世界最小「バッグインサイズ」のベビーカーは、こんな使い方がおすすめ

ベビーカーには大きく分けて2種類が存在するのですが、この違いをよく知らずにいたのが2児の父であるこの私。オフロードバギーのような重厚感に一目惚れして手に入れたのが、いわゆるA型(背もたれがフラットになる)。それがひとり歩きをはじめ「降りる〜」、「乗りた〜い」を繰り返す娘に用意した“セカンドカー”が、おすわり後から使えるB型です。

知るのがあまりに遅すぎたのは事実、でもコイツを紹介されたとき、わが目を疑いました。まあ、見てくださいよ。

関節が抜けたみたいに
一瞬で「ポキポキっ」

F59cca30445ef0a5ca12339daa53674629660d39

ほぼ原型を止めぬままに四角く折りたたまれたのがベビーカー!?新時代の幕開けを意識させるトランスフォームに、ワクワクしない親はいないでしょう。

なんでもこの「POCKIT(ポキット)」、世界最小クラスのコンパクトさなんだとか。ほら、この通りバッグに入っちゃう訳ですから。

電車やバス乗車時の利便さを、あえて強調するまでもなし。そこで、こんなとき間違いなく大活躍できるというシーンからどうぞ!

旅先の貴重な時間を
ムダにしない

3b98694e3d21fdc687f4aab1f7709fdb4e6086c3

経験上、旅行のお供にA型は向かない!と断言します。だって、楽しいはずの時間が大幅に削られることを覚悟しなくちゃいけないから。少しでも身軽に動きたい旅行中は、軽量でかさばらないことが大前提。限られた時間を目いっぱい楽しむには、毎度毎度エレベーターを待ってはいられないしね。

野外フェスの定位置が
最後方じゃなくなる

24a9e15cd3bc3ec67c062f4fbbd93789e0f75622

近年、子連れOKの野外フェスが増加中。ベビーカーで楽しむ親子を目にすることも多くなってきました。けれど、会場に持ち込むことはできても、預かるサービスが用意されている会場はまだまだ少ない現実。そこで、ポキポキたたんでバッグにしまっちゃえば、どう?子どもだって、パパの肩車が特等席だし。

後ろに子ども、前にベビーカー
自転車のカゴにすっぽり!

たとえば最寄り駅までは自転車で、そこからさらに移動するというのに、従来のモノでは自転車に載せることもなかなかできませんでした。もちろん、そういう時のための「抱っこひも」ではあるんだけど、パパママの苦労を考えれば、やっぱり移動先で使えることに越したことないですから。

とことんまで折りたたむ
世界最小クラスの実力

53688356bc8588eb2da0f7b1f1eb9da4e6848f3246935b3ff23eba6abe30e6ba2522011d4f1c97cf

その名のとおり、関節からポキポキと小さく折りたたまれると、サイズが幅約33cm×高さ約38cm×奥行き約18cmにまでダウンするPOCKIT。これで最軽量だったらもう、何も言うことはないんですが、実際のところ重量は4.8kg。確かに軽さだけを追求すれば、これより2キロほど軽いものもあるにはあります。

じゃあそれが、バッグにすっぽりと収まるかって話。こちらは、付属のバッグに収納し肩からかけてしまえば、かさばらない分、意外と重さを感じることもありませんよ。

そうそう、最後に大事なことをもうひとつ。POCKITは国内線機内持ち込みが可能なサイズに設計されています。移動が深夜早朝になるときでも、搭乗ギリギリまで寝かせてあげることもできる。海外旅行だって、手荷物として預けるよりも断然楽チンでしょ?

さんざん書いてきたポキポキ感をどうしても信じられない人は、説明動画からその目で確かめてみて。かなりデリケートに扱っていますが、体感レベルでは3〜4秒といったところ。いや、それくらいポッキポキなんだって。

Licensed material used with permission by POCKIT
世界で最も小さく折りたためるベビーカーとして、ギネス(2015年11月現在)に認定されている「Pockit Storller」。ほんの一瞬で、カバンの中に...
車椅子を利用するパパやママでも使いやすいベビーカー。夢のような話が、アメリカで実現しそうです。しかも、このユニバーサルデザインを考案したのは、なんと16歳...
安全性を重視してつくられている「ベビーカー」は、子どもが成長するにつれて、少しずつ「お荷物」になってくるものです。行動範囲が限られたり、窮屈だったり…。そ...
手の平に収まる程度のキューブ、小さなカメラに、薄いひし形のデバイス・・・実はこれ、世界最小クラスのIoTホームセキュリティシステム『Cube(キューブ)』...
どんな使用感か、早速画像で見てみましょう。サイズは16.8cmx6.6cm(高さx直径)。重さは500g。これは、500mlの缶ジュースと比較するとほぼ同...
エネルギー資源の浪費を抑えた、環境にやさしい持続可能な暮らし方。今や現代人の共通言語として定着した感がある。モノを所有せず、シンプルに暮らす「ミニマリスト...
そのサイズ、わずか2.2cm×2.2cm!重さはたったの7グラム!驚異的にスリムなミニドローン「SKEYE Pico Drone」がとにかく凄いんです。め...
コーヒーとドーナツを手にした男性2人が、路上に座り込んで朝から談笑しているこの写真。見たまんまですが、注目して欲しいのは彼らが腰を下ろしている場所。脇すれ...
スマホサイズのコンパクトさ。太陽光で充電できるため、コードレスですっきり。こんな間接照明、待ってた人も多いのでは?この「Ellum Solar」は、なんと...
キャビンアテンダントが機内食や飲み物を運んでくる際に使用する、あの「機内用トロリー」が、意外に使い勝手がいいらしい。タフな外見をオシャレにカスタマイズでき...
空の旅、万一の際に備えてちゃんと見ておきたいところなのが「機内安全ビデオ」。だけど、あまりに単調な内容にほとんどの人が画面から目が離れてしまっているのが現...
音楽フェスの楽しみ方は人それぞれ。超ノリノリではしゃぐのも良いし、静かに音楽を楽しむのも良い。今回紹介する男性の場合は、こうだ。  頭を振りすぎて脳震盪を...
何がすごいって単純に美しすぎるんです。まずは、どんなカップルのデートなの?というところからですが、写真を見れば一目瞭然。誰がどう見たって美男美女のモデルカ...
4人の子どもを女手ひとつで育てることになった母親のカーラさんは、家族で移り住むための新居を探していました。しかし、広い家は高すぎて買えないし、手が届く価格...
とても不思議で、とても自由なフェスだった。フェスなのに、中心がない。ステージもなければ、売店もない。木で組まれた大きな不死鳥がシンボルのように浜辺に立って...
例えば、もしあなたが喧噪とした今の生活を離れて、島で暮らすとしたらどうだろう? そんな夢想をしたことがあるだろうか?「島」ということばを聞くと、無性に心が...
「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...
毎年8月に、スコットランドの首都エディンバラで行なわれるフェス「Royal Edinburgh Military Tattoo 2015」。1950年から...
夏はもうすぐそこまで来ているし、野外フェスのシーズンはもう始まっている。ライターのChris Riotta氏は「ELITE DAILY」で、音楽フェスが人...
日本語の「もったいない」の精神は、今や世界中で意識されるものになりつつあります。農林水産相によれば、世界で毎年13億トンもの食料が廃棄され、これは生産量の...