読んだら忘れない読書術「4つのポイント」 賢い人ほど”最後” から・・・

本は「学び」と「気づき」を得るために読むもの。いまいちその効果が感じられないという人は、読書の「設計図」が描けていないのです。ここでは、自著『読んだら忘れない読書術』から、効果的な読書法を紹介します。

01.
一番知りたい部分はどこか
最初に「目的地」を把握する

hoe-to-read4

本は、最初から一字一句読んだほうがいいのでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。例えば、一般的な本を1ページ目から順番に2時間かけて読んでいくと、自分が最も知りたい部分に到達するまでに1時間以上はかかります。それでは、本を読むモチベーションも、気づきに対する吸収力も低下してしまうのです。

本は、「学び」や「気づき」を得るために読むもの。ですから、自分にとって、最適な読み方をすれば良いのです。目次を見て「ここ読みたい!」「ここおもしろそう!」と、知的好奇心が刺激されたなら、そのページにワープしてOK。本の中で一番知りたいことは何かを考え、その「結論」が書かれている部分に飛んでしまいましょう!最初に「目的地」を把握することで、何倍も早く目的のページに到達できます。全体のアウトラインをつかんでいれば、論旨が見えているので、頭から一字一句読むのに比べて、圧倒的に読むスピードが速くなります。

02.
読めるか読めないか
「ギリギリの難易度」を設定する

あなたがテレビゲームで遊ぶとします。それが、難しすぎて何度やっても全く次のステージに進めないゲームだとしたら、おもしろいでしょうか? 

実際には2、3度失敗して、要領をつかめば何とか次のステージに進める。そんな「ギリギリの難易度」のゲームが、最も楽しいはず。実は人間の脳というのは、「自分の能力よりも少し難しい課題」に挑んでいるときに、ドーパミンという脳内物質が出て、最も活性化します。このことを踏まえて、本を読む場合は、2つの難易度を設定しましょう。

まずは、「本の内容」について。自分の実力よりも少しだけ難しい本を選ぶと、学びの効果が最大化します。次に、「本を読むスピード」。小説であれば、最も心地良いスピードで、楽しみながら読み、ビジネス書や実用書であれば、適度にタイムプレッシャーをかけて、「ギリギリ」の難易度に調整するといいでしょう。

03.
「ワクワク」しながら読むと
30年後も鮮明に記憶していられる

how-to-read4

以前仲間4人で飲んでいたとき、『北斗の拳』の話になり、物凄く盛り上がりました。全員が自分の好きなキャラや好きな場面などを、雄弁に語るのです。50歳前後の大人たちが。

ビジネス書の場合は、1年前に読んだ本の内容ですらおぼろげなのに、漫画だと、30年前に読んだものでも、数十巻分の内容を全て鮮明に覚えているものです。さて、この違いは、どこにあるのでしょう?

それは、好きな漫画を読むときは「ワクワクする」からです。脳内にドーパミンが分泌されると満足感、充実感、幸福感に包まれ、もう一度それを体験したくなり、同じものを欲求するようになります。漫画であれば、「次号が読みたい!」と思ってしまうように。ドーパミンの記憶力増強効果を利用して、ワクワクしながら読書すると、30年たっても忘れないほど、しっかりと記憶できるのです!

04.
ビビッときたら
“ときめき”が消えないうちに
どんどん読む

how-to-read4

書店でふと目に入ったタイトルに惹かれ、「この本おもしろそう!」と本を購入したあなた。しかし、1週間たってもまだ本を開かず、結局「まあ、いいか」と、読んでいない。そんな経験ありませんか?買った瞬間は、興味、関心、好奇心が高まり、ワクワクした気持ちでいるはず。ですが、仕事に追われていた、やることがいっぱいで時間が作れなかったなど、改めて読もうと思っているうちに、ワクワクする気持ちがもう冷めてしまったのです。

この場合、「おもしろそう!」と思って本を買ったなら、買った直後からすぐに読み始めること。そうすると、ドーパミンが分泌された状態で本を読み切ることができるので、強烈に記憶に残すことができます。「とりあえず本だけ買っておいて、暇ができたら読もう」。そういう読み方では、記憶に残らないのです。

