元ANAトップCAが実践、誰からも好かれる「第一印象の磨き方」

人を外見だけで判断するのはよくないといいますが、初対面においての判断基準は外見だけ。身だしなみが整っていないと、「そういう人」だと思われても仕方ありません。つまり、第一印象はやり直すことができないのです。

ここでは、拙著『誰からも好かれる女(ひと)の人と運を引き寄せる習慣』から誰からも好かれる第一印象の磨き方を紹介します。やり直せないからこそ、常にベストの自分でいましょう。

01.
話し方のロールモデルを立てる

Learning from her mother

しっかりきちんと伝わる話し方を身につけることは、接遇ばかりでなく、すべての仕事で大切なことです。低めの大きな声ではっきりと話すことを日頃から心がけましょう。

私は話し方のレッスンを受けたことはありませんが、話し方のロールモデルは何人かいます。たとえば、料理研究家の辰巳芳子さん。「いのちを支えるスープ」で有名な方です。静かにゆっくり、低めの声で話す方で、何事にも凛とした姿勢でいらっしゃるのが女性の大先輩として尊敬できます。

「ああいうふうにお話できたらいいな」と思う具体的なお手本があるとイメージが湧きやすく、日頃の話し方にもいい影響があるように思います。

また、同世代とばかりではなく、年上の方と話すように心がけるのも大切だと感じます。普段使わないような言葉を耳にする機会が増え、ボキャブラリーを増やすことができます。

気おくれせずに場慣れしていけば、確実に運を引き寄せることにつながりますよ。

02.
身だしなみは
常に一定以上のレベルをキープ

20151106_to-be-loved2_02

人がまず目にするのは、見かけです。服装がだらしなければルーズな人間に見えるでしょうし、髪型が乱れていたり、シワのついた服を着ていては、相手の方の失礼にあたります。

女性であれば、身だしなみに気をつけている人は少なくないでしょう。ただ、昨日は100点満点だったけど、今日は50点など、出来栄えに差がある人はプロフェッショナルとは言えません。

いつも一定以上のレベルをキープしていること。これが大事なのです。自分の隅々まで手をかけている人は隙がありませんし、きちんと努力もしています。そういう人はお客様に対するサービスも丁寧ですし、安心感があります。

そこをクリアしてこそプラスαの興味がわいてくるのではないでしょうか。チャンスの神様はいつ訪れるかわかりません。その機会を逃さないためにも、一定以上の身だしなみに気をつけるようにしましょう。

03.
おもてなしの場では
「無臭」が基本と心得る

20151106_to-be-loved2_03

第一印象をよくするには、見かけと話し方の他に、香りもポイントになります。身だしなみを整えるときには、視覚や聴覚だけでなく、嗅覚にも注意するようにしましょう。

CAの場合、接遇させていただくときは香水をつけません。においに対して敏感なお客様もいらっしゃいますし、まして上空の機内では、空酔いを誘発することもあります。香水だけでなく、ヘアケア製品や化粧品、柔軟剤や防虫剤のにおいも気になるものです。自分が爽やかな香りだと思っても、お客様がどうお感じになるかはわかりません。ビジネスの場では無臭を心がけましょう。

また、プラスの香りだけでなく、自分自身のにおいにも気をつけましょう。汗をかいたときのデオドラント対策には、特に気をつけたいですね。肌着やパッド類で汗じみをガードしましょう。汗を書いたと思えば洗面所に行って、シートで首筋などを頻繁にふくのも効果的です。

早め早めに注意していれば、衣類に汗のにおいやしみがつくことも避けられますし、きちんと対策しておけば、自信を持って接遇にのぞめます。自分のにおいもしっかり管理し、爽やかな身だしなみを演出しましょう。

04.
自分の立ち居振る舞いを
客観的にチェックする

Smiling female fashion model walking

お顔立ちやスタイルもありますが、姿勢や歩き方に気をつけるだけでも、印象がグッと変わってきます。

歩き方にはその人の生き方や心持ちが反映されます。たとえば、自信のない人は前かがみでちょこちょことした歩き方をしますし、前向きで明るい人は、顔を前にむけて姿勢よく颯爽と歩きます。

日本人は着物の時代が長かったからか、どうしてもひざを曲げて歩く人が多いようです。ひざの後ろを伸ばして、しっかり足を開いて歩くように意識するだけでも、かなり違ってきます。

正面をむいて歩いている姿はチェックしやすいのですが、歩き方が美しくないと気になるのは後ろ姿です。正面は歩き方より顔に目がいくものですが、うしろから見たときは動きのあるものに目がむくので、歩き方が思いのほか目立つのです。

