40代になっても老けない人は知っている、「筋トレの秘密」とは?

みなさん、「筋肉という財産」を増やすと、どんな素晴らしい変化が起こるかご存じですか?健康的になるのはもちろん、若さや美しさ…時をさかのぼるように調子を取り戻していくことでしょう。ここでは、久野譜也さんの著書『筋トレをする人が10年後、20年後になっても老けない46の理由』から、「筋肉」と「美」の関係ついて紹介します。

01.
40代になると
肌の“ごまかし”がきかなくなる

shutterstock_206658529_2

30代のうちは化粧品を総動員すれば、なんとか”ごまかす”ことができました。ところが、40代になるとそれさえできなくなってしまう…。

肌の老化の原因としては、よく「紫外線によるコラーゲン減少」「活性酵素による害」「女性ホルモンの低下」などが取り沙汰されています。ただ私は、「筋肉量低下の問題」が大きな影響を与えていると考えます。

皮膚は筋肉、脂肪、内臓、骨など、体を包んでいる組織です。なかでも筋肉は皮膚のすぐ下にあり、それぞれが連動しています。では、この筋肉量が落ちてきたらどうなるでしょう。要するに、100%詰まっていた中身が段々と減ってしまうわけです。そうすれば、外側をくるむ肌の皮は余ってしまうことになります。当然ながら肌の緊張感や質感も失われてくるでしょう。考えてみれば、シンプルな理屈だと思いませんか。

02.
筋肉のふくらみこそ
「美しさをつくる土台」

女性にとって筋肉は「美しさをつくる土台」ではないでしょうか。肌や体のハリや質感を維持するには、その土台に“ふくらみ”があることが必要不可欠。そもそも筋肉は「紡錘形」といって、まんなかがふくらんで両端が細くなっています。

一番ふくらんでいる部分の厚さを「筋幅」と呼ぶのですが、これにある程度厚みがないと、肌や体はきれいに見えません。代表的なのが二の腕の上腕二頭筋やふくらはぎの腓腹筋です。ハリがあって引き締まった二の腕やふくらはぎはとてもきれいに見えます。

ふくらみのある筋肉は、女性らしい“やわらかで優美な曲線”を引き立てる役目も果たしています。肌の内側に「中身がしっかり詰まっている感じ」「土台がしっかりしている感じ」があるのは、周りから美しいと思われるためにはかなり重要な要素だといえるでしょう。

03.
「太りやすくなった」
「やせにくくなった」
は、黄色信号

shutterstock_96443381_2

30代、40代になって「太りやすくなった」「やせにくくなった」というのは基礎代謝が落ちてきた証拠。「劣化」はすでに現在進行形の状態です。黄信号が点滅しているサインと思ったほうがいいでしょう。筋肉は「活力エネルギーを生み出す工場」、基礎代謝は「何もしなくても体が勝手に消費するエネルギー代謝」だと思ってください。工場の生産量が減って基礎代謝が低下してくると、脂肪が燃えにくくなって、やせにくく太りやすい方向にシフトしていきます。

この進行を避けたいならば道はひとつ。筋肉をつけて基礎代謝のレベルを引き上げていくしかありません。黄信号がついた時点で筋トレなどの運動を始めれば、女性の美容にとってかなり大きな転換点になるでしょう。

04.
筋肉をつけずして
ダイエットは成立しない

健康的にやせたいのであれば、筋トレを行うことが不可欠です。筋肉をつけずしてダイエットは成立しないと言えます。とくに、食事制限に頼った減量を行うと、筋肉が減ります。筋肉が落ちると代謝も落ちて、「やせない」「食べられない」「もう続けられない」という苦しい道にハマって、せっかくの美しさを削ってしまうハメになるでしょう。

もし狩猟採集時代なら、筋肉を減らすことは死を意味するも同然です。「筋肉量」と「食べること」とは、人間の生存戦略上、とても奥深いところで結びついているのです。きっと私たち人間は、「ずっと食べていきたい」「ずっと生きていたい」のであれば、絶対に筋肉を減らすべきではないのでしょう。

05.
ハリウッド女優やスーパーモデルは
筋力トレーニングを怠らない

shutterstock_160145411_2

ハリウッド女優やスーパーモデルなどの世界的セレブリティには、筋トレを習慣にしていない人はいません。ミランダ・カー、マドンナ、レディ・ガガ…みんなボディメークのために日常的に筋力トレーニングを取り入れています。