読んだら忘れない読書術
コンテンツ提供元:サンマーク出版

樺沢紫苑/Zion Kabasawa

精神科医、作家。札幌医科大学医学部卒。大学病院、総合病院、単科精神病院など北海道内の8病院に勤務。米国シカゴのイリノイ大学に3年間留学。うつ病、自殺についての研究に従事。帰国後、東京にて樺沢心理学研究所を設立。メールマガジン、Twitter、Facebookなど、累計40万人以上のインターネット媒体を駆使し、精神医学、心理学、脳科学の知識、情報をわかりやすく発信している。

樺沢紫苑/Zion Kabasawa精神科医、作家。札幌医科大学医学部卒。大学病院、総合病院、単科精神病院など北海道内の8病院に勤務。米国シカゴのイリノイ...
読書男子がモテる?知的でかっこいいと言われる、読書好きの男子。海外メディアでも、その存在を魅力的に伝えているコトが多い。ここでは、ただ知的で賢いというだけ...
「自分の成長のために」と読書を日課にしている人も多いのでは?ここでは、日々の限られた時間、最低限の労力で、いかに読書を有効な「自己投資」に結び付けられるか...
「本を読みなさい」なんていう言葉は漠然としていますし、聞き飽きているかもしれません。しかし、ちょっと違った目線からビジネスパーソン、とくにリーダーに役立つ...
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう? 私たち...
最後に図書館を利用したのが、いつだったかうろ覚え。という人も多いでしょう。たとえ本好きだったとしても。IC(集積回路)の導入とともにデジタル化が進み、利便...
「読書しなさい、読書しなさい」と、どれだけ人から口酸っぱく言われても、自分自身で必要性を感じない限り読書習慣を身に付けることは難しい。しかも、周りから言わ...
知識や教養を身につけるためにも、会話の引き出しを増やすためにも、読書ってとても大事ですよね。でも、習慣がないとなかなかできないのが読書というもの。そこで、...
より充実した読書習慣を送るために重要なのが、読む本を「選ぶ力」。本を選ぶには誰の意見を聞けばいいの?本当に良い1冊に出会うには?自分の成長のためにはどうし...
読書の重要性をネットに書くと必ず「読書なんか必要ない」という書き込みをされます。しかし、読書は人生に大切なもの、全てを与えてくれるのです。01.1日を「7...
日頃から懸命に読書しているのに、何を読んだのか、そこから知識を得られたのか、曖昧なことってありませんか?その理由は「アウトプット」が習慣化されていないから...
晴耕雨読、昔の人はうまいことを言ったものですが、都会のわずらわしさから離れ、週末を郊外で過ごすようなライフスタイルは、今も昔もそれほど変わらないのかも。だ...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
本で得た知識こそが最高の貯蓄。「読みたい!」と思った本なら、迷わずすぐに買うべきです。ここでは、「本を買う」をキーワードに、無駄なく効率的に本を選ぶコツや...
「寿命」に関する話題は日々上がりますが、今のトレンドはなんと「読書」らしいです。「たくさん本を読む人は、まったく読まない人にくらべて長生きしやすい」という...
最近しんどいなと感じるなら、いったん立ち止まり、身の回りにある小さなことに目を向けましょう。『じっせん こころのヨーガ』から紹介するのは、週末にできるここ...
にわかには信じられませんが、実際に試してみるとどんな感覚かが実感できます。「Spritz」の機能は読書にかかる時間を大幅にカットできるという優れもの。その...
一世を風靡した『北斗の拳』において、南斗六聖拳の一人で「聖帝」と称するサウザー。そんな彼を主役に据える『北斗の拳イチゴ味』をもとにした、2019ラグビーW...
たくさんの本に囲まれて暮らしたい。そう願う人はとても多いことでしょう。一冊、一冊、大切に集めてきた、本のコレクション。どのように収納すれば、読書空間は、よ...
「耳栓のデザインだって、面白くないんじゃどうしようもないだろ?」耳栓に機能プラスαのデザインを求める人が、はたして世の中にどれだけいるかは定かでないが、そ...