【※要注意】ボディタッチの許容範囲は人間関係によってこんなに違った

コミュニケーションにおける、勘違いポイントのひとつがボディタッチ。さり気なくサラッと決められてしまうと、嫌とも思わないのに、ぎこちなさが体温を通して伝わってくるような人だと…、もう悲劇でしかない。
では、他人が自分の体に触れてもOKなのは、いったいどこまで?さらにどの部位だったら許せる?こんなことを、大マジメに調査している研究グループがある。

恋人から見知らぬ他人まで
タッチOKはここまで!

screen_shot_2015-10-27_at_10.29.53_am

英オックスフォード大学とフィンランドにあるアールト大学の研究者は、欧州5カ国(イギリス、フィンランド、フランス、ロシア、イタリア)のべ1,368人を対象にこんな実験を行った。体の特定の部分を他人に触られた場合、誰に、どこまでだったら不快に思わずに触らせることができるか、許容限界エリアを探ろうというものだ。

上の図は、被験者らによる許容範囲を色で識別したもの。体の前と後ろ、自分が触られても平気だと思う部位を「白」、触られたくないと思う場所ほど「赤」で示している。さらに、誰にならタッチを許すかを、男女合わせて15パターンの人々に細分化(恋人、女友達、男友達、母、父、兄弟、叔母、叔父、いとこ、黙認、見知らぬ人)して、人間関係を図式化した。
研究者らは、これらの情報を集計してマッピングを実施。こうして、恋人以外には誰にも触れさせたくない領域(タブーゾーン)を含む、タッチされてもギリギリOKなパーツが解明された。

タッチの許容範囲は
人間関係の深さに比例

_000052028838_Medium

では、実際どこまで許されるのか確認していこう。親密な関係性にある恋人同士は、心ばかりか体の許容範囲も当然ながら広く、マップ上もほぼ真っ白。いっぽう、見ず知らずの他人は、全身がどす黒く染まり、胸元から膝上にかけてタブーゾーンが広がっているのが分かる。両手のひらだけが、異様に白いのも特徴的だ。

「人々がタッチを許せるのは、自分との社会的つながりの親密さ如何ということがこの結果から判断できると思います」

ボディコンタクトは、親密に触れ合うことによって生じた喜びにも起因していると、研究を指揮したアールト大学の神経科学者Juulia Suvilehto氏は、「Popular Science」に述べている。体の特定のエリアを触られることで喜びを感じると、別の人から同じ部分を触られることも、許容しやすくなることがこのマッピングが証明している事実なのかもしれない。
かたや、社会的関係における非言語コミュニケーションが強調された、ヨーロッパ文化の多様性だと報じるメディアも。人が触れることを許可されている身体領域が大きい程、自分にとって社会的関係性、もしくは結びつきが強い人だと言えそうだ。

ボディコンタクトに
不慣れな日本人はご用心

Woman feeling uncomfortable at work

さて、この調査が実施された5カ国は、ボディコンタクトが比較的多めの国々を抽出し、文化圏の違いも加味して選ばれている。これを日本人に当てはめて考えようとすれば、許容範囲はぐんと狭まるに違いない。そこだけはきちんと理解しておかないと…結果は、火を見るよりも明らかだろう。

Reference:Popular Science , Science Daily , Neuroscience News
Licensed material used with permission by Juulia Suvilehto / Aalto University

ちょっと親しい関係になると、気軽にボディタッチしてくる男性っていますよね。特に、肩の部分は触られやすいようで、軽くポンと叩くこともあれば、じっと手を置かれ...
およそノーマルな男性なら、大抵の女性からのボディタッチを嫌がることは無いはずです。そんな男性の気持ちを上手につかんでボディタッチをすれば、様々な効果が期待...
二の腕へのボディタッチには、いったいどのような男性心理が隠れているのでしょうか。ちょっと下心があるのが本音ではないでしょうか。その触れ方や過程、時期などか...
肩や背中に気軽にボディタッチする男性は多くいますが、それが腰となるとやはり遠慮してしまうのが普通です。しかし、中にはなぜか当然のように手を伸ばしてくる男性...
右の画像、一見イラストのように見えますが、じつはボディペインティングでコスプレした女性の姿。彼女のInstagramにアップされたアメコミらしさ満点の“動...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
世界でもっとも華やかなボディペイントを決める国際大会「The World Bodypainting Festival」が、6月の終わりから7月にかけて開催...
夕暮れ迫るローマ・コロッセオ。が、どこかに違和感を覚えた人もいるでしょう。もう一度、じっと写真に目をやると…どうです?見えちゃいけないものが見えてきたでし...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
複雑な人間関係ーー。自分に本当に必要な人と、そうでない人間がいるとライターPaul Hudson氏は豪語する。もしも、彼の主張するような“関係を見直すべき...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
人間の感情や、心理学に関する本を14冊も書いている作家のRobert Augustus Masters氏。彼が書いたセックス以外に恋人との関係を近づける7...
三浦将さんの著書『相手を変える習慣力』では、「部下の考えていることが分からない」「結婚していた当初のように夫婦関係を良好にしたい」と、人間関係がうまくいか...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
くだらないことで笑い合ったり、つらいときはそばにいてくれたり、そんな「親友」と呼べる存在はかけがえのないものです。しかし、友だちにはさまざまなタイプがいま...
確かに、ボディの一部に木を用いたヘッドホンはこれまでにもありました。が、ここで紹介する「Konohazuk H3」は、ボディ全体が国産ブナ材で形作られたも...
いつも誰にでもニコニコしていて「愛想の良い人」は、一見すごく人付き合いがうまそうに見えます。でも、その笑顔のウラには「人に嫌われたくない」という恐怖や不安...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
「嫌われるのが怖くて本音が言えない」「周りから距離を置かれている気がする」。こういった人間関係の悩みをなかなか解決できずに悶々としている人は多いことでしょ...