大好きな人とのセックスで気をつけたい「5つのこと」

好きな異性とのセックスは幸せなことです。そんなセックスをより充実させるために気をつけていることはありますか? 男女の価値観の違いもあることでしょう。ここでは、気をつけたい5つのことをご紹介いたします。

1.基本はマナーをしっかり守ること

sex

セックスの前提として、男女共通で言えることは、最低限のマナーを守ることです。

エッチの前には、身体を清潔に保ち、匂いケアなどもしっかり行いましょう。気分が盛り上がっているときにパートナーから異臭が漂うと、一気に気持ちは萎えてしまう場合も。

また、避妊はセックスのマナーの基本です。まだ結婚できない、子供は育てられない、などの場合には、しっかり避妊を行うように気をつけてください。パートナーに任せっきりにはせずに男女共に気をつけることが大切です。

2.元カレ、元カノとの比較は絶対タブー

エッチの最中、事後などに、うっかり、元恋人と比較する発言が出る人もなかにはいます。

何か違うポイントがあるときに、良い意味でも悪い意味でも心の中で比較してしまうことは誰にでもあるもの。思いを声に出してしまうと、せっかくの気分だ台無しになることでしょう。

心が傷つき、次回からのセックスに影響が出る恐れもあります。他の人と比較されたことで、お互いを信頼する心が崩れてしまこともあるのです。もしも、良い意味だったとしても、比較しないように心がけてください。

3.自分を解放して、セックスを楽しむ

解放

エッチな行為は男女ともに羞恥心がつきものです。また、身体的なコンプレックスがあると心から楽しむことができないかもしれません。ですが、楽しめないセックスは快楽ではなく苦痛となってしまうことでしょう。

パートナーを信じて、自分の羞恥心を解き放つことも必要となってきます。心からセックスを楽しめるようにカップルで工夫することも大切です。

コンプレクスを隠したい場合には、できる限り部屋を暗くしてみるなど、カップルで話し合えば、解決策が見えてきます。パートナーを信じて思いっきり楽しんでください。

4.男女のセックスの価値観の違いを理解する

男女ではセックスに関する価値観が違うことがあります。女性は愛を確認するために、男性は性欲のはけ口にと、一般的にとらえがちです。男女では価値観が違うのだということを予め理解しておきましょう。

それぞれの価値観を認めて、男性はできるだけ、愛のささやきを重視し、女性は、できる限り男性の要求を満たせる努力をすることがセックスをお互い充実させるために必要なのかもしれません。

また、マンネリ防止も忘れずに。男性はセックスに飽きてくると刺激を他に求めることを考えることもあるでしょう。それこそが、男女の価値観の違いなのです。女性はセックスの度に新しい発見を探してみては?

5.大切なことは愛を伝えること

愛

セックスで大切なことは気持ちを確認し合うことです。好きな人とのセックスならなおさらでしょう。

女性は愛の確認をセックスに求めています。できる限りピロートークなどで女性には思いを伝えてください。女性も普段口にできない言葉でも彼に伝えてみる良い機会ですね。

また、男性は愛の証をセックスに行為に求めます。女性からも積極的にご奉仕するようにすると男性は喜ぶのです。お互いが価値観に合わせて愛を伝えるようにしてください。セックスの満足度がアップします。

好きな人とのセックスはできる限り愛を伝えながら、羞恥心を捨てて楽しむと良いでしょう。元恋人との比較には気をつけて!マナーを守れば、より、良いセックスになりますね。もしも、楽しめない理由があるなら、パートナーを信じて相談してみては?

ただの快楽の手段としてだけでなく、セックスは優秀なコミュニケーション手段なのです。あまり得意じゃないなと感じている人はこんな意見を考え方を参考にしてみては...
セックスの楽しみ方は人それぞれ。数え切れないほどのパターンがあります。でも、「Elite Daily」ライターのCaitlin Jill Anders氏に...
彼氏とのセックスレスに悩む女性はたくさんいます。きっかけは人それぞれですが、置かれた状況は同じと言えるでしょう。セックスの回数が多いのも悩みのタネになりま...
複数の人と同時に恋愛関係を築く。浮気とは一線を画す「ポリアモリー」という愛の概念に、アメリカで注目が集まりつつあります。「Elite Daily」が制作し...
セックスは、恋人との関係を心身ともに深めるだけでなく、免疫力を高めてストレスを解消し、長生きするための秘訣にもなるもの。ニュージーランド・カンタベリー大学...
赤裸々に自身の恋愛やセックス体験について語った記事が人気のライター、Gigi Engle。米メディア「Elite Daily」に掲載された彼女の記事を紹介...
どういうわけか、彼氏とセックスしたくない―。たまに、そう感じてしまうことはありませんか?きっとこの心境の背景には、これから説明する7つのことが関係している...
米メディア「Mic」に、掲載されたこの記事。かなり際どい内容です。なんせ、さまざまな人が各々のおばあちゃんから聞いた「セックスに関するアドバイス」をまとめ...
いまの恋人に満足はしているんだけど、ベッドではなかなか満たされないの…なんてお悩みの女性にぴったりの記事を書いたのは、女性ライターのCaitlyn And...
「とにかくすごかった!」と記憶に残っているあの人との夜の営み。その相手、もしかすると、獅子座の人ではありませんでしたか?実は、女性ライターIsis Nez...
人それぞれに個性があるように、セックスの方法だってさまざまです。同じ恋人とのセックスでも「毎回同じ」ということはないはずです。でも、その1つひとつに違いが...
聞きたくてもなかなか他人に聞けないのが、“性”に関する話題。でも、「YourTango」のこの記事には、女性ライターLindsay Tigar氏による赤裸...
愛し合うカップルなのであれば、相手のカラダが欲しくなるのは当たり前。でも、ストレスや慢性的な疲労、様々な刺激にさらされ続けている現代人、「そんな気分じゃな...
精神的にも若かった10代を経て、20代は大人へと成長していくもの。環境が大きく変わるこの時期は、誰にとっても刺激的でかけがえのない10年間でしょう。そして...
セックスセラピストの肩書を持つCyndi Darnell氏の意見は、「夜の営み」に悩むすべてのカップル必見。というのも、マンネリ化したり、義務的になってし...
ビジネスの先を見る洞察力。クライアントを落とすコミュニケーション術。相手の立場に立ってものごとを考察する能力など…。ビジネスにおいて必要とされるスキルは、...
「mindbodygreen」にインパクトのある記事が掲載されています。その内容は夫が別の女性とセックスすることを喜ぶ女性ライターGracie X氏の「複...
「VR元年」とも言われる2016年。そこには「Oculus Rift」や「PlayStation VR」の存在が大きく影響していますが、こういった新しいテ...
夫婦円満の秘訣は互いに「平等」であること。現代社会においては、夫が稼いで妻は内助の功に徹する、なんて構図の方が珍しいくらいです。じゃあ、掃除や洗濯、料理に...
「私がこの世で一番愛しているのはキスよ。セックスの素晴らしいプレリュードだから」と語るのは、「Elite Daily」の女性ライターZara Barrie...