あなたは「本当の恋愛」をしたことがありますか?

恋愛は単なる気まぐれの感情ではありません。見知らぬ二人が出会い、一つの関係を共に築いていく。それは、簡単にできることではなく、愛に関する本質的な理解のある者だけが成し得ることなのです。
拙著『来世でも読みたい恋愛論』から、豊かな恋愛関係を築いていくための「愛の姿勢」と「愛の技術」を紹介します。

01.
恋は幻想、愛は現実

shutterstock_137538461about-love15-090091413

恋は現実を幻想へ向かわせますが、愛は幻想を再び現実へと連れ戻します。恋が現実を彩らせるのに対して、愛は夢を色褪せさせます。そういう意味で、恋は幻想を見ることであり、愛は現実を見ることである、と言えるではないでしょうか。

02.
恋に落ち続けるとは
“堕落”と同じこと

恋は幻想の中に落ちていくもので、落ち続けている限りは甘い思いをします。その墜落の真最中は、幻想があたかも現実のように感じられ、夢のような時間がしばらくの間、続きます。目覚めと共に夢が始まり、眠りと共に夢から覚める。恋する者は、起きている時が夢のようで、眠る時が目覚めのように感じるのです。

03.
恋の苦しみは甘く
愛の苦しみはにがい

shutterstock_101132431about-love150915-07

恋の苦しみは甘いですが、愛の苦しみはにがいものです。良くも悪くも無責任な恋に対して、大人の愛には責任が伴うために、冷静で思慮深い思考や言動が要求されます。恋という感情を素材に、理性というシェフの力を借りて、愛という料理を仕上げるということ。それこそが“愛”というものではないでしょうか。

04.
恋をするには
ほんの少しの可能性だけで十分

愛されているという事実より、愛されるかも知れないという、ほんの少しの可能性に燃えるのが恋心というもの。それは実現しそうにない夢に対する憧れであり、満たされそうにない欲望に対する執着であります。

人が恋心で燃えるには高い可能性は必要としません。ほんの少しの可能性だけで十分なのです。
いやむしろ可能性は低ければ低いほど良い。
残りは自分の希望や想像力でなんとかなるのですから。

恋する人は、そのほんの少しの可能性を膨らます達人でもあります。幻想を膨らまし、あたかもそれが現実であり、実体であるかのように、自分の頭の中で創り上げる達人なのです。

05.
恋愛に必要なのは
「理解・信頼・妥協・犠牲」

恋愛は、単なる気まぐれな感情ではありません。
恋愛は、見知らぬ二人が、一つの関係を共に築いていくものです。

その関係は、お互いに対する理解によって、信頼によって、妥協によって、ときには犠牲によって、作られ、維持されていくものであります。

06.
本質を理解しなければ
同じ過ちは繰り返される

shutterstock_158190299about-love150914-06

誰もが恋に落ちますが、誰もが自分が望む恋愛関係を築けるわけではありません。つまり、経験した者は多いが、理解した者は少ないのが、恋愛というものではないでしょうか。理解の不在という無知に基づく言動からは、意図しない誤解が相互の間に生まれ、同じ過ちは繰り返されていくことになってしまいます。

07.
片方だけが恋に落ちても
真の恋愛とは言えない

恋愛するということは、固体としての二人の男女が液体化し、一つに融合していく過程であります。片方だけが液体になっても(=恋に落ちても)、もう片方が固体のまま(=恋に落ちない)であれば、片方がもう片方を包み込むだけに留まるため、真の融合現象は見られないものです。

08.
相手の生は自分の生
相手の死は自分の死

shutterstock_291701720about-love150914-0006

生死を超えた神聖な境地に魂の境界線が消え、合体することによって、二人は一体化した存在として生まれ変わることができます。その時、相手の生は自分の生に、相手の死は自分の死になります。それは生死を超えた神聖な境地に二人の愛が到達することを意味するものです。

09.
時には、命がけの勇気も必要

出逢う前は希望も何も持ちようがない。その可能性の見えないところに、一つの光が差し掛かったとき、人は胸の鼓動を感じ、可能性を現実にしたいという強烈な愛欲に晒されることになります。絶壁に咲いている恋という甘い花を摘むために、時には、命かけの勇気が必要なときがあります。

来世でも読みたい恋愛論
コンテンツ提供元:ジョン・キム

どんな関係でも、ずっと出会ったばかりの頃のキラメキが続くなんてことはなく、必ずいつかは色褪せてしまうもの。でもそれは、決して魅力が無くなったとか、愛が終わ...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。メール頻度はどのくらいがい...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
彼氏/彼女がいる人にぜひチェックして欲しい恋愛診断の記事が「Higher Perspective」に掲載されていました。5つのシンプルな項目で、彼との恋愛...
遠距離恋愛で悩んでいる人、いませんか?距離が邪魔すると心が見えない気がして、不安がつのりますよね。遠距離恋愛をうまく続けるコツは、互いを思い合う気持ちと、...
恋愛アドバイザーのKyle Cが、迷える子羊たちに喝!本当の愛ってなんなの?なんで見つからないの?一体どこにあるのよー!と恋の深みでもがいている人はもちろ...
誰かを愛するということは、必ずしもハッピーな気持ちだけでいられるワケではありません。時には辛さや痛みを伴うし、それは万国共通の感情のようです。「愛すること...
恋愛は、人を盲目にします。ひとつの恋が終わって初めて、大切なことを学ぶこともあるでしょう。「Elite Daily」のライターPaulaさんが寄稿している...
ジョン・キム作家韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学など...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこは ライターAngel Chang氏も同意見。さ...
誰かを好きになって、その人と共に生きていくことは、幸せながらもとても難しいものです。恋愛はいくつになってもわからないことばかりだからこそ、いつも新しい発見...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
あなたはレズが男性を愛することは、不思議だと思いますか?愛とは形式ばったものではなく、様々な形を持つものだと話すのは、その毒舌で正直な書き口調が好評な「E...
恋に落ちると世界が変わって見える、とはよく言われたもの。でも実際どうしてそうなるのでしょうか?ライターのEevee G氏が「I Heart Intelli...
これら15枚のイラストは、Viola Wangさんが描いた遠距離恋愛中のカップルの日常。一連の流れが、「切ないながらもキュンキュンする」と話題になっていま...
いまの恋人に満足はしているんだけど、ベッドではなかなか満たされないの…なんてお悩みの女性にぴったりの記事を書いたのは、女性ライターのCaitlyn And...
最近、彼の態度がなんだかおかしい。ひょっとして、私のこともう好きじゃないのかも…。女の子なら誰もが一度は経験する、そんな悩み。だからといって相手に直接聞く...
遠距離恋愛は、長続きしないと思っていませんか?でもじつは、隠されたメリットも多いのです。「Elite Daily」のライター、Anaiesさんが自らの経験...
大きな喜びをもたらすことがあれば、その逆も然り。それが恋愛というもの。作家兼英語教育研究家である晴山陽一さんの著書『こころ涌き立つ 英語の名言』から、著名...
街コンやマッチングアプリ、SNS。異性と出会う方法は昔と比べて随分と「お手軽」になってきました。にも関わらず、恋愛から遠のいている男女が増えている、と主張...