「お年寄り向けの公園」が世界のトレンドに!?すでに全米では50以上も!

スペインの海岸沿いにある、Vilassarという街にある公園は少し変わった特徴をもっています。
その公園には、滑り台やシーソーといった遊具で遊ぶ“子ども”たちの姿はなく、遊んでいるのは“お年寄り”たち!

senior-play-1

84歳のおばあちゃん、Franchescaさんも公園でのアクティビティーを思いっきり楽しんでいる様子。

「私は家でじっとしているタイプじゃないの。だって家にこもってばかりいたら、子どもたちの批判ばっかりしてしまうでしょ?家でじっとしていれば、筋肉痛でカラダが痛いなんてこともないけど、すぐに動くこともできなくなってしまうわ。外に出た方が気持ちいいのよ」

理学療法士のPaz Vidalさん。彼女はお年寄りが公園に来て、孫たちが遊んでいる間、ただ座って待っているという状況を変えたかったと語っています。senior-play-2

「もちろん、子どもたちも公園で一緒に遊ぶことができるわ。そうすることで、違う世代同士が関わり合って絆を深めることができるの。子どもたちはお年寄りと遊ぶことが大好きよ!彼らは一緒に夕食を食べたりして、友だちになっていくのよ」

米メディア「Upworthy」によると、この公園のアイデアはスペインだけでなくイギリスやアメリカにも広がっている様子。特にアメリカでは、保険会社と非営利団体が協力して子どもだけじゃない様々な世代が遊べる公園をすでに50以上もつくっているというから驚きです。

公園で遊ぶことで、運動不足を解消しながらコミュニティの中で新しい友だちを作ることだってできます。お年寄りにとっては、夢のような場所かもしれませんね。
高齢化が進んでいる日本でも、ぜひ参考にしたいアイデアではないでしょうか。

実際に公園で楽しんでいる様子は、こちらの動画から。おじいちゃんおばあちゃんの笑顔が、公園の楽しさを物語っているようです。

Reference:Upworthy , PRI
L
icensed material used with permission by PRI Public Radio International

とくに家庭で飼われている猫に多いのですが、妊娠して出産をしたとしても、親猫が育児を放棄してしまうことがあります。その理由はさまざまですが、母親に捨てられて...
海の近くの、花の楽園。そんなキャッチフレーズがピッタリの国営ひたち海浜公園では、現在、コキア(ほうき草)の紅葉が見頃を迎えているのだそう。園内の「みはらし...
あたり一面に広がるのは、目にも鮮やかなピンク色の絨毯。ここは埼玉県秩父市にある羊山公園です。武甲山のふもと、羊山公園内の「芝桜の丘」には約40万株の芝桜が...
台湾の台北市の高架下に設置された、長いパイプ状のユニークな遊具。この遊具の材料には産業廃棄物として出た鉄材や、廃タイヤなどが利用されているとのこと。なんだ...
茨城県ひたちなか市にある「国営ひたちなか海浜公園」は、世界有数の絶景としてしばしば紹介されるほど国内外問わず人気の場所。2016年は、例年GWに見頃を迎え...
運動するおじちゃんおばあちゃんの動画なのだが、みんなすごいパワフル・・・!動画は中国のとある公園の朝の様子を捉えた物だが、その様子は若者よりもエネルギッシ...
 9月15日は敬老の日。でも昔といまでは、かなり「老」という言葉のイメージが変わってきている。昔の「老」は、こうだった。年を重ねて落ち着き、若いころの夢は...
「そしてふたりは、いつまでも幸せに暮らしました」と結ばれる、おとぎ話。そんな風に幸せになりたい、とは思っていても、実現するのはそう簡単ではありませんよね。...
ニュージーランドの東側、オークランドからフェリーで35分ほど行った先に、自然豊かなワイヘキ島があります。ビーチとブドウ園に囲まれたのどかな場所。そこで暮ら...
かつて無限のように広かった世界は、とても身近になった。LCC(格安航空会社)で飛べば安価にどこの国にでも行けるようになったし、AirBnBのようなシェアサ...
マンハッタンに眠る廃線になった地下路線を応用して公園を作る計画があります。いまだテスト運用中ですが、2015年10月から土日に限り一般公開されており、イベ...
65歳以上の高齢者の人口が全国民の20%を超え、「高齢社会」となっている現在の日本。年金や介護など、誰もが考えなくてはならない問題が山積みですが、そんな今...
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
長寿県で知られる沖縄(現在は長野県が第1位)。独特の食習慣や暮らしぶりは「世界的にも特質すべき点が多々ある」と、「Collective-Evolution...
最近のおじいちゃんやおばあちゃんは、とってもパワフル!見ているだけで元気がもらえて、ポジティブな気分になります。ここでは、いくつになっても挑戦を続ける元気...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
未来の世代へごめんなさい。地球をめちゃくちゃにしてしまいました。私たちがしてしまったことに、巻き込んですみません。言い訳ばかり必死になっていました。どうか...
大人になり都会で生活をしていると、自然に触れる機会は減ってしまいがちです。しかし、たまにアウトドアでキャンプなどをすると、代謝が上がったり、気持ちが晴れや...
淡々としている、何を考えているかさっぱりわからない、必死さが足りない。他の世代から見た「さとり世代」はこんな感じ?なにかとネガティブなイメージで捉えられる...
なにかと話題の「ゆとり世代」でしたが、続いて「悟り世代」が、そして最近は新たに「つくし世代」という言葉ができたようです。では「つくし世代」とはいったいどう...