優しくて思いやりのある人が、心の奥で抱えている「5つの悩み」

自分の気持ちなんて、二の次。他の人のことがとにかく気になって仕方がない。心あたりのあるあなたは、ひょっとしたら「思いやりが強すぎる」かも?

そんなあなたのために、「Elite Daily」の女性ライターAlexia LaFataさんがまとめた、感受性が強くて他の人が気になりすぎてしまう人の特徴を紹介します。優しくしすぎて疲れてきたら、ひと休みするのもいいかもしれませんよ。

01.
人を傷つけてしまったとき
罪悪感に苛まれる

D07a541c643971874e06db963a1fa287873eda85

誰かのことを傷つけるなんて、もってのほか。相手の痛みを自分のことのように感じてしまうから、できるだけ人を傷つけないように毎日気を配っています。

「こんなことを言ったら相手はどう思うかな、傷つかないかな」と、一つひとつの発言に細心の注意を払っています。

もしうっかり傷つけてしまおうものなら、罪悪感で心がいっぱい。悲しさから立ち直れなくなります。

02.
みんなの居心地が悪いのは
自分の責任だと思う

大勢で一緒にいるとき、誰かが変なことをしたり居心地悪そうにしていると、その人の気分が良くなるように尽くします。どうしてもそうせずにはいられないのです。

そんなの疲れるんじゃないかって?もちろん、本当は毎回ヘトヘトです。でも周りの人が気まずい思いをするよりはマシ。人の顔色を伺うのは得意だから、聞き上手でもあります。その人の顔を見れば、これ以上踏み込んだら不快にさせるな、ということがわかるんです。

03.
誰かが喜ぶなら
自分なんてどうでもいい

359c91aae73db442d19c0086f1a70717c08852e8

他の人のためなら、自分の欲しいものや望みを諦めるなんて日常茶飯事。徐々に欲しいものとか望むものなんて最初からなかったんじゃないか…そんな気さえしてきます。

だから友だちとゴハンに行くときも、お店は必ず相手の家のそば。自分にとって不便でも中間地点で会うとか、自宅に近いところで会うなんて考えません。もちろんメニューも相手の食べたいものに合わせますが、ちょっと困った癖でもあります。

04.
映画や小説で受けた影響を
しばらく引きずる

私がはじめて小説を読んで泣いたのは、小学六年生のとき。それ以来、活字にはとても心が動かされます。

またパソコンには「読んで泣いた」記事をたくさん集めたフォルダがあります。自分で集めておいて言うのもどうかと思いますが、これはミサイルのボタンみたいに危険。開いたら最後、涙の洪水です。

映画も同じように、感動しすぎて見られないものがたくさんあります。ときにはコメディで泣いてしまうことだってあるくらいです。

05.
細かいことを
気にしすぎる

0a926956471ee61898b4951d7c247617a0306527

周りの人が過ごしやすいように、いつも気を配っています。

ショッピングをするときは、邪魔にならないようにスッと端に寄って歩きます。電車に乗るときは、席を譲るべきお年寄りや妊婦さんがいないか目を光らせています。隣に大きい人が座ったときのために、できるだけスペースを取らないように座ります。仕事をしているときも、後ろを通る人の邪魔にならないように、限界まで机に椅子を近づけています。

あまりにも感受性が豊かすぎると、確かにちょっと大変。でも、誰かのためになるのなら、それでもいいかもって自分に言い聞かせています。

Licensed material used with permission by Elite Daily
人はいろいろな問題を抱えて人生を歩んでいます。しかしそれらは、心理学を使えばすべて解決できる、とビジネス心理研究家の神岡真司さんは言います。ここでは彼の著...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
無意識のうちに他人に期待してしまうことは、誰にだってあること。「I Heart Intelligence」に掲載されたこの記事には、きっとあなたにも心当た...
人は当然思いやりがある生き物ですが、日常的なストレスによってうまく人に優しくできないこともあります。そんな時のために"親切にするメリット"を紹介します。こ...
何かと疲れる、年末年始。ちょっとささくれだった気持ちになりやすいけど、そんなときはちょっと立ち止まって漫画に触れてみるのはいかがでしょう。ニューヨークを拠...
「Elite Daily」の女性ライターZara Barrieさん。正直でストレートな内容が人気の彼女が今回執筆したのは、「セクシーな女性が抱える6つの悩...
世界的に見ても「影響力がある」と評価された思想家や指導者の多くは、敬意と中傷、その両方を併せ持っているものです。「和尚:OSHO」ことバグワン・シュリ・ラ...
まれに見る、ほんっとうに正直な女子。大人になるにつれて嘘がうまくなるというのはよくあることだから、しぐさも、口にする言葉もすべてがストレートな彼女たちに憧...
人生についていろいろ考えはじめちゃう、20代後半。確かに何歳のときでも悩みは尽きないんですが、とくに30歳になる前に知っておいてもらいたいことが「Elit...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
「とにかく、どこかに行きたい」。そんな思いを持ち続け、留学を決意した。少しでもコストを抑えよう、と選んだのがフィリピン。不安を抱えたまま始まった、フィリピ...
海外生活や移住、ノマドライフには憧れますが、親の都合で引っ越さなければならない子どもにとっては、悩みの種になることも。国内であれ海外であれ、別の文化圏に引...
2015年5月のこと。悩みを抱えている様子のTwitterユーザー@BrocaesarTVさんが、「ハリー・ポッター」シリーズの原作者である「J.K.ロー...
人生で大切にするべき「キーパーソン」。それは、どんな人なのでしょう?すでに自分の近くにいたとしても、案外気づくのは難しいのかもしれません。そこで、米メディ...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
自身の恋愛経験を元にアドバイスを送るのは、女性ライターのギギ・アングル。モヤモヤグルグルしたときには、サッパリした彼女の意見が心にスッと入ってくるかも。以...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
家族のもとで暮らし、安定した仕事に就き、休日は地元の友人に会う。たしかに、これもステキな人生ですが、果たしてあなたにとって「最高の人生」と言えるでしょうか...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
無意識のうちに、周囲から思いやりがない人だと思われるような行動や言動をしていませんか。そのような人にならないように、思いやりがない人に共通している心理状態...