長を
互いに確認し合える

あなたが苦労して、ジュースクレンズに取り組んでいることに興味がない人たちは、効果が出ているかと気にかけてもくれません。というより、あなたが失敗するのを見て、「自分はやらなくてよかった」なんて言えることを望んでいるかも。でも、一緒にチャレンジしている友達がいれば、こんな心配は無用。二人で進捗を確認しあいましょう。

15.
隠し事をする必要がない

お腹の調子のことも説明する必要なし!彼女も同じこと体験しているのですから。

16.
些細な喜びでも
分かち合える

クレンズ中に限って、美味しそうな差し入れや、お土産を持ってくる同僚もいたりします。「誘惑に負けなかった」という、小さな努力を讃え合う友人がいるというのは嬉しいものです。

17.
惨めなときこそ
受け入れてくれる

b87be46adc9a94c4be8b378ff0572-1038x576のコピー

クレンズを続ければ続けるほど、お腹は空くし、惨めな気分になってきます。正直、惨めな時に幸せ絶頂の友達なんか見たくない!同じように惨めさを味わってる友達と励まし合いましょう。

18.
くじけそうになった時
「あなたならできる!」
と、信じてくれる

もう、これ以上続けられないと思ってしまうとき、「あなたならできる!」と信じてくれる友達の存在は貴重です。たとえ嘘でもいいから、そう励ましてくれるだけで「頑張ろう」と再び奮い立つことができるはず。

19.
友達のために
自分が頑張る!

もしも、自分のためだけにやっていたら、とっくに諦めていたかもしれない。それでも、苦難を乗り越えてきた友達がいる。だから、彼女のためにも頑張ろうと思うのです。そう、ジュースクレンズは、とても辛い日々ですが、乗り越えたときに得るものは、健康や、スリムな体以上に、強い友情なのです。 なにもジュースクレンズに限った話ではありません。受験や部活、プロジェクトなど、あらゆる試練を共に体験した友達は、楽しむだけの友達とは違う、信頼関係が築けているのではないでしょうか。

Licensed material used with permission by EliteDaily

「毎日できるデトックス法」を紹介するMeghan Telpner氏の記事が興味深い点。それは、栄養士という立場でありながら、いわゆるジュースやスープによる...
友達ならたくさんいるというあなた。その中に親友と呼べる人はいますか? そもそも親友と友達の違いはどこにあるのでしょうか?ここで紹介するのは。友達と親友の間...
東京・代官山の路地裏にある、コールドプレスジュース専門のカフェ「CLEANSING CAFE」。彼らが新たにプロデュースした、身体をキレイにクレンズ(洗浄...
新年度が始まり、早いもので3カ月が経ちました。職場や学校で新しく出会い、いつのまにか一緒にいるようになった人はいるでしょうか?もしかしたらその相手、一生を...
友情を実感できる要素を、端的にまとめたのがこの記事です。親友、心の友、大の仲良し、腐れ縁。あなたの人生から切っても切り離せない「友達」。家族よりも恋人より...
もちろん、彼氏がいること自体は素晴らしいことですし、たくさんの喜びやメリットもあるでしょう。でも、完全にプラトニックな関係の「男性の親友」を持つことも、素...
出会いは飲み会。酔っ払って異性とどうこう…なんて話はよく聞くけど、お酒の力で仲良くなれるのは異性だけじゃない。「付き合いでの飲み会はやめるのがベター」と言...
東洋医学では、春は解毒機能をもつ肝臓の働きが活発になり、冬に溜まっていた老廃物や毒素を排泄するといわれています。そして、旬の春野菜には肝臓の機能をサポート...
何かと厄介なオンナ対オンナ。対立的だったり、繊細だったり、気分の浮き沈みが激しかったり…。もちろん一緒にいて楽しいこともたくさんありますが、女子が群れてひ...
オーストラリア、メルボルンの大学生Matt Kuleszaさん28歳。彼にはFacebookで知り合った、1,000人を超える友達がいます。2014年9月...
毎回挑戦しては、途中で気分が悪くなって挫折してしまうーー。そんな相談を、医学博士のマーク・ハイマンは毎日のように受けているそう。しかし、体が毒素を吐き出そ...
Samantha Fryzolにとっては、人との繋がりを、いつ結んでいつ絶つべきなのか、その判断を下すタイミングが最も難しかったそうです。もちろん彼女も大...
「お一人様」なんて言葉もよく聞きますが、そうな言っても誰かといるときが一番安心できる、という人も多いでしょう。でも学校という環境を離れて社会に出ると、友達...
「Collective-Evolution」に掲載されていたデトックスフードの記事が話題です。飲み過ぎな人だけでなく、体内に毒素が溜まっている気がする…な...
「女心と秋の空」ということわざもあるほど、移り変わりの早い女性の心を理解することは、男性にとって難解なもの。 でも、男友達の多い女性なら、良い付き合いがで...
「女友達なんかより、男友達のほうが全然ラク!」。そう語るのは、「Elite Daily」のライターAlexa Mellardoさん。「男女の関係」なんて面...
楽しい楽しい休み時間。友達と一緒に思いっきり遊びたいところですが、もし相手が見つからなくて、ひとりぼっちになってしまったら…?そんな悲しい思いをしないで済...
内向的な人は、距離を縮めるのに時間がかかるけれど、「親友」として関係を築くには1番適している。そう語るのは、ライターのTessa Harveyさん。自身も...
結婚式の準備もワクワクするけれど、独身最後は女同士で思いっきり羽目を外して騒ぎたい!と思ったブラジルのRebecaさん。けどコンピューターエンジニアである...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...