もちろん、コスメにもお金をかけているでしょうし、美容医療に大金を投じている人もいるでしょう。しかしながら、彼女たちはみな、「いくら外側を磨いても、中身がしっかりしていなければダメ」ということを熟知しているのです。

おそらく彼女たちにとっては、美しさや若さの維持のために、筋肉を鍛えておくべきーーなんてことは、ごく当たり前の常識なのでしょう。

筋トレをする人が10年後、20年後になっても
老けない46の理由
コンテンツ提供元:毎日新聞出版

久野譜也/Shinya Kuno

筑波大学大学院人間総合科学研究科教授。スポーツ医学の分野において、サルコペニア肥満、中高年の筋力トレーニング、健康政策などを研究。2002年に「日本全国を元気にする」というミッションを掲げ、大学発ベンチャー「㈱つくばウエルネスリサーチ」を設立。

常日頃から筋トレをしている人って、歳を重ねても若々しいイメージがありますよね。ここでは、久野譜也さんの著書『筋トレをする人が10年後、20年後になっても老...
筋肉は、体全体の健康に大きく関わってきます。「若いうちから筋肉を落とさないことが大切」「いま運動しておくことが未来の健康につながるんですよ」と、全国各地の...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
「40男には、現実を直視できていない人が多い」と明言するのは、男性学の第一人者である田中俊之さん。ここでは彼の著書『〈40男〉はなぜ嫌われるのか』より、世...
普段から運動を行って筋肉量をキープすることができれば、「健康体を維持したまま長生きできる身体コンディション」は整っていきます。糖尿病や認知症といった病気の...
デッドリフトと呼ばれる筋トレ(エクササイズ)の方法をご存じですか? メタボという言葉が一般化してからでしょうか、体を引き締める運動のなかでも、おなか周りを...
毎日忙しくて、時間がなかなか取れない方でも、ちょっとしたコツを知っていれば、腹筋を割ることも難しくはありません。自宅で無理なく続けられる筋トレ方法や食事管...
つらい思いをしながら、ときにはくじけそうになる痛みにさえ耐えながら、ただひたすら黙々と行うストイックな時間、筋トレ。健康やスポーツ、あるいはリハビリのため...
家族もいないし、周りは既婚者ばかり。休日はいつもひとりで、どうすればいいものか──。こういった悩みを抱えている中年の男性が多いと語るのは、男性学の第一人者...
NYで人気のウェブメディア「YourTango」で紹介されていた、40代のライターAndrea Reiserさんが自身の経験から、もっと早く知っておくべき...
30代後半〜40代前半の男性を「40男」と定義付け、「彼らはある問題を抱えている」と語るのは男性学の第一人者、田中俊之さん。ここでは田中さんの著書『〈40...
自分の人生についてちゃんと考えている人は、未来の自分の健康のために、いま何を頑張ればいいかが分かっています。だからこそ、自分の筋肉に”投資”してなるべく若...
人間、40年も生きれば子供の頃とは全く違う存在になっているもの。なかには自分でも認めたくない恥ずかしい事実だってあります。ここで紹介するのは「WorldL...
40歳になった「YourTango」のライターLaura Lifshitz氏。これまで“それなり”の恋愛経験を積んできたと自負する彼女。こう聞くと「なにを...
男性学の第一人者である田中俊之さんは、30代後半〜40代前半の男性、つまり「40男」こそ夢を持つべきだと言います。きになるその理由とは?彼の著書『〈40男...
筋肉をビルドアップするとき、その重さや回数はあまり重要ではないかもしれませんーー。「QUARTZ」の記事にそうまとめたのは、ヘルス&サイエンスレポ...
「Lifehack」のライター、ウエンディ氏は、自身の人生経験を元に、全ての女性へとアドバイスを送る記事を書いています。もうすぐ40歳を迎えるという女性が...
筋トレを日課にしている人、旅行に出かけたらいつものトレーニングメニューができなくてむずむずすることはありませんか?「Flexr」は、折りたたみ式の懸垂マシ...
自分の人生をどう捉え、どう演出していくか。節目の年齢、40歳を迎えたライターCat O'connor氏は、20代、30代に向けてアドバイスを送ります。彼女...
せまい考え方に捉われず、柔軟な発想でものごとを見極める。どんな問題が起きても動じることなく、それを受け入れる心のゆとりがある。人生の4回の表のはじまりを孔...