交渉力を今すぐ上げる「6つの方法」

日本でも大ヒットした書籍『影響力の武器』。この著者であるロバート・B・チャルディーニ教授と対談しながら、交渉する上で大切なスキルをまとめたVal Wright氏。
自身も会社を経営している彼女が、米メディア「Inc.」にまとめたその方法論を紹介していきましょう。

01.
自分のことを
頭がいいと思わない

145308610 (1)

もし自分が一番頭がキレている思っていたら、他人のことをバカにしてしまうかもしれません。
どうせ的外れだと思うのではなく、人の意見には耳を傾けましょう。他人の視点や考えを知るチャンスでもあります。

02.
何をすべきか分かっていても
意見を聞く

332288498

リーダーになると、助言を求めない人が増えがち。ですが、何をすべきか分かっていたとしても、他人の意見は聞くように。
これは共感を得るためだけではなく、さまざまなアイデアを知ることにも繋がります。たくさんの考えを元に、自分が進むべき道を決めるのです。

03.
助けを求めずに
アドバイスを求める

86796391 (1)

協力をお願いするよりも、アドバイスを求めましょう。実際、その方が力になりたくなるもの。相手は嬉しい気持ちになり、さらに親身になってくれるはず。

04.
分かりやすく
明快なメッセージを伝える

_274821560

従業員や投資家、または顧客など、どんな人と話す時にも効果的なコミュニケーションツール。それは、繰り返しやすく覚えやすいメッセージをつくること。
例えば、「急成長するためには、3つのビジネスモデルが必要。それは、1.○○、2.○○…」と言ったように。分かりやすく簡潔な方が、より説得力が増します。

05.
「500万回、10万人」など
具体的な数字を使う

194848121

例えば、「この動画はたくさん見られています」というより、「再生回数が、500万回以上を超えるほど話題沸騰」と言った方が、より説得力が増します。
実際、チャルディーニ教授は本の売り上げが50万部を超えたら、数字入りのブックカバーに変えていたそう。人は、他人が好きなものを求める傾向にあるのです。

06.
説得する前に
相手をある状況に追い込む

329433761

チャルディーニ教授が、人を説得する上で大切にしていたこと。それは、決断を促す前に事前に相手をある状況に追い込むことです。これを彼は、前説得と呼んでいます。
何かを頼む前に、そうせざるを得ない状況を作ることで、自分の要求を聞いてもらいやすくなるのです。これは資金援助を受ける時でも、会議で話を進める時でも有効。

Licensed material used with permission by Inc / Val Wright's twitter / Inc's twitter

日本の文化としてはあまり馴染みがない「給与交渉」。やってみたいとは思っても、なかなか勇気がいるものです。でも「Make It Cheaper」の記事を参考...
ここに紹介するのは、Appleの元CEOスティーブ・ジョブズが、世界初のiPad発売発表を目前に控え、電子書籍の販売契約を巡って大手出版社HarperCo...
ベンチャー起業家は投資家への交渉にエレベーターを使っていた。扉が閉まり、もう一度開くまでの約10秒間でアイデアを売り込む。シリコンバレーでは「エレベーター...
仕事に恋愛、友人との付き合いなど、生活するためには他者との関わりは避けて通れないもの。ところが実際には人間関係がうまくいかず、自分の思い通りに物事が運ばな...
海外で働くためには、まず語学!そう思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、大切なのは、日本と外国におけるコミュニケーションの考え方の違いを知ってお...
普段通り生活していたって、誰にでもピンチは訪れる。ビジネスの場であったり、恋人とのケンカであったり、状況は様々だろうが、そんな場面では「言い換え術」がもの...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
自分の生き方や仕事のやり方に迷いを感じる時。ビジネスの世界で成功している人たちの言葉が、支えとなることも多いのではないでしょうか。ビジネス系メディア「En...
仕事中に気が入らずダラダラしたり、昼寝をしたり、SNSをチェックしたり。それって、どうやら労働時間に問題があるのかも。つまり、長すぎて体力も精神ももたない...
あなたは今、どんな会社で働いていますか。価値観が多様化している現代では、人の数だけ性格があるのと同じように、会社の数だけカルチャーがあります。会社も社員も...
「飛び込み100件!」と命令すれば、(パワハラかよ)と部下は腹の中で毒づく。では、どうすればいいか。「キミたちなら、飛び込み営業は何件までできるだろうか...
世の中には沢山の「成功法則」に関する書籍がある。そこには多くのポジティブワードが散りばめられている。「常に笑顔」、「楽観的になる」「大きな声で挨拶する」、...
禿げ上がった頭は権力やリーダーシップの象徴?それを実証する研究がさかんに行われているアメリカでは、おおよそ13%の男性がシェイブドヘッド(日本でいうスキン...
「Elite Daily」でライターのPaul Hudson氏が、このサインがでたら、今すぐ仕事を辞めるべきといった記事を書いています。ここで紹介するのは...
どうすれば人を動かすことができるのか。それには「言い換え」がものを言う。人は言い方を換えれば、コロッと納得させられてしまうものなのだ。ここでは人を動かすた...
「アイデアに価値はない。それを実行できてはじめて価値になる」。そう言い切るのは、Google CEOのラリー・ペイジ。起業家のジェームス・アルトゥーカー氏...
創業から10年で年商10億ドルを達成した企業のCEOと聞いたら、どんな生活を思い浮かべるだろう?高級スポーツカーにプライベートジェット、美しいモデルや億単...
成功している人たちには、絶対に守っている独自の習慣があります。体に染みつき、それをすることが当たり前になっていること。ここで紹介するのは「Inc」のライタ...
毎日同じ時間の通勤電車に揺られ、同じオフィスで、パソコンに向かって仕事をする。私たちの日常として染みついている流れかもしれません。しかし、価値観が多様化し...
何か突発的なことが起きた時の対処だけではなく、私達の日常生活は瞬間的にAをとるかBをとるかという選択の連続です。同じ努力をしていても、成功する人とうまくい...