「枯れ葉」をパッチワーク!?まるで革製品のように上品なオブジェが素敵

ドイツ出身のSusanna Bauer氏は、自然のものを使って様々なオブジェを生み出すアーティスト。木のかけらや石など、普段はなんとなく見過ごしている素材を使う彼女の作品の中でも、特に注目を浴びているのは「枯れ葉」を使ったもの。

繊細な素材にも関わらず、高い縫製技術によって自由度の高い造形物へ。その作品は、まるで革製品のようです。

85singo_leaf-1Reference :Susanna Bauers

85singo_leaf-2Reference:art-photographers.co.uk

85singo_Connect+(detail)Reference:Susanna Bauers

85singo_Drum+TreeReference:Susanna Bauers

85singo_leaf-3Reference:Simon Cook

85singo_leaf-4 Reference:art-photographers.co.uk

85singo_leaf-5 Reference:art-photographers.co.uk

85singo_leaf-6Reference:Susanna Bauers

85singo_leaf-7 Reference:art-photographers.co.uk

85singo_leaf-8 Reference:Simon Cook

85singo_leaf-9Reference:Susanna Bauers

85singo_leaf-10  Reference:art-photographers.co.uk

85singo_leaf-12 Referrence:art-photographers.co.uk

85singo_leaf-11Reference:art-photographers.co.uk

85singo_bauerReference:Susanna Bauers

彼女が使っているのは「かぎ針編み」という方法。セーターを手縫いする際によく使用され、女性的で柔らかい印象を持った縫い目になるのが特徴です。

作品を制作するにあたり、彼女はこんなことを語っています。

「脆さと硬さの間には丁度良いバランスが存在します。葉っぱや乾いた木の欠片、そして葉脈。それらを壊さないように、針を通していく感覚は、まるで人との繋がりにも似ています」

ロンドンにあるLemmon Street Galleryでは販売も行っているようです。価格については問い合わせが必要になりますが、家に飾ったり、プレゼントしても喜ばれそうなアートですね。

Reference:Lemmon Street Gallery
Licensed material used with permission by Susanna Bauer

「ふきん」には何の恨みもないんだけど、正直に言わせてほしい。どれだけパッケージデザインにこだわった食器用洗剤やハンドソープを水回りに並べたとしても、水滴を...
「春」と聞いて、どんな色を思い浮かべますか?爽やかな空の色だったり、可愛らしいお花の色だったり。イメージは人それぞれではないでしょうか。メキシコのデザイナ...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
水や砂糖など、身近にある材料を使って描いた作品が注目を浴びているイギリス在中のAravis Dolmennaさん。どれも遊び心いっぱいで、絵本の中のような...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
弾けるような躍動感がある、ペイント。実はすべてコーヒーで描いているそう。ドイツ出身のDianaさんが描くアーティスト達は、それぞれの人物が放つオーラまで再...
上品な人は、特に意識をせずとも相手が心地よいと感じる立ち振る舞いや話し方ができています。上品な人に共通する10の特徴を具体的にまとめていますので、あなた自...
どことなく上品で笑顔を絶やさない、素敵な女性に憧れるものの、ガサツな自分には無理!と思っている女性のみなさん。それはもったいないことです。あなただって「素...
水圧転写させて絵画を描く「エブル」は、マーブリングを意味するトルコ語で、墨流しなどと類似しており、水の上に絵を描く特殊な技法です。と、小難しい話はさておき...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつ...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
鉛筆で描く…のではなく、鉛筆を削ることで表現するアートが話題です。しかも芯だけではなく、鉛筆全体を使った創作が凄い!以下、その画像を紹介します。01.02...
アメリカ、ポートランドを拠点に活動するアーティストBrian DeLaurentiとJonathan Dahl。このゲイ2人組による「The Gay Be...
捨てられた鍵や古びたコインも、創造力とノウハウさえあれば、見事なアート作品に化けてしまう。オーストラリア出身のアーティスト「Morekey」ことMiche...
2014年に文京区にオープンした『WALLS TOKYO』は、アートのセレクトショップだ。日本国内には数多くのギャラリーが存在し、そのほとんどで作品購入は...
きっちりと作り込まれた革製品も好きだけど、ラフに素材を活かしたものも好きです。「エンリーベグリン」のペンケースは、断然後者。オミノ(※刺繍されたブランドロ...
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
河口や浜辺に流れ着いた流木を見つけると、どうしても手にしたくなる。ほどよく朽ちかけ、丸みを帯びたその風合いは、年輪に変わる長い旅路を経た証。もしかしたら、...
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...