【幸せの法則】平日を楽しく過ごしている人に共通する「8つのコト」

趣味に没頭したり、家族と出掛けたり、あるいは何もしなかったり――休日を楽しく過ごすことは、それほど難しいことではありません。一方、平日はどうでしょう。忙しい、時間がないを言い訳にして、1週間のうちのほとんどをしめるウィークデーを楽しむことを諦めていませんか?
そう、日々を幸せに過ごすためのポイントは、休日ではなく平日にあります。ここでは平日を楽しく過ごしている人(=幸せな人)の共通項を挙げていきましょう。

01.
そもそも平日と休日を
分けて考えない

ur_01_4

これは平日を楽しめる人が持っている最低限のマインドセット。多くの人は、映画を観る、スポーツをする、ちょっぴり奮発して家族でレストランディナーに出掛ける、といった日常のエンタメを「週末にやろう」と考えます。でも、よくよく思えば、それらはすべて曜日なんて関係なく、いつでもできること。
楽しみを週末までとっておく必要なんて、どこにもないんです。

02.
通勤時間に密かな
趣味を持っている

ur_01_3

平日を楽しめる人は、通勤時間を単なる移動時間にしません。ちゃんと、そこにも楽しみを持っているものです。
読書や音楽鑑賞、テイクアウトのコーヒーやジュースなど…趣味というには、あまりにもささやかなものかもしれません。でも、それを持っているだけで、朝の気分は変わってきます。毎日を晴れやかな気分で過ごすことができるのです。

03.
幸せを実感するためには
環境が大事だと知っている

ur_01_5

もしもあなたが「楽しく過ごせるかどうかなんて、心のもちよう」と考えているなら、それは間違いです。平日も休日も、つまり毎日を楽しく過ごすためには、気持ちだけでなく、環境も大事。だからこそ、平日を楽しんでいる人は、住まいにこだわります。
例えば、近所に大きな木があり、公園があるような、ゆったりとした住環境。毎日、そこを通るだけでリラックスできるし、気持ちが安らぐはず。そんなちょっとした環境の良さは、幸せにつながっています。

04.
夜の予定はあらかじめ
入れておく

ur_01_6

平日の夜を充実させる、とても簡単な方法。それが「あらかじめ予定を入れておく」です。
反対に「帰る時間を設定する」というのはNG。「早く帰る」という曖昧な目標では、結局「まあ、ちょっとぐらい遅くなってもいいか」となってしまいます。具体的な予定を入れることは、自分や家族との約束になりますし、モチベーションも保てます。
忙しい時こそ、予定を入れてしまいしょう!

05.
大切な時間のために
急な誘いを断れる

さらに、平日に自分の時間を作るためには、ある程度意識的になる必要があります。そして、楽しむ時間をしっかりと確保できている人が実践しているのが「断る」というアクション。仕事上のトラブル、友人からのお酒の誘いなど、突発的に入ってくる予定に対して、NOと言うことで、自分の時間、あるいは家族時間を守ることができるわけです。

06.
物事に優先順位を
つけることができる

ur_01_1

05.にもつながる部分です。どんなに自分の時間が大切といっても、残業することもあれば、付き合いもあります。
そこで大事になってくるのが優先順位。「この仕事は自分の時間を削ってでも、今やるべきだ」「この人と会うことは、それほど重要ではないから、また次回」など、自分の時間と仕事や遊びの誘いを比較して、順位をつけられれば、どこまでを断るべきかの線引きができるはずです。

07.
“自分好みの部屋”を
持っている

よほどアクティブな人でない限り、平日の夜は自宅で過ごすことが多いでしょう。その際に大事になってくるのが、部屋へのこだわりです。自分がもっともくつろげる環境を、自宅につくれるかどうかで、生活の満足度は大きく変わってきます。
インテリアにこだわったり、観葉植物を育てたり、あるいは、流行のDIYで、部屋自体を自分好みのカスタマイズできれば言うことナシ!