まず一度、客観的に自分の歩き方をチェックしてみてください。鏡の中に映る歩き方や姿勢を直視して、少しでもきれいに見えるように努力を続けると、美しい立ち居振る舞いが身についていきます。

誰からも好かれる女(ひと)の人と運を引き寄せる習慣
コンテンツ提供元:里岡美津奈

里岡 美津奈/Mitsuna Satooka

人材育成コンサルタント。1986年全日本空輸株式会社(ANA)に入社。在職中、VIP特別機搭乗を務め、皇室、各国元首脳の接遇で高い評価を得る。2010年に退職。現在は人材育成コンサルタントとして、一般企業や病院でコミュニケーションスキルアップの指導にあたっている。

社会に出ると、たくさんの出会いがあります。しかし「続く関係性」を育むのはなかなか難しいものです。そんななか相手に「今後も会いたい」と思ってもらうために必要...
信頼される人とされない人、その違いはどこにあるのでしょうか。これはビジネスはもちろん、プライベートでも人間関係を築いていく上で、非常に重要なことです。拙著...
私はもともと、特別ずば抜けたものを持っている人間ではありません。トップVIP担当に選ばれた当初、なぜ自分だったのか不思議で、上司に聞いてみたことがあります...
私は25年間のCA経験を生かし、後輩たちにエレガントな立ち居振る舞いの指導をしています。エレガントさは一朝一夕で身に付くものではありませんが、意識するだけ...
職場の気難しい上司、クレームが多い常連のお客様…。誰しも話しかけづらい人、話しかけるのに気が重い人はいますよね。しかし、仕事とあればそうも言ってはいられま...
ある程度のキャリアを積めば、誰しも「リーダー」という立場に立たされるもの。とはいえ、自分にはリーダーシップなんかないし、向いていないと感じる方も多いと思い...
厳しい上司、考えの読めない後輩…。現代社会はストレスで溢れており、避けることはできません。とすれば、どのように付き合っていくのかが大事です。じつは、私がト...
あなたは「接遇」という言葉を理解していますか? 自分と接点を持つ人すべてに対する態度のことです。私たちは常に人と接して生きていますから、接遇術は社会で生き...
あなたは人と会うとき、待ち合わせ場所にどんな場所を指定していますか?駅の改札?それとも近くのカフェ?実はこうしたちょっとした場所選びにも、「気くばり」がも...
ANA(全日本空輸)在籍時代、天皇皇后両陛下、英国元首相マーガレット・サッチャー氏をはじめとするVIP特別機を担当し、トップCAとも言われていた里岡美津奈...
さまざまな女性から相談を受けて思うのは、若い頃は無い物ねだりをしがちだということ。思うようなチャンスに恵まれない境遇にため息をつき、他の人をうらやましがっ...
あの人に会うとなんだか居心地がよく、晴れやかな気持ちになる…。そんな経験はありませんか。実はちょっとしたテクニックで、「また会いたい」と思わせることができ...
ファーストクラスでお目にかかった方々が皆さん一流だったかというと、残念ながらそうとは言えません。その違いはなにか?拙著『一流になれる人、なれない人の見分け...
なかなかわからないあの人の気持ち…。職場の人間関係でも、クレームをつけるお客様に対しても、相手の気持ちを察することは重要です。そんな相手の気持ちがわかるよ...
いつも笑顔でいる人の周りには、自然と「いいこと」が引き寄せられます。まわりがいい「気」のようなもので満たされていくのです。人の悪口ばかり言っている人にはチ...
職場でもプライベートでも、人間関係は難しいもの。最近はSNSの登場でさらにその関係は特殊になってきました。そんな中、人と人との関わりあいを円滑にするのが「...
私は今まで2000人以上の男女の、魅力を引き出すお手伝いをしてきました。そこで気づいたのは、自分に自信がない人ほどコミュニケーション下手であるということ。...
25年間ANA(全日空)にCA(客室乗務員)として勤め、天皇皇后両陛下や、各国首相・国賓の特別機に乗務したトップCAである里岡美津奈さん。全ての乗客に満足...
ANA(全日空)のCA(客室乗務員)として、25年間トップを走り続けてきた里岡美津奈さん。それができたのは「感情が安定していたから」と言う彼女の書籍『いつ...
「愛想が良い人」は人付き合いがうまく、誰にでも好かれる印象があります。でも実際には誰にも嫌われないように生きているため、次第に自分を見失ってしまい、誰にも...