【図解】長時間の座りっぱなし 実はこんなにカラダに悪かった・・・

長時間、座りっぱなしの姿勢が身体に悪影響を及ぼす。この考え方は、ここ数年トレンドになりつつあります。

LittleThings」ライターPhil Mutz氏が、医療メディアから集めた情報を見てください。一日中座っていることで、身体のあちこちに大変なことが…起こってもフシギじゃありません。

やっぱり、座りっぱなしは
身体によくなかった…

0000_Layer-Comp-111-600x600

「十分に体を動かすことができない。長時間、同じ姿勢で座リ続けていることは、身体に悪影響を及ぼします」

カンザス州立大学人間栄養学者のRichard Rosenkranz教授は、こう主張します。長時間座ることが、健康にどう影響を及ぼしているのか確認していきましょう。

01.
過剰なインスリン分泌が
がん細胞の増殖を促進

0001_Layer-Comp-212-600x600

座りっぱなしの悪影響、そのひとつは腸への負担です。「 Washington Post」は、国立がん研究所のデータを元に、座りっぱなしでいることが、結腸がん、乳がん、および子宮内膜がんを発症するリスクが高まることを紹介しています。どうやら、過剰なインスリンががん細胞の働きを活発にするんだとか。
身体を動かすことで、自然と体内の抗酸化作用を高めていきます。がん細胞の働きを弱めることも?

02.
背中への圧力。
これが、腰痛の原因

0003_Layer-Comp-412-600x600

当然のことながら、長時間座ったままでは腰に痛みがきます。原因は、座位は立っているよりも背中への圧力がかかるから。パソコンの前で背中を丸めて座っている。これは一番良くない状態だ、と自然健康医療の第一人者、Joseph Mercola博士は警鐘を鳴らします。
背中に痛みを感じている人の約4割が、毎日パソコンの前で長時間を費やしていることも調査から判明しています。

03.
姿勢が悪い→首に負担
睡眠時無呼吸症候群の可能性も

0004_Layer-Comp-511-600x600

また、猫背になったり足を組んだり、姿勢の悪い座り方は、首にも負担をかけることに。これにより、十分な睡眠を得られない可能性があるんだそう。その原因が、長時間座り続けることによる、血流の滞りです。
座ったままの姿勢では、血液は足へと溜まりがち。それが夜、横になることで頭へと移動。ここに睡眠時、無呼吸状態になりやすい状況があると「The Wealth of Health posts」は伝えています。

04.
運動不足は要注意?
心血管疾患の疑いも

0002_Layer-Comp-312-600x600

アメリカ心臓病学会が発表した情報によると、座っている時間が長くなるほど、心血管疾患のリスクも高まっていくようです。運動不足だと感じる方は、さらに注意が必要のようですよ。

05.
インスリンの過剰生成は
糖尿病のキケンあり

0006_Layer-Comp-711-600x600

すい臓にも悪影響が及ぶ可能性があります。ここでも「Washington Post」は、インスリンの生成に座りっぱなしが左右していると説いています。筋肉の動きが少ない細胞は、インスリンに反応しません。そのため、すい臓はより多くのインスリンを生成。それが糖尿病などを引き起こす可能性につながっているようです。

06.
慢性的な痛みが…
アソコにも!?

0005_Layer-Comp-612-600x600

身体に合わない椅子を使用していると、腰と背中に負担がかかるのと同時に、お尻への影響が懸念されます。肘や膝を曲げるときに伸び縮みする筋肉、屈筋が短くなってしまい、慢性的な痛みを引き起こす場合があると「Healthline」は示唆しています。

07.
疲れが取れないのは
座っているからかも

0007_Layer-Comp-89-600x600

座っている間、血は下肢へと集まります。血流が悪くなると、疲労や倦怠感をはじめ、あらゆるトラブルの原因に。

08.
血の巡りが悪くなると
脳卒中のキケンも…

0008_Layer-Comp-910-600x600

座りっぱなしの弊害のひとつに、脳卒中のリスクが増すと「Wealth of Health」は伝えています。

「座りっぱなしの状態では、血流が悪く、徐々に血が固まって言っても不思議ではありません。やがて、それは脳にも行き届きます。いわゆる脳卒中に近い状態と言えるでしょう

対処法は?
簡単な5つのエクササイズ

でも、大丈夫。定期的に椅子から立ち上がり、簡単なエクササイズをすることで、座りっぱなしの弊害に対抗することができます。5つの簡単なエクササイズ、忘れずに!

