入社1年目から「できる人になる」4つの考え方

明文化されていない社会人のルールをどれだけ知っているか。これは、いち早く社会人として認められるために必要な資質。

ここでは、拙著『一流役員が実践してきた 入社1年目から「できる人になる」43の考え方』から、ビジネスの「暗黙のルール」を紹介します。是非、明日から実践してみてください。

01.
上司と1対1で飲むときの
ルールを学んでおく

Man sitting in a bar with cognac and cigar

上司と1対1で飲みに行ったとき、上司が会計に立ったら金額を見ないように先に店を出て扉の前で待ち、上司が出てきたところで深々と一礼する。翌朝も御礼を述べる。このあたりは基本ですね。

もうひとつ大事なルールがあります。もし、その店が静かな小料理屋のようなお店で、上司がいかにも常連だと分かるような会話を店員さんとしていたら、そのお店は上司の「隠れ家」かもしれません。ですから、そのお店が気に入ったからといって、後日同僚たちを引き連れて飲みに行ってはいけません。どうしても行きたい場合は上司に断りを入れて、ひとりで行きましょう。

02.
カツラ疑惑に愛人関係…
タブーな話題は危険

ビジネスシーンで宗教や政治の話は絶対にしてはいけません。相手がその信者や支持者である可能性は十分ありますし、そこで議論がはじまったところで着地点がありません。
また、その会社ならではのタブー話は、必ずあるものです。カツラ疑惑の芸能人の話をしたり、愛人関係にあるふたりの前で不倫の話をしたり…。

こればかりは先輩から早めに教わりましょう。ですが、やはり、無礼講だとしてもやり過ぎは禁物です。

03.
御礼メールの書き方ひとつで
自分の評価が左右される

Businessman Using Digital Tablet

打ち合わせのあと、契約成立のあと、接待を受けたあとなど、御礼メールは日常的に書く必要があります。そうかと言って、いかにも定型文をコピー&ペーストしたような文面では、逆に評価を下げかねません。

御礼メールを書くときは、必ず具体的な概要を書くべきです。打ち合わせのあとであれば「○○とのご指摘を頂戴したおかげで、今後の方向性が明確になりました。来週の水曜までに〜」というように、打ち合わせの要点と、さらには今後のスケジュール観も書くことで、受け取った側も頭の整理ができます。接待を受けたあとなら「○○についていろいろご教授いただき、大変参考になりました」と学んだことや感動したことなど書き入れるようにしましょう。

04.
「無礼講」のさじ加減を知る

Friday cheers!

飲み会で上司が突然発する「じゃ、今日は無礼講で」の一言。無礼講とは「身分・地位を無視して行う宴会」のことですが、社会人1年生はどこまで自由に振舞っていいのかわかりません。

実はこれ、「いつもより軽い話題で盛り上がって、楽しいお酒を飲んでくれ」という意味にしかすぎず、ほとんど社交辞令です。
無礼講だからといって、上司や先輩にお酌をする、大皿の料理を取り分ける、空いたグラスを見つけたら代わりに注文するといった裏方作業をさぼるわけにはいきません。普段から盛り上げ役の人にとっては実力を発揮するチャンスですが、やはり、無礼講だとしても、やり過ぎは禁物です。

入社1年目から「できる人になる」43の考え方
コンテンツ提供元:ワニブックス

安田正/Tadashi Yasuda

株式会社パンネーションズ・コンサルティング・グループ代表取締役。早稲田大学理工学術非常勤講師。ロジカル・コミュニケーション、プレゼンテーション、対人対応コーチング、交渉などのビジネスコミュニケーションの領域で講師、コンサルタントとして活躍。著書に、『一流社員が実践している仕事の哲学』(クロスメディア・パブリッシング)、『1億円稼ぐ話し方』(フォレスト出版)、『英語は「インド式」で学べ!』(ダイヤモンド社)など多数。

あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...
とあるコンサルティング企業のCEOであるDustin McKissens氏、35歳。彼が、大学院を終えたばかりの10年前の自分に、社会人の先輩として伝えた...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
私は数十年におよぶビジネス研修業を通して、57万人ものビジネスパーソンと出会う機会に恵まれ、意欲みなぎる社会人1年生から少しお疲れ気味の管理職まで、さまざ...
すべての社会人必見の記事が「Inc.com」にまとめられていました。現在、部下を抱えている人も、将来的に部下を持つことになる人も、目を通しておいて損はない...
せっかくの休みをダラダラしたいけれど、でも何か有意義なこともしたいと考えている人も多いはず。そんなあなたに、休日の過ごし方のアイデアを紹介します!1.仕事...
今日から新年度。新しい世界に飛び込むのは、誰でもちょっぴり緊張するもの。一方で、新たなチャレンジにワクワクする気持ちも。ただし「ビジネス」の世界は、今まで...
統計によると理想の上司がいる人は3割程度だそうです。これを多いと思うか少ないと思うかは、理想の上司が周りにいるかいないかによって変わってくると思います。人...
社会という大海原の中を泳ぎ、仕事をこなし、自分の価値を上げていくために必要な考え方とは?自著『面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則』から、5つのヒ...
困難に直面し、解決の糸口が見えない。そんな時、真っ先にするべきこととは?もしかしたら、この記事が大きなヒントを与えてくれるかもしれません。『The Fro...
「上司がこういう言い方をしてくれたら」「部下がこんなふうに行動してくれたら」。働いていると、目の前の人に変わってほしいと思う場面に何度か出くわすことがある...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
これはビジネスに関するコンテンツを多く紹介している「Entrepreneur」にて、起業家のPeter Daisyme氏が記した記事。上司という立場にいる...
いい上司と悪い上司。両者の違いはどこから来るのでしょう?ここでは、いわゆる“ダメな上司”の特徴を紹介。とくに03.は、ちょっとしたことですが、当てはまる人...
20代半ばのイラストレーター、Caitlin Quijanoさんはクオーターライフクライシスの真っ只中。そんな自分の人生のエッセンスを、ぎゅっと漫画に込め...
コミュニケーションは「やるといい」ものではなく、「やるべき仕事」のひとつです。いかに漏れなく、効果的に、能率的に行うかを考える必要があります。そして、それ...
社会人経験が長ければドッシリ構えて対処できるような悩みも、新入社員となれば初めての経験ばかりで、逃げ出したくなることも多々あるでしょう。ここでは、経営コン...
選択肢の多い人生は、悩むことの多い人生であるとも言える。突き詰めるべきは本質のみ。自分がやるべきことは何なのか、そしてなぜそれをするべきなのか。本当にやる...
仕事をするうえで、上司から「デキる人」と思われることには、大きな意味がありますよね。社会人2〜3年目の“伸び悩み”を感じ出した人に届けたいこの記事。「お前...
いつも物事を一歩前に進めてくれるポジティブな人って、一体どんな共通点があるんでしょうか?その考え方を参考にすれば、前向きな行動ができるかも!1.座右の銘は...