車椅子でも使える「ベビーカー」発明したのは、なんと高校生?

車椅子を利用するパパやママでも使いやすいベビーカー。夢のような話が、アメリカで実現しそうです。しかも、このユニバーサルデザインを考案したのは、なんと16歳の高校生。これは、画期的!

車椅子ユーザー向けに
設計されたベビーカー

車椅子に座ってデモンストレーションするAlden Kaneくん。University of Detroit Jesuit High Schoolに通う16歳の高校生です。彼が、このベビーカー製作に乗り出すキッカケとなったのが、幼少期の事故により、両下肢に運動麻痺が残るママ(Sharina Jonesさん)の抱える問題を知ったとき。「車椅子ではベビーカーが使えないことに困っている」と。

科学、技術、工学、数学の成績優秀者で、いわゆる理数系男子のKaneくん。飛び級で付属大学の援助を得て、Jonesさんのために車椅子利用者に適した、バリアフリーのベビーカー作りを始めました。

「車椅子の人が押しても、赤ちゃんが安全であること。それが最大のポイントでした。もうひとつは、いかにして車椅子と着脱可能にするかです」

地元テレビ局「FOX 2 Detroit」の取材インタビューに答えるKaneくん。

レバー操作ひとつ、
ベビーキャリー使用
楽チン操作にキラリ!

wheelchair-stroller-disabled-mom-alden-kane-6

ちなみに、彼の考案したベビーカーは、車でお出かけ時のチャイルドシートとベビーカーを兼用するベビーキャリーを使うことが大前提。動画にも登場するように、車椅子に座った位置からでもキャリーごと赤ちゃんを下ろせる、ハンドルが決め手のようです。車椅子の前輪の支柱とベビーカーを両サイドから止める金具は、レバー操作ひとつで着脱できるよう、細部まで利用者視点のこだわりよう。

およそ半年間に渡って、工場で試作を繰り返し、ようやく完成したプロトタイプをJonesさんに披露したKaneくん。赤ちゃんを乗せて自走する姿を目にし、「足の不自由な人に向けたベビーカーが、どうしても必要」と感じたそうです。

現在、彼は試作品を完成させ、車椅子の人でも適応可能なベビーカーの特許取得を目指していると、「TIMES」も高校生の革新的なアイデアを大きく紹介しています。

 Reference:FOX 2 Detroit , TIMES
Licensed material used with permission by  John Powell , Collage of Engineering & Sicience , University of Detroit Mercy  20th

 

ベビーカーには大きく分けて2種類が存在するのですが、この違いをよく知らずにいたのが2児の父であるこの私。オフロードバギーのような重厚感に一目惚れして手に入...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
このストーリーの登場人物は、車椅子の男性と自転車で移動する女性。ふたりは向かいの家に住んでいるのに、出かける時もすれ違い、まるで「別の世界」に住んでいるか...
世界で最も小さく折りたためるベビーカーとして、ギネス(2015年11月現在)に認定されている「Pockit Storller」。ほんの一瞬で、カバンの中に...
「頑張って生きたい。キャシディーがそう願ったから、みんなで助けることにしたんだ」生まれて間もなく、事故で後ろ足を両方とも失うこととなった野良猫のキャシディ...
安全性を重視してつくられている「ベビーカー」は、子どもが成長するにつれて、少しずつ「お荷物」になってくるものです。行動範囲が限られたり、窮屈だったり…。そ...
水の都・ヴェネツィア観光といえば、美しい運河を渡る「ゴンドラ」が欠かせません。歴史ある美しい風景を眺めながら大水路を移動する体験は、他の街ではなかなか味わ...
ショートカットがお似合いのカワイイ女子高校生。同性から見ても、「さぞかし、モテるんだろうなぁ」と、羨ましくなってしまうほどのビジュアルです。ところが、この...
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。工房は50年前...
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられているそうだ。しかし、このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用することが...
毎年800万トンものプラスチックが海に捨てられているーー。この問題を解決するために考案されたプロジェクト「The Ocean Cleanup」は、自然エネ...
ぼくは、デブだった。健康な食事のことなんて考えたことがなかった。でも、どうしたら変われるのか知らなかったんだ。そして、食を学ぶことにした。これは、「食べる...
高校時代、クラスのリーダー格や目立つグループに属していなかった地味めな女の子。そんなあの子が卒業後にとんでもない美人になっていたり、誰もが驚くような成功を...
聴いているだけで思わず踊りだしたくなっちゃう『ラ・ラ・ランド』のオープニング曲、『Another Day of Sun』。アリゾナ在住の高校生・ジェイコブ...
ことば、火、農業、舟、数学、紙、カメラ、人工衛星、インターネット、ロケット…。人類が、自らの手で本格的な道具を作りはじめたのは、260万年前の旧石器時代に...
オーストラリアに住むSarah Janeさんは、8歳の息子がいる一児の母親。かつては様々な場所を旅していたのですが、事故により歩くことができなくなってしま...
絆創膏と言えば、モイストヒーリングなものからキャラクターものまで、さまざまな種類があります。どれも衛生のため、密着個別包装されているのが基本です。でも、オ...
JessicaとLiannaの姉妹は、電動の車イスで暮らす、身体障害者。デザイナー兼イラストレーターであるふたりは、自分たちの日常をイラストで紹介していま...
一見すると、何の変哲もないマンションの一室。でも、この部屋は、“普通の部屋”ではないのです。さて、あなたは、写真に隠された秘密に気付くでしょうか?実は、こ...
マイクロソフト社の共同創業者で会長のビル・ゲイツが高校生に語ったと言われているスピーチ。彼は、私たちが学校では学べない「人生で大切な11のルール」を教えて...