「それでもオトナですか?」学生目線の地下鉄マナー広告が深い・・・

高校生が制作した、乗車マナーの向上を呼びかけるポスターが、ちょっとした話題を呼んでいます。“学生目線”で大人のマナーを指摘するその内容は、的を得ていて深く考えさせられるもの。

大人なのに…
学生は、こう考えています

スクリーンショット 2015-12-04 11.23.14

2015年11月より、札幌市営地下鉄の駅などに掲示されている、こちらの2枚作品。作成したのは、それぞれ札幌平岸高等学校デザインアートコースの学生です。
札幌市交通事業振興公社が高校生を対象に「学生から大人への呼びかけ」をテーマに、マナーポスターの応募を実施。大人にはない彼らの視点に、気付かされる部分が多いのでは?

従来の視点を逆手にとった
学生ならではの見え方

スクリーンショット 2015-12-04 11.23.34

車内での通話、ヘッドホンからの音漏れ、お化粧…。実際、迷惑行為に大人も子どもも関係なかったりします。でも、これまでのマナー啓発広告と言えば、大人が迷惑に思う若者(学生)の行動に焦点を当てたものが多かった。その意味では、従来のイメージを完全に逆手にとり、「最近の若者は…」のカウンターパンチとなる、学生から大人への“注意書き”といったところではないでしょうか。

ラッピングバスに
映画館の館内CM
道内屈指の美術系学生たち

ところで、平岸高等学校のデザインアートコースは、普通科でありながら道内でも指折りの美術系進学校として、人気なんだとか。海外研修をはじめとする様々なプログラムばかりか、官民連携プロジェクトへの積極的な参加で、学生たちが日常的にデザインを行う場も充実しているようです。
実は彼ら、過去にも円山動物園とJR北海道バスのコラボ企画「ラッピングバス」のデザインに採用されたり、市内の映画館・札幌シネマフロンティアの「マナー広告動画」を担当するなど、数々の受賞歴や実績を持つ学生たち。今後の活躍にも期待です。

Reference:北海道札幌平岸高等学校
Licensed material used with permission by 一般財団法人札幌市交通事業振興公社

ここで紹介するのは、あの人気家具店がシンガポールで打ち出したイラスト広告。「愛はフクザツ。IKEAはシンプル」というコピーとともに、左右を対比したアイデア...
1930年から70年頃にかけて閉鎖されていったパリの地下鉄のホームの数々。どれも歴史の深い建造物ばかりのようですが、閉鎖されたままにしておいたらもったいな...
結婚式やお葬式の際、ご祝儀袋や不祝儀袋はどのように持参するのがマナーなのか知っていますか?ふくさに包んで持っていくことは知っていても、渡し方や色の選び方ま...
冠婚葬祭のマナーに不安を感じることってありますよね。ここでは、結婚に関する忘れがちなマナーについていくつか紹介します。当たり前かもしれませんが、もう一度チ...
ニューヨークで16年間、一度も休むことなく毎年開催されているイベント、その名も…「ノー・パンツ・サブウェイ・ライド」。2017年も無事(?)1/8に開催さ...
誰だって人に言えない、だけど本当は人に聞いてほしい悩みを持っているもの。ニューヨークの小学生、Ciroくんもそんな悩みを抱えていた経験があるそうです。11...
マット・ボルチマーは「eCUSSIONIST」を名乗るドラマー。最近NYを騒がせているお祭り兄ちゃんです。名まえにも現れている通り、エレクトロとパーカッシ...
お歳暮は、お世話になっている方に対して贈るお礼のギフトですので、基本的には、「お返しは不要」と言われています。しかし、実際には、相手や贈られた品によって、...
2016年1月10日、NYの地下鉄に突如、ズボンやスカートを身につけずパンツ姿の集団が現れた。外は真冬の寒さ。寒くない訳がないし、履き忘れて家を出ちゃった...
独立心があり、負けん気が強く、自分をもっている大人な女性には、どうも「付き合いにくい」というイメージが付いて回る。異性からも同性からも。いわゆるデキる女性...
普段はそうでもないが、今回ばかりはこう思わずにはいられなかった。「学生時代に戻りたい」と。ただし、コペンハーゲンの学生に限る。どうやら彼らは、こんな恩恵を...
シカゴ市内を走る1台の市営バス。外は厚めのコートにマフラーが必要な寒さ。それなのに車内の乗客たちは、なぜかみんな半分お尻がはみ出たローライズ姿。なんか、ち...
電車って、意外に「人間の素」が出てしまう場所だと思う。なぜか気が緩んでいる人が多くて、見ていると結構おもしろいんですよね。だから、地下鉄に潜むモンスターの...
喪中期間において、お歳暮やお年賀はどのようにしたらよいでしょうか?今回は、喪中期間のために喪中はがきを送る側である場合、また喪中はがきを受け取った場合に分...
うら若き乙女たちが、惜しげも無く裸を披露!しかも、写真をカレンダーにして販売していたそうです。一体何ゴト?じつはこれ、シドニー大学で30年間も続いている毎...
このおじさんの声と表情に注目して欲しいのです。これまでどんな人生を送ってきたのかわからないけれど、なにかが伝わってきて胸を打つ。トリハダものの美声の持ち主...
何気なく見た動画に、大きく心を揺さぶられることがあります。忙しい日々のなかで見落としていることや、もっと目を向けるべきだった出来事の数々ーー。ここで紹介し...
「NextShark」のライターBenjamin Hardy氏の記事によると、学生時代に成績が悪かった人ほど、ビジネスで成功している傾向にあるのだとか。一...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
バレンタインデーの日。NYの地下鉄でちょっと嬉しいサプライズがありました。女性が意中の相手にチョコを渡すのとは、また一味違ったドキドキ感と幸せがここに。ご...