「美しく見せる」ために、CAがやっているコト8つ

私は25年間のCA経験を生かし、後輩たちにエレガントな立ち居振る舞いの指導をしています。エレガントさは一朝一夕で身に付くものではありませんが、意識するだけでずいぶん印象は変わります。

ここでは、拙著『「また会いたい!」と言われる女(ひと)の気くばりのルール』から、その具体的な方法を紹介しましょう。

01.
第一印象はやり直せない…
ワンランク上のみだしなみを意識する

want to see again5

「You never get a second chance to make a first impression.(第一印象はやり直せない)」
先輩に言われた言葉です。

自分が人からどう見え、どんな声で話し、どんな香りをまとっているのか。この3つを客観的にとらえて、努力すれば第一印象は変わります。第一印象を爽やかに演出するためには欠かせないのは清潔感。そして、そのポイントは大きく分けて3つ。髪と肌の艶、指先の爪、そして服装です。

ANAの制服はクリーニングされ、プレスした状態で仕上がってきますが、着用前に必ず自分でアイロンをかけ、襟元や袖口が崩れないよう、のり付けしながらきっちりと仕上げるのが私のこだわりでした。見た目はほとんど変わりませんが、見ている人は見ているもので、きちんとした身だしなみと自己管理へのこだわりがトップVIP担当のCAに抜擢されるきっかけになったのです。

みんなと同じ制服だからこそ、差が出ます。ワンランク上の身だしなみを目指しましょう。

02.
指先のしぐさひとつで
見た目の美しさがアップ

「目は口ほどにものを言う」という言葉があります。同様に、ものを言わない手もまた、とても豊かな表情を持っています。手の動きや指先のしぐさが美しい人は、不思議と人を引きつけるものです。

以前、京都の舞妓さんに会う機会がありました。彼女たちは手を使わない時、着物の袖で手全体をすっぽりと隠してしまいます。理由をたずねると「手にはおしろいを塗っていませんから」という答えが。しかし、私はもっと深い意味があるように感じています。手持ちぶさたな時は余計な動きをしがちですし、手で何かすると生活感が漂う。するとお客様は興ざめしてしまうので、無意味に手を出さないようにしているのではないか、と私は思っています。

何もしていない時のあなたの手はどうなっていますか。ぶらぶらと遊ばせていませんか?どんな時でもきちんと指先をそろえるようにしましょう。それだけでも見た目の美しさが際立ちますよ。

03.
常に姿勢を意識すると
印象もスタイルもよく見える

want-to-see-again5

姿勢がいいとそれだけで美しく見えるものです。
立ち姿を美しくするコツは2つ。お尻に力を入れ、膝とつま先の方向を同じにする。そして背筋とひざ裏を伸ばす。日本人は一般的にひざが曲がり気味なので、膝の裏側を意識するだけでずいぶん違います。

また、立ち姿だけでなく、座り方も意外と見られています。背もたれに寄りかからない。膝頭をくっつける。そして脚を横にすべらせて斜めに流す。この3つを意識するだけで、すっきりとした印象を与えられます。

いい姿勢を保とうと意識することで筋肉も付くので、スタイルもよくなりますよ。

04.
歩き方は「1秒1歩」
テンポよく、リズミカルに

知性は歩き方にあらわれる。これは私の持論です。
実はCAは歩き方のトレーニングをほとんどしません。仕事をしながら先輩に指導してもらったり、自分で気をつけてスキルアップに努めるものなのです。

私が後輩たちに教えていた歩き方をお教えします。
歩く時もひざ裏を伸ばします。後ろにある脚の後ろを伸ばすと、すらりとして見えます。首が前に出ないよう、背中と頭がまっすぐになるよう意識します。背筋を伸ばすことも大事なポイントです。肩甲骨を寄せて下げると自然に背筋が伸びます。

また、あくまでも目安ですが、1秒1歩ぐらいのつもりでゆっくり歩くように心がけましょう。せかせか歩いていてはお客様が声をかけづらくなってしまいます。テンポよくリズミカルに歩く。これもお客様に対するおもてなしのひとつだと心得ましょう。

05.
意外な盲点…
後ろ姿にこそ気をくばる

want to see again5

質問です。お客様に一番よく見られている場所はどこだと思いますか?

それは意外にも「後ろ姿」です。自分でチェックできる前からの姿と違って、後ろ姿はなかなか意識しにくいもの。鏡の前に立ったらぜひ、確認するようにしましょう。寝ぐせ、洋服のシミ、シワなど、思いのほか見苦しい点が見つかることも…。
正面からの姿をどんなにがんばっても、後ろ姿が美しくなければ台無しになってしまいますよ。

06.
ハンカチ1枚でも
宝物のように、大切に扱う

たとえハンカチ1枚であっても、その方にとっての価値は計りしれません。もし、形見の品であったり、大好きな人にプレゼントされたかけがえのない思い出の品だとしたら…。弁償など決してできません。お客様の荷物はすべて、宝物のように大切に扱う。そうすれば予想外の失敗も未然に防げます。

