【世界初】スマホ操作で、色が変わる「スマート電球」がワクワクする!

いまやスマホでお湯が沸き、炊飯器にタッチするだけ自分の好みのお米が炊ける時代。家電がネットにつながり、暮らしがどんどんスマートになってきた。けれど、値段だけ見れば、まだまだ手頃とは言いがたいのが現実。

そこで、こんなところから“スマートライフ”を初めてみてはいかがでしょう? わずか19ドル(約2,300円)で販売される最新「スマート電球」です。

世界でもっとも手頃なスマート電球

xnwduitrguujzblmoxku

Bluetoothを利用して、スマホで操作する「スマート電球」が、ここ数年売上を伸ばしています。専用アプリをダウンロードすれば、スマホが照明のスイッチ代わりになる。
電気の消し忘れを外から操作できたり、帰宅前に部屋を明るくしておくなど、ON/OFFを遠隔から操作できるのは、スマート電球の魅力のひとつ。さらには、生活リズムに合わせ、自動で調光を変えてくれるなどのメリットは、よく聞く話。

o3z2clz7eursvpruxqpn

けれど、まだ平均価格帯の相場は5,000円未満といったところ。それを、一気にお手頃価格にまで下げる商品を開発したのが、クラウドファインディング「Indiegogo」で資金調達に成功した、サンフランシスコのメーカー「Qube」です。なんでも、世界でもっともコストパフォーマンスの良さを実現している。と強気の発言。

ON/OFFだけじゃない
ムード合わせて色が変わる♪

スクリーンショット 2015-12-29 11.25.58

スクリーンショット 2015-12-29 11.44.31

スマート電球「Qube」は、単にスマートフォンから点滅できるだけではありません。プリセットされた機能は、読書や音楽、パーティーシーンなど、ムードに合わせて色調を自在に変えるスグレモノ。もちろん、このカラートーンも自分好みに調整が可能です。

自動追尾して
部屋の明かりを先回り

y0yxatyo5sjjicldvjyc

たとえば、こちらの機能《Qube センス》は、住んでいる人の動きにあわせて、最適な照明に自動でトーンを変えてくれるシステム。スマホやApple Wahchなど、身に着けているその他すべてのBluetooth機器から、あなたの居場所を自動追跡し、最適な環境を整えてくれるスマートさ。不要な場所の明かりは消して、必要なところだけを灯してくれるなんて当たり前。事前に好みの光量や色合いにセットしておけば、ムードを崩されることもありません。
さらには、日常生活にとけ込んだ、こんなお役立ち機能まで!

「傘忘れないで!」
電球がスマートに告知

twjhwrukdv868a6munt7

こちらは《Qube 通知機能》。天気予測アプリと連動させれば、雨の日だってご覧のとおり。玄関先で照明が点滅、お出かけに傘が必要なことを告知してくれます。

未読メッセージや、
着信のお知らせも

また、未読メッセージや電話の着信だって、色や点滅で教えてくれるようです。頻繁に着信があるような人には、ちょっとお騒がせな機能かも(笑)。

要は、自分のライフスタイルに最適化した使い方を、自分仕様にカスタマイズしていく。それがスマート電球であり、スマート家電の醍醐味ですからね。さらに詳しい使い方は、こちらの動画から。

 Reference:Clean Technica
Licensed material used with permission by Qube

ロイヤルメルボルン工科大学が開発した「スマートピル」は、飲み込むことで体内環境を調査し、そのデータをスマホなどで確認できるもの。開発したのは、過去にもモバ...
ほっと、一息つきたいときにコーヒーやお茶を淹れる。その際、1杯分だけお湯を沸かすようなことって意外に難しい。目分量でやったとしても、ちょっと多めに沸かすは...
人工知能や音声認識システムを、IT機器や家電に取り入れた商品がトレンドになりつつある。こうしたスマート家電の活用とともに、未来の家はより便利にスマートにな...
普段、何気なく使っているスマホやラップトップ。そのほとんどがWi-Fiに接続されていますが、当然そのネットワークの形は見えません。しかし、その姿を可視化し...
インドの企業、Ather社が開発を進めているのは、スマホと同じくらいの時間で充電ができ、一度におよそ60kmの距離を走ることができる電動スクーターだ。しか...
Wi-Fi、飛んでる?いつしか、そんな言葉が海外旅行へ行ったときの決まり文句になりました。とくに、現地に到着してすぐ、空港でインターネットを使いたい人も多...
ジューススタンドに目がない。駅のホームで、行儀よく並んだカラフルなジューサーを見かけると、どんなに急いでいても、つい立ち止まって眺めてしまう。やっぱり今日...
「Kickstarter」に登場した、世界一スマートなデジタルメジャー「Bagel」。まず、測定法が3つ。1つ目はストリング式と呼ばれる定番の巻尺、2つ目...
ゴッホやピカソ、ヘミングウェイなどアーティストたちに愛されてきた伝説のノート、モレスキン。黒い表紙をゴムで留めるデザインはシンプルで2世紀以上愛されている...
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
スマートフォンさえあれば、たとえ旅行先でも迷わず目的地に辿り着くことができるでしょう。とっても便利になったかわりに、画面ばかり見てしまってせっかくの旅行先...
レコードプレーヤーに革命が起きた。これまでレコードを聴くには、ターンテーブルの上にレコードを置くのが常識だった。しかし、この「LOVE」は、真逆。何と、レ...
女性の黒髪がほんの数秒で赤へと変わり、また黒へと戻る。普通はこんな映像あり得ないと思うんだけど、事実というのだから驚きです。秘密は、現在開発中の「温度」に...
多くの人が経験していることだとは思いますが、髪の状態はブラッシングによって大きく左右されます。でも、自分のブラッシング方法が正しいかどうかなんて、なかなか...
その重さわずか52g、でも小型なことをウリにしたいわけじゃなく、このカメラ機能付きドローン最大の利点は、スマホケースと一体型になっていること。用途はこの1...
フィットネスや健康管理に特化したスマートグラスが話題の昨今ですが、ここで紹介したいのは、一見機能が満載のスマートメガネには見えない「Vue」。「Kicks...
僕は、毎朝バタバタと準備をしてしまうタイプ。というのも、アラームを止めてからもついつい二度寝をしてしまうことが多いから。気付いた時には、急いで準備をしなき...
イタリアのミラノでは、毎年4月になると「ミラノサローネ」と呼ばれる国際家具見本市を中心に、様々なアイデア製品やデザイナー作品などを集めた展示会が街中で開催...
まるで魔法使いになったかのよう!…とは言いすぎかもしれませんが、近未来を感じるのは確か。以下たった2枚のGifアニメだけで、その便利さをある程度理解しても...
自宅で簡単にネイルアートが楽しめる、アメリカ発の「ネイルプリンター」デバイスが登場しました。スマホのアプリを使って、イラストや絵文字、写真を爪に直接プリン...