その1.
辞書を使って背筋を伸ばす
ブックプレス

0009_Layer-Comp-109-600x600

電話帳や辞書など、ややボリュームのある本を用意。頭の上に本を持って立ちます。頭の後ろに本を下げ、90度の角度にひじを曲げましょう。腕をまっすぐに戻し頭の上に再び本を持ってきまます。これを10回繰り返してみて。

その2.
血流を良くする方法
首をぐるぐる回すだけ!

0013_Layer-Comp-141-600x600

首を回すことは、血液の流れを改善する最も最適な方法です。立ち上がり、前後左右、さらにはゆっくりぐるっと首を一回転。この動きを30秒続けてみて。

その3.
つま先とかかとを交互にリフト
下半身のストレッチ

0010_Layer-Comp-113-600x600

下半身に血が溜まらないように、足のストレッチも効果的。座ったままでもできるエクササイズがこちら(もちろん立って行ってもOK)。まずはかかとをつけたまま、つま先を天井に向かって上げていきます。ゆっくり下げたら今度は、つま先をつけたままかかとをリフト。これを両足交互に10セット。

その4.
腰からねじり、最後に顔。
胴体ひねりは順番を意識

0011_Layer-Comp-123-600x600

これは、座ったままで行う典型的な上半身のストレッチ。ポイントは、腰から胴体、胸、肩、最後に首が付いてくるように、後方へとねじっていきます。そのまま10秒間キープ。無理にねじりすぎてもダメ。ゆっくり戻って反対側へ。これも10セット。

その5.
時間を決めてお散歩タイム

0012_Layer-Comp-131-600x600

散歩は、厳密には「運動」ではありません。しかし、イスから立ち上がる!まずはこれが重要です。気分転換にも、時間を決めて歩きましょう。

Licensed material used with permission by LittleThings.com

Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
1日30分運動すれば、もっと健康に過ごせる。そんなこと百も承知だけれど、そんな時間が一体どこにあるんだろう。忙しい現代人にとって、運動する時間の確保は深刻...
運動不足やダイエットは関心度が高い要素。ここで紹介する「Elite Daily」の記事でも、歩こう!とか、酒を呑まないように!と書かれています。でも、もっ...
運動はしたいけど、ジムはいつだって混んでるし、周りの目も気になるしちょっと苦手…。そんなあなたに「Pure Wow」にまとめられていた、楽しく続けられてカ...
普段から運動を行って筋肉量をキープすることができれば、「健康体を維持したまま長生きできる身体コンディション」は整っていきます。糖尿病や認知症といった病気の...
自分を変えるためにもいい習慣を身につけたいと思うのに、なかなか身につかない。そう思っているあなた。それはもしかすると悪い習慣が邪魔をしているのかもしれませ...
ご存知のように、冷え性は血の巡りが悪くなることが主な原因。とくに、この時季は悩んでいる人も多いはず。そこで、役に立つかもしれない情報をご紹介。「Littl...
寝ても寝ても疲れがとれない……。という人は、「Little Things」でAngel Chang氏によって紹介されているリストをチェックしてみてはいかが...
デスクにあるボタンをポチっと押せば…、なんだか歯医者さんに行った時に案内される診察台みたいですが、ディスプレイやラップトップを固定できるフレームがあり、デ...
最新のスマートデバイスと「健康」には深い関係性がある。流行りのウェアラブルと言えば、走った距離や道のりどころか心拍数や消費したカロリーまで管理可能。中には...
「UPLIFT」で、ライターのJacob Devaney氏がヨガをすることはカラダの痛みを和らげるという記事を書いています。氏曰く、ヨガや瞑想など精神を大...
糖尿病になりやすいとよく言われる日本人には気になる話題!なんと、コーヒーを飲んでいる人の糖尿病発症率が50%以上も低かった、なんて調査結果が発表されました...
デスクワークでいつもイライラしているあなたへ。肩こりますよね。でも、あまりストレスを溜めすぎると心臓などにも悪い影響があると多くの研究結果も出ているようで...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
鏡を見て愕然!最近、顔がたるんできてる…なんて思ってしまったあなたへ。ここで紹介するのは「Little Things」に掲載されている二重顎に効果を発揮す...
「今年こそは!」と思っていたはずなのに、気がつけばもう2016年も残りあと2ヶ月と少し。平日は仕事、オフは家族との時間も必要なビジネスパーソンは、忙しい毎...
健康的な体を手に入れるためには、日常の習慣を変化させることが大切。そのためのヒントを、ライターSamantha Joy氏が教えてくれました!「Elite ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
休憩中や食事中、さらには就寝前まで仕事のことばかり考えている……こんなことをしていたら脳のパフォーマンスは一向に良くなりません。医学博士である石川善樹さん...
もしかすると、普段口にしているその食品は、あなたの脳を傷つけているかもしれません。「Power of Positivity」に掲載されたこの記事から抜粋し...