知っておきたい大人のマナー。 「ふくさ」の作法教えます

結婚式やお葬式の際、ご祝儀袋や不祝儀袋はどのように持参するのがマナーなのか知っていますか?ふくさに包んで持っていくことは知っていても、渡し方や色の選び方まで理解している人は少ないのでは?ここでは、日本人として知っておきたい、ふくさのルーツや正しい使い方をご紹介します。

そもそもふくさって何?

160105_nano-fukusa_07

ふくさは元々、贈答品を運ぶ際の日よけやホコリよけとして用いられていた風呂敷状のものが変化し、慶弔行事の金品贈答時の儀式用品として用いられるようになりました。
ふくさの種類には、黒塗り盆に掛ける亀房付きの「掛けふくさ」や、盆とセットになった「台付きふくさ」、金封を挟み入れる財布状の「金封ふくさ」などがあります。

どんな意味があるの?

「金封ふくさ」がなぜ必要なのかというと、持参する途中で水引がくずれたり、シワにならないようにするだけでなく、先方の気持ちを大切に考えるという意味あいがあるからです。喜びや悲しみを共に分かちあうという、日本特有の礼儀を重んじる儀礼からきているものなので、金封をそのまま持参するのは失礼にあたると考えられています。
ふくさの色に関しても、お祝いごとには赤系統のものを、お悔やみごとには青系統色を選ぶのが好ましいです。ただし、紫色は慶弔共通で使えます。

包み方のルールはある?

160105_nano-fukusa_02

風呂敷状のふくさを包む際には、慶事には右前(画像左)、弔事には左前(画像右)にと包み方が異なります。それと同様に金封ふくさに入れる際には、お祝いごとには右開きになるように、お悔やみごとには左開きになるようにします。

渡す時はどうするの?

風呂敷状のふくさを包む際には、慶事には右前、弔事には左前にと包み方が異なります。それと同様に金封ふくさに入れる際には、お祝いごとには右開きになるように、お悔やみごとには左開きになるようにします。

1.受付の目の前でふくさから金封を取り出す160105_nano-fukusa_03

2.閉じたふくさの上に金封をのせる160105_nano-fukusa_04

3.回転させて受け取る方の正面に向ける160105_nano-fukusa_05

4.金封のみを両手で差し出す160105_nano-fukusa_06

どんなデザインがあるの?

カラフルで可愛いものから、モノクロでシックなものまで、様々なタイプのものがあります。お祝いごとの際には、装いに合わせて選ぶのも楽しいですね。

冠婚葬祭に必要不可欠なふくさの作法。しっかり身につけて、スマートな大人の振る舞いを目指しましょう。

コンテンツ提供元:NANO・UNIVERSE LIBRARY

NANO・UNIVERSE LIBRARY

セレクトショップならではの審美眼で選んだ上質な情報をお届けするマガジンアプリ。最先端トレンド­を俯瞰する感覚を覚えていただけるような、世界に誇れる、優れた製品・ブランド・サービスを発信いたし­ます。store.nanouniverse.jp

自宅でできるレザーシューズのお手入れ方法とは?せっかく高価な靴を手に入れても、ケアを怠れば靴の寿命を縮めてしまうことに。 紳士淑女たるもの、日々の正しいお...
ピカピカと光り輝いているからこそ、エナメルシューズは美しいってものです。男女ともにドレスシューズの代名詞でもあるエナメル素材。そんな素敵な靴を台無しにする...
高校生が制作した、乗車マナーの向上を呼びかけるポスターが、ちょっとした話題を呼んでいます。“学生目線”で大人のマナーを指摘するその内容は、的を得ていて深く...
冠婚葬祭のマナーに不安を感じることってありますよね。ここでは、結婚に関する忘れがちなマナーについていくつか紹介します。当たり前かもしれませんが、もう一度チ...
お歳暮は、お世話になっている方に対して贈るお礼のギフトですので、基本的には、「お返しは不要」と言われています。しかし、実際には、相手や贈られた品によって、...
ふくらはぎの真ん中の位置にすそがある、ミモレ丈。引き続きトレンドとなっていますが、人によっては「一番足が太く」見えてしまう長さなのです。体型を気にせずファ...
喪中期間において、お歳暮やお年賀はどのようにしたらよいでしょうか?今回は、喪中期間のために喪中はがきを送る側である場合、また喪中はがきを受け取った場合に分...
ここ数年、空前のスニーカーブームが続いていますが、正しいスニーカーのお手入れの仕方は意外にも盲点。果たして子供の頃の運動靴みたいに、ジャブジャブとタワシで...
プログラマやエンジニア、建築家など、さまざまなスペシャリストで構成されたウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」。アート・サイエンス・テクノロジーの境界線...
イタリア職人の卓越した技術とモダンなデザインの融合で人気の「オロビアンコ」。C.E.Oのジャコモさんと共にデザインを担当する夫人のバーバラ・フィッシャーさ...
〈Made in Italy〉にこだわり、イタリアならではのクラシカルな雰囲気とモダンな感覚をMIXさせた〈オロビアンコ〉。ミラノの象徴、Piazza D...
せっかくの休みをダラダラしたいけれど、でも何か有意義なこともしたいと考えている人も多いはず。そんなあなたに、休日の過ごし方のアイデアを紹介します!1.仕事...
贈り物の中身にも負けず劣らず大事なのが、ラッピング。丁寧に、しかもセンス良く包まれたプレゼントを開けるのはワクワクするものですし、その中に入っているものも...
なめらかな風合いが魅力のスエード靴。特に淡い色はその美しさとはうらはらに、雨ジミや泥汚れが付くと落としにくいという厄介な一面も。今回はそんなスエードのお手...
セックスのマナーは、相手によっても異なるので「これ」といった正解があるわけではありません。でもせめて、この「22のエチケット」は心に留めておかないと「最悪...
20代のうちは「知らない」「できない」で済まされていたことが、30代になっても改善できていないとしたら非常に残念。まず自分自身の軸がしっかりしていれば、ど...
独立心があり、負けん気が強く、自分をもっている大人な女性には、どうも「付き合いにくい」というイメージが付いて回る。異性からも同性からも。いわゆるデキる女性...
あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...
困難に直面し、解決の糸口が見えない。そんな時、真っ先にするべきこととは?もしかしたら、この記事が大きなヒントを与えてくれるかもしれません。『The Fro...
社会という大海原の中を泳ぎ、仕事をこなし、自分の価値を上げていくために必要な考え方とは?自著『面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則』から、5つのヒ...