お財布にも肌にもやさしい! 米のとぎ汁&ティーバッグが、美容アイテムに早変わり

フードクリエイティブファクトリー

暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制作チーム。農水省の海外向け和食PRサイト Taste of Japanへのレシピ提供や、シンガポールで連載や地方自治体のイベントプロデュースや料理教室など、日本の素敵な暮らしを世界へ発信しています。

美容クリームやパックなど、美を追求するにはどうしてもお金がかかるもの。しかし、今まで捨てていた米のとぎ汁&ティーバッグが、美容グッズに応用できるのをご存知ですか? お財布にもお肌にも優しい美容法をご紹介します。

米のとぎ汁は
洗顔やパックに!

233748460

日本人の主食とされる米。家庭の食事にも欠かせない存在ですよね。そんな米のとぎ汁は、料理だけでなく、洗顔やパックにも使用できるんです!

米のとぎ汁には、美容効果が期待できる栄養がいっぱい。その秘密は、米を精製する時に出る米ぬか。そのなかには、ビタミンB1・B2・Eなどのビタミンやセラミドが含まれているんだとか。これらの栄養素によって、肌にうるおいを与えたり、古い角質を吸着したり、くすみを取ってくれたりといった効果が期待できるんですね。

洗顔に使用する場合は、ぬるま湯で1.5倍くらいに薄めてから、いつものクレンジングや洗顔の後に使いましょう。ポイントは、軽いタッチで洗い上げること。洗顔後はしっとりとした肌触りになって、くすみを取り除いてくれることも。

さらに、冷蔵庫で5時間〜ひと晩くらい寝かせたとぎ汁は、パックにも利用OK! とぎ汁を寝かせると、沈殿物が出現します。これを顔に塗り3~5分程度パック。洗い流すと、いつもよりもしっとりもちもちのお肌に!

癒しをもたらす
紅茶のアイパック

A cup with black tea

「もったいないなぁ……」と思いつつ捨ててしまう紅茶のティーバッグは、アイパックとして再利用することが可能です!

紅茶に含まれるビタミンやカテキンが肌に浸透し、パソコンやスマホで疲れた目に働きかけてくれるそう。眼精疲労だけでなく、紅茶のカフェインによるむくみ解消の効果も期待できます。

アイパックのやり方は簡単。使い終わったティーバッグを軽くしぼって、目の上に乗せるだけ。冷蔵庫で冷やしたティーバッグを使うとスッキリ感を楽しめるし、温かいティーバッグなら血行を促してくれるので、クマの予防にもつながります。また、紅茶の爽やかな香りを楽しみながらアイパックすることで、心も体も癒されるはず。

普段捨てていた米のとぎ汁や紅茶のティーバッグをリサイクルすれば、日ごろかかっていた美容代だって節約可能に!? ますます美に磨きをかけることができそうですね。

最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も...
通常の思考なら、ただのゴミでしかない使用済ティーバッグ。しかし、Ruby Silvious氏がアーティストたる所以は、そこに新たな命を吹き込めることにある...
コーヒーよりも断然紅茶派な私は、ずっと悩んでいた。便利な機能が搭載されたコーヒーメーカーは続々と登場するのに、これぞ!というティーメーカーには、なかなかお...
イルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知っても...
どんなビジネスにも少なからず決まりがあるものだけど、紅茶の製作にも型があるそうで。「CTC」と呼ばれるその製法は、「Crush、Tear、Curl」の略。...
ハーブティーは、かかりつけのお医者さまのようなものです。身近にあると安心できて、ほっとひと息つける。そんな頼りになる存在です。大げさかもしれませんが、身体...
こちらは米郵便局〈US POSTAL SERVICE〉のメールバッグ。実際に郵便物の配達に使われているモノだそうです。用途が用途だけに、かなり頑丈なナイロン製。
朝一番の漁を終え、仕掛けた網の片付けがひと段落したころ、あったかいお椀をすする。どこか港町の情景が見えてきそうなこのお味噌汁。明石のおいしいタコを使ったひ...
恋愛から人生論まで、毎回心にガツンと響く記事を書き上げる「Elite Daily」の人気女性ライターZara Barrie氏。彼女は「バッグの中身が整理整...
おいしいイングリッシュティーの淹れかたを「Food52」よりValerio Farrisさんに教えてもらいましょう。なんでも、科学的に美味しくなるお作法が...
すっかり定着した発酵食ブーム。意識せずとも毎日の食卓に取り入れることこそ、上手な発酵食とのつき合いかたでしょう。そこで「味噌」です。料理家・平山由香さんの...
どんなにおもちゃを散らかしても、カンタンに後片付けができる。ゆえに子どもが後片付けを嫌がらないーー。そんな、魔法のようなバッグがノルウェーから登場しました...
料理家・平山由香さんの著書『毎日のお味噌汁』より、普段のお味噌汁からは想像もつかないような変わった具材のひと椀を紹介します。意外な組み合わせはどれも斬新、...
きのこや野菜など、旬の味覚をお味噌汁を取り入れることで、季節の移ろいを感じることができます。具材の変化はもちろんですが、『毎日のお味噌汁』の著者・平山 由...
そらが少し高くなり、頰をすぎる風もちょっとずつ冷たさを増してきました。そろそろ風邪や冷えの予防をはじめる時季。体をあたためる食材にショウガがあります。これ...
真夏においしいこのひと椀。理由はどれも加熱不要の具材にあり、と平山さん。トマトやアボカドなどの洋野菜に白味噌、チーズ、オリーブオイルの組み合わせを、ご本人...
使用されているのは、「西洋ハーブ」やアーユルヴェーダなどで古くから知られる「薬用植物」「和漢植物」。私たちのココロやカラダの状態に合わせて、独自の調合で作...
私はこれまで10代から90代まで、幅広い女性達の美容相談を受けてきましたが、美のお悩みは十人十色。もともと私もアトピーで肌に大きな悩みを抱えていて、美容の...
その日の気分で自由な組み合わせを楽しむ料理家・平山由香さんのお味噌汁。今回の主役はアスパラガス。フレンチにもイタリアンにもスパニッシュにもベルギー料理にも...
メッセンジャーバッグのような形ですが、大きな違いはジャケットの下に身につけられる薄さと機能的な収納力。身につけるとこうなります。まるでガンホルダー。つまる...