障がい者用スペースに駐車した一般男性に、市民からの痛快なお仕置き!

ブラジルで、障がい者用スペースに駐車したマナー違反者を制裁するドッキリが仕掛けられました。その凝った仕掛けが、世界中で話題を呼んでいます。仕掛けたのは「Canal BOOM」という動画投稿グループ。

handicapped-1

そして制裁の対象となったのは、この赤い車。停めてはいけないはずの、障がい者用スペースに駐車しています。handicapped-2そして注目の制裁方法は、なんとポストイットをペタペタと車に貼る(!)こと。handicapped-3タイヤにまで丁寧に、貼付けていきます。赤色だった車が、どんどん青色に変わっていきます。handicapped-3青と白のポストイットを丁寧に貼って、障がい者用マークを描くという地道な作業!handicapped-6そして遂に車の持ち主が戻ってきました。変わり果てた自分の車に驚きを隠せない様子。必死で剥がそうとしますが、なかなか剥がれません。handicapped-7周囲からは、歓声や野次が飛び交います。

handicapped-8

ドッキリを仕掛けた「Canal BOOM」が、事前に警察に事情を説明しています。運転手の男性は、警官から警告は受けたようですが、 最終的に切符は切られなかったとか。 (切符を切られた場合は、約2,100円の罰金だとか)handicapped-9いら立ち、途方に暮れる男性。運転できる最低限の場所だけを剥がして、早々と逃げるように去っていきました。handicapped-11ただ、ポストイットを貼ったまま運転するのはとても危険。無駄なゴミも出てしまうなど、手放しで賞賛できる行為ではありませんが、世界中で話題になったことでマナーを守る大切さに気づいた人も多いのでは?
こんな制裁を受ければ、お仕置きを受けたドライバーは今後、障がい者用スペースに駐車することはないでしょう…。

実際の動画は、こちらから。ポルトガル語ですが、言葉が分からなくても理解できます。

Licensed material used with permission by Canal BOOM

駐車ラインを一切無視した迷惑駐車が、2台分のスペースを占領していて停められない…。なんて困ったことはありませんか?たとえば、こんな感じに。駐車ラインをはみ...
フロリダ州の法律では16歳で車の運転免許が取得できるため、高校まで毎日ドライブして通う生徒も多いそう。なかでもウエスト・オレンジ・ハイスクールでは、高校3...
冠婚葬祭のマナーに不安を感じることってありますよね。ここでは、結婚に関する忘れがちなマナーについていくつか紹介します。当たり前かもしれませんが、もう一度チ...
高校生が制作した、乗車マナーの向上を呼びかけるポスターが、ちょっとした話題を呼んでいます。“学生目線”で大人のマナーを指摘するその内容は、的を得ていて深く...
お歳暮は、お世話になっている方に対して贈るお礼のギフトですので、基本的には、「お返しは不要」と言われています。しかし、実際には、相手や贈られた品によって、...
喪中期間において、お歳暮やお年賀はどのようにしたらよいでしょうか?今回は、喪中期間のために喪中はがきを送る側である場合、また喪中はがきを受け取った場合に分...
リハビリ機能を名目にした施設ではなく、障害を抱えていても健常者と同じように肉体を鍛えるためのトレーニングジム。言われてみればこうしたジムは確かに少ない。こ...
結婚式やお葬式の際、ご祝儀袋や不祝儀袋はどのように持参するのがマナーなのか知っていますか?ふくさに包んで持っていくことは知っていても、渡し方や色の選び方ま...
知恵と努力を振り絞れば、どんな困難も乗り越えられるのかもしれない。「ViralHog」の動画で紹介されたVinod Kumarさんは、階段下にある物置スペ...
苦手な人が多い縦列駐車や車庫入れですが、このタイヤがあればもう大丈夫!まずはアンビリーバブルなその「動き」を見てみましょう。秘密は、このタイヤにありました...
自転車を駐輪するための自転車ラックは、ほとんどが水平方向。こちらのほうが、より多くの駐輪が可能なんでしょうけど、昇降式のラックの上の段しか空いてないときな...
Apple Watchに匹敵する、ウェアラブルデバイスの大発明かもしれません。目の不自由な人に向けたスマートウォッチが、ついに実用化。盤面に空いた穴から飛...
私は耳が聞こえないことを障がいだとは思わない。そう語るのは、映画監督の今村彩子さん。彼女は生まれながらにして耳が聞こえない。学校では友達の輪に入ってお喋り...
2015年10月1日米科学誌「Science」オンライン版に、ある日本の化学研究が大きく発表された。大阪大学微生物研究所が、マウスを使った実験で突き止めた...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
女の子の「ありがとう」や「大丈夫」。そう言われたからって、いつもそのままの意味で受け取っていませんか?その言葉の裏側には隠された複雑な心境があるかもしれま...
政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、...
「社交不安障害」とは、自身への否定的な評価に強い不安を感じてしまう精神疾患の一つ。かつては「社会不安障害」と呼ばれていましたが、2008年により実態に近い...
コンデンスミルク、バター、ココアパウダーだけでつくるブラジルの定番チョコ「ブリガデイロ」。家庭でもつくるほか、どこのお店でも手に入るほど生活のなかに浸透し...