驚くべきスピードで「出世する人」10の共通点

私は数十年におよぶビジネス研修業を通して、57万人ものビジネスパーソンと出会う機会に恵まれ、意欲みなぎる社会人1年生から少しお疲れ気味の管理職まで、さまざまな人を見てきた。なかでも、出世競争を勝ち抜いた一流役員の方々にお会いできたことは、私にとって大きな財産となっている。そこで得たひとつの結論は、仕事のできる人ほど、若いときから自分を成長させ続けているということ。

ここでは、拙著『一流役員が実践してきた 入社1年目から「できる人になる」43の考え方』から、一流役員たちが実践してきた今すぐ成長し、出世していくコツを紹介する。

shutterstock_110674283 

01.
中身がないうちは外見で勝負

好むと好まざるとに関わらず、人は見た目で値踏みをする。自己投資をして外見を鍛えるのも営業戦略。スキのないスーツの着こなしをマスターすれば、印象はガラリと変わる。

02.
メニューのない寿司屋に
通い続ける

最初は1、2回でもいい。数十年通い続けられる名店を探し、大人への階段を上っていこう。社運をかけた接待など、人生の局面で必ず役に立つときがくる。

03.
学生時代より
睡眠時間を3時間削る

大企業の幹部クラスは入社1年目からもれなえくショートスリーパー。良質な睡眠さえ心がければ、あとは慣れで睡眠時間は削ることができる。1日3時間削れば、40年で5年分の時間が生まれるのだ。

151017_businessmanner_01

04.
定食メニューを決めるときでも
仮説を立てる

何事も根拠なく判断を下すと、その判断が誤りだと分かったとき、次回に活かすことができない。ビジネスも人生も、仮説と検証の繰り返し。急がば眞我ならぬ、急がば「仮説」だ。

05.
あえて生保レディの
話を聞いてみる

独身の20代だと生命保険の必要性をあまり感じないだろうが、試しに一度、生保のプランを立ててもらうといい。生涯資金や人生設計について真剣に考えるいい機械になるだろう。

151017_businessmanner_02

06.
朝ごはんはスーツを着てから

服装は人の精神状態を左右する。起床したらまずシャワーを浴び、スーツを着よう。すると、朝ごはんのときからテンションゲージが上昇し、出社したときには集中力全開の仕事モードに!

07.
英語より日本語の勉強に
力を入れる

本当に優秀なビジネスパーソンは文章力が高い。仕事の専門知識が拙いだけで評価は下がるのだ。正しい敬語、読みやすいメールの書き方を身につけよう。

08.
残業中でも気持ちと
ネクタイをゆるめるのはNG

しっかりとしたきこなしをするだけで印象はまったく異なる。日頃から正しい服装術を実践していれば、簡単に評価は上がる。だらしない先輩の真似はしなくていい。

09.
出張先では、まずは美術館へ

クラシックや芸術を大人たちはなぜたしなむのか。それは価値基準の成熟度合いの差に他ならない。一朝一夕で身に付けられない文化的教養こそ、20代から鍛えておくべし。

151017_businessmanner_03

10.
感謝の気持ちはすぐ「声」に出す

人は支え合って生きている。特に「ありがとう」は、人間関係を円滑にするマジックワード。心で思っていても決して相手に伝わらない。積極的に口に出すことで、環境はガラリと変わる。

11.
新人こそ、雑用係りのプロを目指す

仕事とは上司や相手先からの信用や積み重ねが基本。どんなに単調で機械的な作業でも、それすらこなせない社員に大きな仕事は任されない。新人だからこそ、雑用も全力でこなせ。

12.
今日食べたもので
20年後の姿が決まると心得る

「体が資本」と理屈ではわかっていても、健康オタクの若者は少ない。20代の不摂生は、いざ社会で活躍できる30代以降に露見する。後悔先に立たず。運動と食生活に留意せよ。

151017_businessmanner_04

13.
結果よりプロセスに
喜びを見出す

苦しみのない成功など存在しない。それをふまえていばらの道を歩むには、全身している実感を楽しめないと人は怠惰な道へ逃げる。結果より仕事の過程にやり甲斐を見つけてみよう。

14.
自分の強みを
1つだけアピールしてみる

新人だけに与えられる基準。それはポテンシャル(潜在能力)。自分の強みをアピールすることで、上司の扱いは変わってくる。早く仕事を覚えたければ、将来有望な若手と思わせることが肝心。

