ランニングで痩せたいなら、絶対に守るべき「5つのルール」

巷には、ダイエットに関する様々な情報があふれています。どれを信じていいのかわからない…なんて人も、少なくないはず。ここでは、中野ジェームズ修一さんの著書『世界一やせる走り方』より、効果的にやせるために守ってほしい「5つのポイント」を紹介します。

01.
筋トレ→有酸素運動の順番を守る

how-to-run5

適切な筋トレによって、筋肉中の乳酸濃度が高まり、成長ホルモンと同時に「ノルアドレナリン」という物質の分泌が促されます。このノルアドレナリンこそ、脂肪分解の役割を担う酵素、リパーゼを活性化させる役割があるのです。したがって、筋トレの後に有酸素運動を行ったほうが、その逆よりも分泌量がアップするのです。また、効果をしっかり出すには、順番だけでなく、筋トレの内容も重要。下半身なら大筋群を使うスクワット、上半身なら胸や肩に加え、全身の筋肉も使う腕立て伏せがオススメです。

02.
どれだけ機械で揉んでも
脂肪は減らない!

how-to-run5

世界一やせる筋トレグッズがあるとしても、それは寝たままでいいという“ブルブル系”ではありません。なぜなら、脂肪というのは電気を流しても、どれだけ揉んでも減らないからです。「低周波や磁気にかけたら、あるいはクリームを塗ったら皮下脂肪が減った」という話で、信憑性の高いデータも、私は見たことがありません。すなわち、“ラクな運動=消費カロリーが低い”という意味でもあります。自分の力で身体を動かさなければ、いつまでたても体は引き締まりません!

03.
ランニングマシンは
天気に左右されない強い味方

how-to-run5

ジムに通っている人はランニングマシン(トレッドミル)を利用しましょう。これは、誰でも簡単に効果よく脂肪燃焼でき、天気にも左右されない強い味方。走り方の好みに合わせて、運動の強度やスピードの調節が簡単にできるのもひとつのメリットです。「ゆっくり走りたいけど、心拍数が上がらない」なら、傾斜をつけて、「傾斜は苦手だけど、スピードアップはいける」場合は、スピードを優先して設定しましょう。

04.
月に2㎏以上の減量はNG!
徐々に体重を落としていく

how-to-run5

「中野さんがパーソナルトレーニングを担当している人は、グングン体重が減るんでしょうねぇ」と、言われることがよくあります。これは大きな誤解。私のクライアントには最もダイエットが成功しやすい、月に1〜2㎏(最大で体重の5%)程度のペースでの減量を指導します。1ヵ月に体重の5%以上の減量は、脂肪とともに筋肉も落ちる確率が高く、しかもリバウンド率まで8〜9割にハネ上がってしまうからです。

05.
目標体重を達成しても
油断は禁物

how-to-run5

人間の体には元々、恒常性(ホメオスタシス)という機能が備わっています。これは体温や血圧、血中のホルモン濃度など、脳が適正と判断した“セットポイント”と呼ばれる数値を維持しようとする力のこと。たとえば、長年、体重80㎏だった人が70㎏まで落としたとします。目標体重を達成したからといって、油断してはいけません。なぜなら、脳は80㎏が適正だと固く信じているので、脳の指令による欲求に流されたら、体型を維持できないからです。

世界一やせる走り方
コンテンツ提供元:サンマーク出版

中野ジェームズ修一/Nakano James Shuichi

フィジカルトレーナー・フィットネスモチベーター。エクササイズフィジオロジスト・運動生理学士。アディダス契約アドバイザリー。日本では数少ない、メンタルとフィジカルの両面を指導できるスポーツトレーナー。トップアスリートに対して、やる気を高めながら肉体改造を行うパーソナルトレーナーとして数多くのクライアントを持つ。現在は福原愛選手や大学駅伝部のトレーナーも務めながら、講演会なども全国で精力的に行っている。

デッドリフトと呼ばれる筋トレ(エクササイズ)の方法をご存じですか? メタボという言葉が一般化してからでしょうか、体を引き締める運動のなかでも、おなか周りを...
「ダイエットや健康管理のために走りたい」と思ってはいるものの、なかなか始められない…というあなた!意外に思うかもしれませんが、走ることを日課にするのって、...
走ろうとしたら雨が降ってきて、「今日くらいいいか」とサボってしまった、ひざが痛くて走るのが怖い…。ジョギングを日課にしたいけど、ちょっとしたことを言い訳に...
どうやったら痩せるかを頭をひねって考えて、ノルマのように自分に課題を課すことも良いかも知れないけど、それよりも友達と楽しんで身体を動かした方が絶対楽しいし...
ランニングを日課にしようとする人が、つい陥りがちな間違った思い込み。こんなことでやせる効果が半減したり、せっかくのやる気が削がれてしまうのはもったいない!...
週に2~3日走ろうと決意をしても、「やっぱり面倒だな」「続けられる自信がない」と、マイナスなイメージが頭をよぎる人もいるでしょう。理学療法士・重森健太さん...
女優・高山都さんがランニングを始めたのは、2011年頃。スポーツサイトの企画で香川丸亀国際ハーフマラソンに出場したことがきっかけだったという。高山さんは、...
普段から運動を行って筋肉量をキープすることができれば、「健康体を維持したまま長生きできる身体コンディション」は整っていきます。糖尿病や認知症といった病気の...
舗装されていない登山道や林道などを駆け抜けるスポーツ、トレイルランニング。始めている人も増えてきてやってみようかな?と思っているあなたに、その魅力やはじめ...
「運動嫌いの文系女子」だった、女優の高山都さん。ランニングを始めたことが、人生に大きな影響を与えたという。なかなか続けられないランニングだって、恋愛と同じ...
みなさん、「筋肉という財産」を増やすと、どんな素晴らしい変化が起こるかご存じですか?健康的になるのはもちろん、若さや美しさ…時をさかのぼるように調子を取り...
ジョギングが趣味だという人は、「健康的な生活をしたいから」「痩せたいから」など様々な目的を持っていることでしょう。理学療法士・重森健太さんの著書『走れば脳...
走ることは、もっともシンプルな運動のひとつ。どんな場面にも必要とされる根源的なもので、スポーツでもあり、目標にたどり着くための手段や、考え方でもあります。...
毎日忙しくて、時間がなかなか取れない方でも、ちょっとしたコツを知っていれば、腹筋を割ることも難しくはありません。自宅で無理なく続けられる筋トレ方法や食事管...
一家に一台クルマがあり、電車やバスでどこにでも行ける時代かもしれませんが、こうした効率重視の現代社会が、走る必要のないライフスタイルを作り上げています。理...
「走ってやせよう!」と決心したら、まずは1ヵ月続けてみましょう。ここでは、中野ジェームズ修一さんの著書『世界一やせる走り方』より、1週間のランニングメニュ...
筋肉をビルドアップするとき、その重さや回数はあまり重要ではないかもしれませんーー。「QUARTZ」の記事にそうまとめたのは、ヘルス&サイエンスレポ...
減量専門医のKhandee Ahnaimugan博士が、「mindbodygreen」ダイエットの秘訣を紹介しています。流行りのダイエット法に振り回されず...
常日頃から筋トレをしている人って、歳を重ねても若々しいイメージがありますよね。ここでは、久野譜也さんの著書『筋トレをする人が10年後、20年後になっても老...
AppleとNike。世界でもっとも革新的なブランド2つが、長いあいだ一緒に走り続けてきたからこそ生まれた最新モデルがこの「Apple Watch Nik...