08.
「頑張ってる自分」に
酔わない

ur_01_2

最後にもうひとつマインドの部分を。
平日を楽しむためには、「頑張っている自分」に酔わないこと。もちろん、頑張ることはいいことですが、そこだけにフォーカスすると、自分にとって幸せなことや時間を見失ってしまいます。
平日を楽しめている人は、「頑張っている自分」よりも「楽しんでいる自分」が好き。だからこそ、通勤も、仕事も、自宅で過ごす時間も、すべてを楽しもうと工夫や努力ができるのです。

Sponsored by UR賃貸住宅

待ちわびた休日。それなのに、「眠い」「疲れた」と一日をダラダラと過ごしてしまった…なんてことはありませんか?大切な休日を有意義に過ごせるよう、あらかじめや...
せっかくの休みをダラダラしたいけれど、でも何か有意義なこともしたいと考えている人も多いはず。そんなあなたに、休日の過ごし方のアイデアを紹介します!1.仕事...
「Thought Catalog」のライターJames S. Fell氏は結婚26年目。その大ベテランの彼曰く、離婚率が高くなった現代社会において、25年...
八納啓創株式会社川本建築設計事務所代表取締役。1級建築士。広島と東京を拠点に「快適で幸せな建築空間づくり」を専門にする建築家。設計活動を行う傍ら、全国的に...
昨日の夕食は何を食べましたか?そして、今日の夕食は何を食べますか?SNSにはおしゃれなディナーや手の込んだ手作り料理の写真が並んでいるけど、みんながみんな...
数年前、時代の多様化のなかで“働き方”が話題になった。そして今、その流れはもっと広い“ライフスタイル”という領域にまで及ぼうとしている。そのなかで話題にの...
毎日仕事の繰り返しの日々。今に不満はないけれど、何か違う明日を欲しているあなた。休日を活用することで、ウイークデーの心も輝かせませんか。休日の過ごし方をタ...
「幸せになりたい」と思いながらも、自ら「幸せ」を遠ざけている場合もあるということを知っていますか?ここでは、自著『なぜか自動的に幸せになれる72の習慣』か...
デジタルマーケティング会社のCEO、Jason Parksさんが「Elite Daily」で綴った記事を紹介します。週末の過ごし方が翌週の仕事の効率に大き...
家に置けるものは、たったの「108個」だけ。そんなコンセプトの家・マイクロハウスをつくっている会社が福岡にあります。ものを持たない、つまり丸腰であることか...
人にはそれぞれ相性というものがあることに異を唱える人はいないでしょう。誰にも、一緒にいると楽しいと思える人と、退屈に感じる人というのがいるはずです。楽しい...
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
ここで紹介する過ごし方は、忙しい毎日を送っている人にオススメするものです。心身ともに疲れを感じているなら、恋人も家族も忘れて、まずは一人の時間をつくること...
日本人は幸福度が低い。このことは国連や内閣府などいろいろな公的機関の調査で明らかになっています。なぜ豊かなはずの日本人が幸福を感じられないのか?答えは簡単...
「今の生活に満足できない」「いつも気持ちがもやもやしている」という方、モノにあふれた生活を送っていませんか?ミニマリズム(モノを極力持たない暮らし方)を紹...
アメリカ的感覚ではあるものの、女性ライターのRebecca Endicottさんが「Little Things」でまとめたのは、「これはマネしたい!」と思...
スゴい!これはタメになる!今、アメリカのハードウェア・チェーン(日本で言うホームセンター)「Lowe’s」が作成したVineアカウントが話題だ!ストップモ...
ドキドキの新生活が間近に迫ってきたけれど、まだ住まいをどうするかは決めていない…。そんな人に向けた記事がこちら。広いお風呂やおしゃれなキッチンなど、希望は...
新年は心を入れ替える大チャンス。この機会に、自分のダメな習慣を見つめ直してみませんか?今回、そのヒントをくれるのはライターBianca Sparacino...
休息というと、ただ寝ることをイメージされるかもしれない。しかし、超一流の人々は、もっと創造的になる休息を取っている。心も体も疲弊している状態では創造的な発...