一流役員が実践してきた 入社1年目から「できる人になる」43の考え方
コンテンツ提供元:ワニブックス

安田正/Tadashi Yasuda

株式会社パンネーションズ・コンサルティング・グループ代表取締役。早稲田大学理工学術非常勤講師。ロジカル・コミュニケーション、プレゼンテーション、対人対応コーチング、交渉などのビジネスコミュニケーションの領域で講師、コンサルタントとして活躍。著書に、『一流社員が実践している仕事の哲学』(クロスメディア・パブリッシング)、『1億円稼ぐ話し方』(フォレスト出版)、『英語は「インド式」で学べ!』(ダイヤモンド社)など多数。

明文化されていない社会人のルールをどれだけ知っているか。これは、いち早く社会人として認められるために必要な資質。ここでは、拙著『一流役員が実践してきた 入...
あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...
たちが悪い人が周りにいるとしたら、たいていの人はどうしたらよいか悩んでしまうものです。たちが悪い人に共通する特徴を知ることで、どう対処すべきかを考えるきっ...
いつも物事を一歩前に進めてくれるポジティブな人って、一体どんな共通点があるんでしょうか?その考え方を参考にすれば、前向きな行動ができるかも!1.座右の銘は...
大物になる人は、持ち合わせた能力を生かしながら、要領を得た行動パターンや習慣を日々実行しています。大物になる人に共通する特徴をご紹介していきますので、あな...
上品な人は、特に意識をせずとも相手が心地よいと感じる立ち振る舞いや話し方ができています。上品な人に共通する10の特徴を具体的にまとめていますので、あなた自...
あなたの周りに、存在感のある人はいますか?なぜかは分からないけれど、何となく周囲に一目置かれている人。姿を見せるだけで、その場の空気を変えられる人。地位や...
年齢を重ねるごとに、子どものときの純粋な気持ちは薄れて、より現実的になってしまうものです。大人になってからも純粋な気持ちを持ち続けている人って、なんだか輝...
人間関係においてある程度の計算はどうしても必要なものですが、中には「この人腹黒い人だな」と感じてしまうほど計算高い人もいますよね。そんな腹黒い人によく見ら...
日常生活のなかで、なぜか他人の目を惹きつける人がいますよね。そんな人は、周囲から「オーラがある人」と称賛され、慕われます。この「大物感」ともまたちょっと違...
サッパリしていて潔い!とハッとさせられること、ありますよね。ここでは「潔い人」に共通する10の特徴を紹介したいと思います。1.優れた決断力を持っている潔い...
空気が読めない人、身の回りにいませんか?全く、一体どういう神経をしてるんだ!…と思うこともあるでしょう。ここでは、そんなときに役立つ空気が読めない人の特徴...
現代社会は混迷し、閉塞感が漂い、この先の明るい出口さえ見通せない状況にあります。そうした世相を反映してか、書店の本棚には、仏教に関する本が目立つように感じ...
親近感がわく人って、身近に絶対にいますよね。自分もできれば、ああなりたい!でも、どうやったら親近感がわく人になれるんだろう……と思ったこと、ありませんか?...
人とはちょっと違う、ヘンテコな言動を繰り返す人。でも、なんとなく憎めない。一般的に天然ボケとも言われるような人ですが、時として常識はずれなことを平気で言い...
尊敬とは何でしょう?権力で誰かを従わせたり、恐れさせたり、サービスをお金で買ったりすることはできます。しかし尊敬の気持ちは、権力やお金ではどうにもできませ...
いつまでも若くいたい!というアナタに。カウンセラーのT-Ann Pierceが、これまで出会ってきた若々しい人々の中から見出した共通点を紹介していますよ。...
「有害な人間は、あなたから多くの時間とエネルギーを奪う。さらに、不必要に物事を複雑化し、争いをも生み出すのです」そう警鐘を鳴らすのは、「TalentSma...
必ずしも「仕事ができる人=早く出世できる人」とは限りません。出世には仕事のパフォーマンスだけでなく、様々な要因があると言われています。とくに心理学的な研究...
人間関係において問われるのは、自分の感情をコントロールできるか。そして、相手の感情まで深く理解できるかどうか。極めて難しいことではあるが、いわゆる“デキる...