自身の「心の声」に耳を傾ける方法10通り

「あなたが本当に好きなことは何ですか?」 初対面などでよく聞かれるこの質問に自信を持って回答できる人って、意外と少ないのでは?

その答えが分からないのなら、ライターLaura Caseley氏が「LittleThings」にまとめた内容をチェックしてみるといいかもしれません。もしかすると、今まで気付かなかった、秘めたる情熱や才能が花開くかも!?

01.
何に興味を持っているかを
理解しよう!

findingyourcalling_850px_5-600x600

たとえば、SF映画が好きな自分に気づいていますか?もしくは、名残惜しそうにヨガのパンフレットを眺めている自分をどう思いますか?会議中にふと、落書きしたりしていませんか?

行動が何であれ、それらがあなたが自然に感じている「関心事」なのです。なので、それを少し深く掘り下げましょう。SF映画をチェックしたり、ヨガのクラスを受講したり、その落書きを最後まで完成させましょう。

02.
過去を振り返ってみよう

findingyourcalling_850px_10-600x600

幼い頃、何に対して楽しみを感じていましたか?どんな未来を夢見て生きてきましたか?何があなたの好奇心を満たしたのでしょうか?

できる限り多くの事を思い出してみてください。おそらく、いくつかのことには満足しているかもしれませんが、忘れ去られているものもあるはず。まだ興味を持っているものは何か、できるだけ多く書き出してみてください。

03.
未来については
まったく気にしない

findingyourcalling_850px_9-600x600

満たされるため、または幸せになるために、それらをどのように手に入れるかを心配しても、何もいいことはありません。まず、「現在」に焦点を当てましょう。今やろうとしていることにフォーカスし、好きなものを探求するのです。

自分自身にあまりにも多くのプレッシャーをかけると、あなたは何も好きにはなれません。

04.
新しいことを始める時
どう感じる?

findingyourcalling_850px_8-600x600

何か新しいことを始める。そのような時、あなたはどのように感じますか?

もし興味を感じず、雑用のように感じているなら、それはあなたが探していたものではありません。それはそれでいいのです。全てがあなたに適しているわけではないのですから。

05.
「継続していること」を
認識する

findingyourcalling_850px_7-600x600

もしあなたが、何か定期的にやり続けていることがあるのなら、それはあなたにとって有意義なものだということです。

06.
いつものルーティーンを
変えてみる

findingyourcalling_850px_4-600x600

ルーティーンにとらわれてしまうと、クリエイティビティーを台無しにしてしまいます。なぜならあなたは、機械のように行動してしまうから。

環境を変化させることで、あなたはきっと自分自身がこれまでとは違う思考になることに気が付くはずです。異なる環境の中で、今までは起こらなかった自分自身の変化を感じるかもしれません。

07.
なんでも新しいことに挑戦!

findingyourcalling_850px_3-600x600

いろいろなことに挑戦してみなければ、好きなものと嫌いなものを知ることはできません。何かに興味があるのなら、実際にトライしてみましょう。うまくいかない場合、自分がそれに合わないことがわかるはずです。

08.
まずは「イエス」と
言ってみよう

findingyourcalling_850px_2-600x600

新たな機会を敬遠するのは簡単。でも、そうしていては、あなたは永遠にそこに何があるかを知ることはできないのです。もし好きになれない場合でも、少なくとも話のネタにはなるでしょう?

09.
他人の夢を追わないで

findingyourcalling_850px_6-600x600

もしかしたらあなたの両親は、あなたに彼らの足跡をたどってほしかったかもしれません。もしかしたらあなたの親友は、小学5年生の時のモノマネが、あなたの歌手としての将来の兆候だったと思うかもしれません。でも、これらの目標があなたの興味を引かない場合には、決して無理をしないでください。

人生はあなたのものです。他の誰のものでもありません。

10.
自身の興味を
ゆっくりと見つけよう

findingyourcalling_850px_1-600x600

情熱を見つけ出すことはそう簡単ではありません。自分に合ったものを見つけるためには、多くの時間と反省、そして試行錯誤が必要です。あなたが何で満たされ、幸せになれるかを知るために、時間を費やしましょう。

Licensed material used with permission by LittleThings

これは、バンクーバーで教師を務めながら、フリーランスライターとして活躍する、Natalie Virginia Langが書いた記事。自分らしく生きるために...
001.フライフィッシング―僕のライフスタイルをデザインする上で欠かせないものニュージーランドの原生林に囲まれた湖畔の自宅で仕事をする四角さん(Photo...
声が小さいことで損をしたり、コンプレックスに感じている人は多いことでしょう。声が小さいことには大きく分けて身体的な要因と、精神的な要因とがあります。声が小...
他人との約束が重要なのは、誰でも理解していること。でも、自分自身との約束はどうかというと…多くの人にとって盲点ではないでしょうか。「Power of Po...
世界的に見ても「影響力がある」と評価された思想家や指導者の多くは、敬意と中傷、その両方を併せ持っているものです。「和尚:OSHO」ことバグワン・シュリ・ラ...
人との円滑なコミュニケーションが取れるということは、私生活だけでなくビジネスの面でもとても重要です。では実際にどうすればコミュニケーション能力を鍛えること...
「Elite Daily」に寄稿する女性ライターBrittney Kniesさんは、30代の頃に2度ほど真剣な交際を経験したものの、その両方がお金の問題で...
ついこの前2017年になったばかりかと思ったのに、もう4月。新年に立てた目標も、いつのまにか春がきて…と、時間が過ぎるのは本当に早いですよね。時間は刻一刻...
「しあわせ」が、どこか遠くにあるものだと思っていませんか?大切なのは、まず考え方を変えることです。「Elite Daily」の人気ライターPaul Hud...
「Elite Daily」のライターAlexia LaFata氏は、著名な心理学者が提唱する心の知能指数(EQ)を向上させる方法を紹介しています。憧れのあ...
「自分の道は自分で切り開く」シンプルでありながら合理的な概念。ブッダの言葉が、現代人にも広く受け入れられる理由は、まさにそこ。「Higher Perspe...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
「I Heart Intelligence」より紹介するこの30の質問は、アナタ自身への問いかけです。だけど、そもそも答えが用意されているようなものじゃな...
ふとしたときに故郷にいる親のことが思い浮かび、そろそろ親孝行をしたいなぁと思う人も多いのでは?高級車を買う、ブランド品を買うなど、何も親孝行のために肩肘を...
人生には辛いことや苦しいことがつきもの。それを乗り越えることが大事とわかっていても、ついつい言い訳をして逃げてしまうことも。例えば、こんなセリフを知らず知...
無意識のうちに他人に期待してしまうことは、誰にだってあること。「I Heart Intelligence」に掲載されたこの記事には、きっとあなたにも心当た...
人生、楽しめていますか?隣の芝は青く見えていませんか?たとえ、そう見えたとしても、そこにはその人なりの努力があるものです。 では、どう努力すればいいのでし...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
「一般的にはこう」と決められているような事柄を、一歩引いた視点で見つめ直し、考えを正す。その結果、人生がより充実する、なんてこともあるでしょう。「Thou...
発明家トーマス・エジソン。彼の失敗についての考え方はとても有名です。「失敗は積極的にしていきたい。なぜなら、それは成功と同じくらい貴重だからだ。失敗がなけ...