声が小さい原因と改善方法

声が小さいことで損をしたり、コンプレックスに感じている人は多いことでしょう。
声が小さいことには大きく分けて身体的な要因と、精神的な要因とがあります。声が小さいことの原因となるこのふたつの要因について、そしてその改善方法までをまとめてみました。

声が小さいことの身体的な原因と改善方法

女性

声が小さいことの身体的原因にもいろいろあります。

そのほとんどが日常生活の中で、ほんの少し気を付けるだけで改善できるものです。

声が小さいということはコンプレックスでも何でもありませんし、容易に改善できるものです。

声の大きさは口の広げ方に比例します

声が小さい人は口をあまり開かないで話す人が多いようです。
とすれば、その改善方法は難しくありません。

毎朝、鏡の前で口を大きく開けて発声練習をしましょう。
「アエイウエオアオ」、「カケキクケコカコ」、「トウキョウトッキョキョカキョク」、これだけで改善できます。

姿勢を正すことで声の通りはよくなる

男性

声が小さな人でも、声の通りの良い人がいます。
声の通りの良い人というのは、姿勢の良い人、また通りの良い声というのは大きく聞こえるものです。

ご自分の声が小さいとお悩みの方は、もしかしたら猫背気味ではないでしょうか?
もしそれが原因だとしたら、ほんの少し胸を張るだけで、声の通りは良くなり、大きな声に聞こえるようになります。

大声のつもりでも聴こえていない場合

声が小さい人は大声で話しているつもりでも相手の方に聴こえていない場合、耳の疾患の可能性があります。

自分の声が大きく聞こえる、常に耳栓をしているように感じる耳管開放症という病気があります。
激しい運動、自律神経異常や中耳炎を原因としたり、大きな音の出る環境にいると発症しやすい病気です。

心当たりがあれば、すぐにでも耳鼻科への受診をお勧めします。
病気が原因ということが分かれば、その治療に専念することが何よりの改善方法です。

声が小さいことの精神的原因と改善方法

医師

声が小さいことには身体的原因だけでなく、精神的なコンプレックスやトラウマ、また性格的な原因もあります。

この場合、それぞれと向き合い専門家の助言を仰いだり、焦らずに心をケアしていくことが何よりの改善方法となります。

コンプレックスやトラウマを原因とする小声

吃音(どもり)をコンプレックスとして声が小さい場合には吃音であることを隠さずに、ゆっくりと抑揚をつけながら話すと自然と改善されていきます。

話すということに自信を持たせることが大切です。
またあるトラウマを原因としている場合の改善方法は、トラウマそのものに向き合う勇気が必要になります。

医師やカウンセラー、親身になってくれる友人・家族への相談というのが重要です。誰かに話すことでトラウマから解き放たれます。

あがり症や対人恐怖症を原因とする小声

医師

あがり症や対人恐怖症などは自意識過剰によります。
これらが声が小さいことの原因であるケースも非常に多く改善方法も様々です。

克服するためには時間を要し、カウンセラーや医師への相談も必要です。
ただし、自意識というのは誰でもあります。
職場で新人だった頃には自信もなく声も小さかった方も、経験にもまれ後輩に慕われるようになるにつれ、緊張する暇もなくなり、大きな声で発言してしまうこともあるのです。
自意識過剰な方は繊細な方が多いので、経験を積んでいくことで変わることができます。

声が小さいということの改善方法は原因さえ特定できれば、難しいことではありません。
すぐに改善できなかったとしても気に病むことなく、まずはしっかりと原因を特定していくことから始めてみましょう。

自分の思ったことをなかなか言えない内向的な性格。内気な性格の方の中には、自分の意見をまっすぐに言える人のことをうらやましく思ったことがある方も少なくないで...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
母親がやさしく語りかける声が、子どもの脳の発達に大きく貢献している。こんな研究結果がアメリカで発表されました。「CNN」や「TIME」、「Daily Ma...
根暗とは根っこが暗い、つまりどうしてもネガティブにものごとを考えてしまう性格のことを言います。あまりにも根暗が進行してしまうと、なにごとにおいても積極的に...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
家族や恋人、友人たちが盛り上がっているときに、自分だけテンションが低いまま。そのせいで「冷めてるね」とよく言われるけれど、本当はそんな冷めた性格、直したい...
そろそろ夏も終わりですが、季節の変わり目には「偏頭痛」に悩まされる人が多いといいます。デスクワークも多く、スマホやタブレットと対峙する時間も長く、なにかと...
人間はさまざまな理由により、他の人を信じられない人間不信に陥ってしまうことがあります。きっかけは些細なことから、とても重大なことまでさまざまですが、人を信...
素敵な女性を見て「自分には高嶺の花だなぁ」とため息をついたことはありませんか?美人だったり、仕事ができるエリートだったりすると「オレなんかじゃ無理か…」と...
気温もグンと下がることもあり、これからの季節に多い悩みのひとつが「肩こり」です。1年通して症状がありそうなイメージですが、とくに冬は寒さの影響で、筋肉が凝...
これは、バンクーバーで教師を務めながら、フリーランスライターとして活躍する、Natalie Virginia Langが書いた記事。自分らしく生きるために...
街中の電話ボックスや、木の枝にかかる小さな小屋、子ども部屋のような小さな木のおうち。こういったミニサイズの貸出図書館を、世界のあらゆる場所で見かけるように...
一般的に「抜け毛」と聞くと、男性特有の悩みのように思えます…が、女性にだってそのリスクはあるようです。「Little Things」にライターAngel ...
列車のダイヤに遅れが生じる原因はさまざま。でも、よもやカメがその一因となることがあろうとは。想像できませんよね?西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)とて同...
猫背が癖になってしまい、貧相に見えると周りから注意されがち…。そんな悩みを解決してくれるかもしれない、姿勢矯正ガジェット「UpRight」を紹介します。1...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
もともとせっかちな性格で、なんだか自分は損をしていると感じることはありませんか。もし、自分でも変わりたいと思っているのであれば、できることから順番に試して...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
日本では子どもにピアスって、賛否両論あるものです。それが産まれたての赤ちゃんの話だったら尚更。ファッション・アイコンとしての赤ちゃんピアスはなぜダメなんで...