荷物の扱いはクレームにもなりやすいので「かけがえのない宝物」と思えば、心して丁寧に扱うようになります。そして、そういうしぐさがエレガントに見え、お客様に安心感を与えるのです。

07.
香りの主張はほどほどに
つけ過ぎはNG!

want to see again

日本人は香りにとても敏感です。ANAではお客様の前に立つ場合は香水をつけないという決まりがありました。食事や飲み物をおいしく食べていただくためにも、余計な香りはないほうが望ましいのです。自分自身はいい香りに包まれているつもりでも、お客様が不快に思う可能性もありますし…。
ただ、お客様の中にはかなり強い香水をつけていらっしゃる方もおられます。こうしたお客様のコートやジャケットは、他のお客様のお召し物や荷物と一緒に収納しないようにするといった配慮が必要です。

お客様ご自身の香りはどうすることもできませんが、他のお客様にご迷惑をかけないよう、ホストは必ず香りにも気くばりをすべきです。

「また会いたい!」と言われる女(ひと)の気くばりのルール
コンテンツ提供元:里岡美津奈

里岡 美津奈/Mitsuna Satooka

人材育成コンサルタント。1986年全日本空輸株式会社(ANA)に入社。在職中、VIP特別機搭乗を務め、皇室、各国元首脳の接遇で高い評価を得る。2010年に退職。現在は人材育成コンサルタントとして、一般企業や病院でコミュニケーションスキルアップの指導にあたっている。

あなたは「接遇」という言葉を理解していますか? 自分と接点を持つ人すべてに対する態度のことです。私たちは常に人と接して生きていますから、接遇術は社会で生き...
人を外見だけで判断するのはよくないといいますが、初対面においての判断基準は外見だけ。身だしなみが整っていないと、「そういう人」だと思われても仕方ありません...
信頼される人とされない人、その違いはどこにあるのでしょうか。これはビジネスはもちろん、プライベートでも人間関係を築いていく上で、非常に重要なことです。拙著...
女性は常に美しくありたいと思うもの。とはいえ、「忙しくて、美に費やす暇がない」と思う人も多いのではないでしょうか。実は「美」は特別なことをして手に入れるも...
厳しい上司、考えの読めない後輩…。現代社会はストレスで溢れており、避けることはできません。とすれば、どのように付き合っていくのかが大事です。じつは、私がト...
ANA(全日空)のCA(客室乗務員)として、25年間トップを走り続けてきた里岡美津奈さん。それができたのは「感情が安定していたから」と言う彼女の書籍『いつ...
あの人に会うとなんだか居心地がよく、晴れやかな気持ちになる…。そんな経験はありませんか。実はちょっとしたテクニックで、「また会いたい」と思わせることができ...
いつも笑顔でいる人の周りには、自然と「いいこと」が引き寄せられます。まわりがいい「気」のようなもので満たされていくのです。人の悪口ばかり言っている人にはチ...
ある程度のキャリアを積めば、誰しも「リーダー」という立場に立たされるもの。とはいえ、自分にはリーダーシップなんかないし、向いていないと感じる方も多いと思い...
あなたは人と会うとき、待ち合わせ場所にどんな場所を指定していますか?駅の改札?それとも近くのカフェ?実はこうしたちょっとした場所選びにも、「気くばり」がも...
美しいという言葉の概念は、一人ひとり異なるもの。そこで動画メディアの「Cut」は世界中の人々に、ストレートにこう投げかけました。あなたにとって「美しい」と...
ANA(全日本空輸)在籍時代、天皇皇后両陛下、英国元首相マーガレット・サッチャー氏をはじめとするVIP特別機を担当し、トップCAとも言われていた里岡美津奈...
「美」とは、世界共通言語だ。美々しいものは誰が見ても「美しい」と認める絶対的なものであるその反面で、「美」は多様的で、見る者によって感じ方や受け取り側の自...
職場の気難しい上司、クレームが多い常連のお客様…。誰しも話しかけづらい人、話しかけるのに気が重い人はいますよね。しかし、仕事とあればそうも言ってはいられま...
私はもともと、特別ずば抜けたものを持っている人間ではありません。トップVIP担当に選ばれた当初、なぜ自分だったのか不思議で、上司に聞いてみたことがあります...
「永遠の妖精」と言われ世界中で愛されたオードリー・ヘップバーンは、世代を超えた美しさで今もなお多くの人々を惹きつけています。しかし、意外にも当時の彼女は大...
「猫背の人は実年齢よりも老けて見える」とはよく言いますが、他にも、やる気がなさそうに見えたり、自信がないように見えるなど、とにかく良い印象を与えません。こ...
さまざまな女性から相談を受けて思うのは、若い頃は無い物ねだりをしがちだということ。思うようなチャンスに恵まれない境遇にため息をつき、他の人をうらやましがっ...
ANA(全日空)のCA(客室乗務員)を25年間にわたり務めてきた里岡美津奈さん。その間には、天皇皇后両陛下や各国首相・国賓の特別機をアテンドした経験も。そ...
仕事漬けの毎日を過ごしていると、ふと何のために働いているのかわからなくなってしまうときがありますよね。毎日が忙しすぎて、大切なことを見失っているということ...