「涙の出ない玉ねぎ」を日本の食品メーカーが開発

玉ねぎを切ると、涙が出てくるのは周知の事実。では、みなさんはそれをどう回避していますか?「包丁と玉ねぎをよく冷やしておく」「割り箸を口にくわえる」など、“おばあちゃんの知恵袋”的な情報は、たくさん世に出回っていますよね。
でも、そんな裏ワザすら超越した「涙の出ない玉ねぎ」が開発された模様です!

調理の手軽さに加え、
“本来の栄養”も摂取できる!

Chef cutting the onions on a wooden board

ハウス食品が新たに開発した「スマイルボール」は、辛みがなく切っても涙が出ない、まったく新しい玉ねぎ。水にさらす必要も、栄養成分の流出を気にする必要もありません。

商品名の由来はいたってシンプル。「涙を流さなくなることで、全てのお客様が笑顔になる新しいタマネギでありたい。これまでのタマネギにとらわれず、新しい食べ方や食シーンをお客様と一緒に(キャッチボールをしながら)創造できるタマネギでありたい」という想いを込めた、と同社は発表しています。

開発のきっかけは
レトルトカレー!?

a Bowl of Green Thai Curry

なぜ、“新種の玉ねぎ”をハウス食品が開発したの?と疑問に思う人もいるでしょう。そんなみなさんのために、同社のニュースリリースから経緯の一部を抜粋しましょう。

【1990年代~】レトルトカレーの製造時にタマネギとニンニクを炒めると 緑色に変色してしまう現象(緑変現象)が起こることがあり、製造工程のロスを削減するために原因の解明・解決の研究を始める。この研究の過程で、タマネギが涙のでる成分を作るためには、それまでに唱えられていた定説では説明できないことに気づく。【2002年】催涙成分合成酵素(lachrymatory factor synthase:LFS、涙の出る成分を作り出す化学反応を起こす酵素)の発見。催涙成分ができるには、アリイナーゼとLFSが必要なことを発表(『Nature』掲載)。

つまり、同社の看板商品の一つである、レトルトカレーの製造工程の合理化を目指したことが、結果的に、涙の出ない玉ねぎの開発につながったという背景があったのです。

2013年には
“イグノーベル賞”を受賞

000006727093_Medium

2013年には、2002年の『Nature』論文により、ノーベル賞のパロディであるイグノーベル賞を受賞。「タマネギが人を泣かせる生化学的なプロセスは、科学者が考えていたより複雑であることを、明らかにした」ことが受賞理由。

それまでは玉ねぎを切ることで外に出る「硫化アリル」が涙の理由とされていましたが、ここで初めてLFSが肝であることが明らかになりました。同じように「硫化アリル」を含むニラやにんにくを切っても涙が出ないのは、このLFSと結合していなかったから、というわけだったのですね。

なお、このスマイルボールは、伊勢丹新宿店および、有機野菜などの食材宅配ネットスーパーを展開している「Oisix」で販売中。価格は中玉2個(約400グラム)で450円(税別)。水にさらさず、厚切りのままサラダに使うのがオススメなのだそう!

Reference:ハウス食品株式会社

カレーやオニオングラタンスープなどを専門店の味に近づけるには、玉ねぎを飴色に炒めて、香味と甘味を引き出すことがポイントです。しかし、そこまで炒めるには時間...
あなたが涙を流すのは、どんなときでしょうか。嬉し涙もあるでしょうし、抱えている悲しみやつらさが極限に達して、こらえきれないとき、ここで泣くのはイヤだとぐっ...
豊かな自然と温暖な気候が魅力の淡路島。ご存知の通り、甘くて柔らかい「玉ねぎ」が有名な、瀬戸内海最大の島です。実はいま、そんな特産品を使った「淡路島カレー」...
無意識に「泣くこと」を、我慢したり避けたりしていませんか?「Elite Daily」の女性ライター、Candice Jaliliさんも、そんな涙を見せるの...
「男は泣くものじゃない」男女平等とは言っても、長い間に培われた文化は、なかなか消えないもの。自分の中にもそんな思い込み、ありませんか?写真家のMaud F...
突然ですが、どんな方法で玉ねぎのみじん切りに挑んでいますか?ただでさえ目にしみるうえに、ちっともパラパラ「みじん」にならない人へ。ライターChris Wu...
夢の中の自分が泣いていた…。何か不幸の予感のように思えますよね。ところが、実際はその逆でなく夢は「吉夢」、つまり幸運の予兆。夢の中の涙の意味を解明していき...
ドライフルーツやグラノーラなどトッピングは充実しているものの、ヨーグルトにかけるものといえば、せいぜいフルーツソースかはちみつくらい。よもや、「醤油」とい...
ドイツのインターフェイスデザイナー、シモーネ・シュラムさんが開発したのは、ストレスレベルが目に見える「ボール」。センサーによって皮膚から情報を得て心理的な...
男性も女性も、タイミングは違えど薄毛や髪質に悩む時期はあるもの。オーガニックなライフスタイル情報を扱うwebサイト「Simple Organic Life...
BBQをただ焼くだけでは芸がない。でも、凝った料理は難しい…。というような場面で活躍必至の一品を紹介します。用意するのはベーコンと玉ねぎだけ。本場アメリカ...
静岡県で農家を営む小池誠さんは、Googleがオープンソースとして公開した機械学習ライブラリ「TensorFlow」 をつかって、きゅうりの仕分け機を開発...
涙には、ストレスを体から追い出す効果があります。ストレスを溜め込むと病気の原因にもなるので、その効果は絶大なんです。涙についての研究を進める神経科学者、ウ...
「都会は建物がひしめき合って、窮屈。部屋は狭いし、普段の生活の中で空を見上げる機会なんてほとんどない」。自身のHPでそう述べるのは、アルゼンチンの建築家A...
「iBot」は、大きな2つの車輪が縦並びにトランスフォームする電動車イス。動画を見てみましょう。そのほか、階段を登れるところが大きな車輪と優秀なバランス調...
いつも、側で支えてくれるお母さん。喧嘩をするときもあるけれど、それは私たちのことを思ってくれているから…。お母さんにはずっと元気で笑っていてほしい。だから...
「はじめに、君たちに言っておきたいことがある。『ギリシャといえば、青い海、白亜の神殿!』なんてイメージは幻想だ。古代ギリシャ人は海をワイン色と表現する。そ...
クイーンズ大学ベルファストの科学者達が、汗をかけばかくほどいい香りを発する、という画期的な香水を開発したようです!湿気や水分と接するほどいい香りになるのだ...
東京大学の研究グループが、表面温度の分布を測定する、薄くてしなやかなプラスチック製の温度センサーを開発した。人体に直接貼り付ける超薄型の温時計なんていうの...
NASAとミシガン大学の共同開発により、自然治癒する「壁」が開発されました。まるでSFのような話ですが、蓋を開けてみるとその構造はとてもシンプル。ポリマー...