脳を傷つける可能性がある「3つの食品」

もしかすると、普段口にしているその食品は、あなたの脳を傷つけているかもしれません。「Power of Positivity」に掲載されたこの記事から抜粋して紹介しましょう。
ここに書かれている内容が、100%正しいとは言い切れないかもしれません。しかし、こうした情報を収集し判断材料とするのは、決して無駄なことではないのでは?

多量の摂取は体に大ダメージ!
場合によっては命の危険も・・・

_214833217 (1)

現代社会で私たちは、おいしく、魅力的、しかし健康的でない食べ物の広告をよく目にします。肥満や栄養不足の人を増やすことが、どれほど社会に影響を与えるかということより、単純に「肉を生産すること」に焦点が当てられているよう。長時間働きすぎて、家に帰って健康的な食事を準備する気力もありません。だからこそ、早く、簡単、もしくはすでにできあがっているものを食べたいと思う。そう、インスタント食品やファーストフードのことです。

化学物質を含んだ食べ物を提供する店が多く、健康的で栄養価の高い食事をすることなど不可能なようにすら思えてしまいます。中には、適量なら健康に害のないものもあれば、頻繁に食べると深刻な健康被害を引き起こすものもあります。もっと言うと、命の危険に関わるものさえあるのです。

ここに、健康を保つためにあなたが避けるべき食べ物をまとめました。これらの食べ物はできるだけ食べないように。どうしても食べたい場合は、少量で抑えるようにしましょう。

01.
水銀レベルが毎年上昇中
マグロ

_254567176

2015年に行われたある研究で、ミシガン大学の研究者は、キハダマグロに含まれる水銀レベルが、1998年から2008年にかけて毎年約4%ずつ増加していると報告しました。

水銀は少量であっても頻繁に摂取することで、脳や神経系へのダメージを引き起こす可能性があります。海には環境汚染物質が流れているため、海に生きる生物は、必然的にそれらを吸収。その魚介類を、私たちが消費することで、有毒な物質が体に入ってくるのです。

ある雑誌による分析では、体重約63kgの女性が週にマグロを130gほど消費すると、人体に安全な水銀レベルを超えることが分かったそう。また、週に3回以上、ツナ缶やツナサンドイッチを食べる子どもは、水銀により脳に損傷を受ける可能性があるとも言われているとか。

マグロを食べる場合は、ビンチョウマグロより水銀保有量が少ない缶詰のマグロを選ぶのがベターでしょう。もしくは、海の幸をまったく食べないようにするか、水銀レベルが低いエビ、ホタテ、イワシ、アラスカの鮭をオススメします。

02.
アルツハイマー病のリスクも
部分水素化油脂

_204684469

部分水素化油脂と書かれたラベルの貼ってある食品は、決して買わないでください。水素化油脂が人体に有益に働くことはありません。いくつかの研究では、水素化油脂は水素化する工程でニッケルが使われているため、動脈を傷つけることが判明したそう。さらには、素早く加熱するために、プラチナやアルミニウムなども使われています。

このような重金属は、アルツハイマー病および他の精神病に関わっています。水素化油脂とプラスチックは、分子1つの違いしかありません。これを人間が摂取することを想像してみてください。

03.
単なるカロリーの塊
精製された砂糖

Sugar

自然の果物やでんぷんからとれた砂糖を消費するのであれば、あまり問題はありません。しかし、それが加工され抽出し直された砂糖の場合は問題となります。

精製された砂糖は栄養価がほとんどない、ただのカロリーの塊。様々な研究で、不安やうつ病、依存症、記憶力低下の原因になると判明しているそうです。

Licensed material used with permission by Power of Positivity

Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
アメリカ的感覚ではあるものの、女性ライターのRebecca Endicottさんが「Little Things」でまとめたのは、「これはマネしたい!」と思...
普段から運動を行って筋肉量をキープすることができれば、「健康体を維持したまま長生きできる身体コンディション」は整っていきます。糖尿病や認知症といった病気の...
休憩中や食事中、さらには就寝前まで仕事のことばかり考えている……こんなことをしていたら脳のパフォーマンスは一向に良くなりません。医学博士である石川善樹さん...
これまで3,000人の糖負荷検査を行ってきた医師の溝口徹さんは、20年に渡って「うつ」や「パニック障害」など精神疾患の治療にあたってきた人物。近著『「血糖...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
生活の中で当たり前に使用している日用品は、自分の性格や癖、さらには健康にまで影響する可能性がある。と説くのは「Collective-Evolution」ラ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
糖尿病になりやすいとよく言われる日本人には気になる話題!なんと、コーヒーを飲んでいる人の糖尿病発症率が50%以上も低かった、なんて調査結果が発表されました...
私たちは、健康診断を受けたりサプリメント薬を摂取することで、元気な体を保とうとします。けれど、生活習慣を改めない限りは、真の健康を維持することもできません...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
花粉症シーズン真っ只中。辛くて薬が手放せない、なんて人も多いのでは? 早速、花粉症の症状を和らげる効果が期待できる食べ物や飲み物を紹介していきましょう。0...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「幸せになりたい」と思いながらも、自ら「幸せ」を遠ざけている場合もあるということを知っていますか?ここでは、自著『なぜか自動的に幸せになれる72の習慣』か...
最新のスマートデバイスと「健康」には深い関係性がある。流行りのウェアラブルと言えば、走った距離や道のりどころか心拍数や消費したカロリーまで管理可能。中には...
お金を使う際、きっちりその後を考えて判断していますか?たぶん、できていない人は大勢いると思います。ここでは「becomingminimalist」に掲載さ...
机に座ってうーんと頭を抱えたり、眉間にしわを寄せて思索にふけったり。「考える」というと、何か「お勉強」的なイメージがつきまとう。だが、それはもっと身近で、...
海外で生活マーケティングを学んだという沖幸子さんは、自身の著書『部屋も心も軽くなる「小さく暮らす」知恵』(青春出版社)のなかで、お金との向き合い方を変える...