月額約35万円で飛行機が乗り放題。アメリカで定額プランが始まる

月額固定料金の定額サービスが、ついに飛行機にも!アメリカの航空業界に定額制を導入した企業に、いま注目が集まっています。出張向けではありますが、どれだけ乗っても、ひと月2,950ドル!

アメリカ国内どれだけ乗っても
月額一律料金!?

Medium fb6f82d0d2df4729a5242592710977e1505f850b

アメリカの主要76都市をつなぐ700の航空ルートが、月額たったの2,950ドルで乗り放題。アメリカの旅行代理店「OneGo .Inc」は、2016年2月から航空業界に月額制モデルを導入しました。シンプルで分かりやすい料金体系は、ビジネスパーソンたちの間で早くも話題となっているようです。

同社の創業者Paulius Grigas氏は「Bloomberg」に、定額サービス導入に至った経緯を以下のように説明しました。

「各航空会社の価格を比較して購入手続きを行なう手間を省くことで、ユーザーは自分がどこへ行くかにだけ注力すればいいので、自分の必要なことだけに集中できるはずです」

日本に比べ、アメリカは航空路線も格段に多く、価格競争も日々変化する状況だとか。いかに有益に自分の時間を効率よくフライトに合わせることができるか?ところが、これが複雑化する料金体系で、利用客からは不満の声も上がっていたようです。

では、いかにしてOneGoが定額サービスに乗り出したのか?そのからくりを見ていきましょう。


大手航空会社7社と提携
価格は17万円から

Medium 5f51be675c12c6d643adf6f5233fe9f7f9029909

大手航空会社7社のフライトをカバーするrOneGoは、アメリカ大陸を西部、セントラル、東部と3つのエリアに分けています。各エリア内であれば、どの飛行機をどれだけ利用しても月額の料金は一律(西部:1,500ドル、セントラル:1,950ドル、東部:2,300ドル)。ちなみにエリアをまたいで利用したり、米国全土をカバーするプランは2,950ドルというから、日本円にしておよそ34万円ほど。

今日はNYで会合、明日はヒューストンでランチミーティングといった、大陸を股にかけて飛び回るビジネスパーソンには、価格次第で需要が大きく見込まれることが予想されます。
ちなみに、このOneGoの定額サービスにはアラスカ州とハワイ州はエリア外。

乗りたい飛行機を
搭乗日の7日前までに予約

Medium 1b41c30d46198f4aa0360abcaf2a923521407ebdMedium 12dab3f1d106dff2af1ff433b2dcdcb736380fc0

フライトの予約はすべてOneGo専用アプリから、わずか3ステップでフライト予約が完了。一度に4つまで予約を取ることもできるそうです。さらに、月額750ドルの追加料金で最大8つまで予約を増やすことが可能。ただし、搭乗日の1週間前までに予約する必要あり。

航空業界のNetflix化?

Medium 57bce64c8a02e20e64b601de68628b28c5ea1eef

「航空産業に動画配信サービスNetflixの定額サービスシステムを採用したのはいいが…」ビジネス情報メディア「BRG」は、シンプルで分かりやすい料金体系には一定の評価をしつつも、高額な価格設定や、一週間前までの予約など、急な会合や取引のあるビジネスパーソンには、不向きな点を指摘しています。

この2つのボトルネックを今後どう解消していくのか。そこをクリアしていくと、同様のサービスが世界的に展開されていく可能性はあるはず。
動画や音楽と同じように、映画も定額サービスの時代がもうすぐそこまで来ていることは確かなようです。

Reference:BGR, Bloomberg
Licensed material used with permission by OneGo
知らない人同士が一台の車に乗り合わせる。世界の国々を旅すれば、こうした「乗合タクシー」は、電車やバスと同じように当たり前の交通手段。日本にもあるにはある。...
搭乗予定だった便が遅延していることをネットで知り、数時間遅れて空港へ行った3人の女性。到着してみると、他の乗客はみんな一足先に別の飛行機に乗ってしまったと...
ニューヨークからレイキャビクに向かうフライトの途中、窓から外を眺めると、そこに現れたのは光り輝くオーロラの姿。そんな貴重な場面に居合わせたアリエ・ニーレン...
サブスクリプションサービスって、聞いたことがありますか?アメリカでは2012年頃からメジャーになったビジネスモデル。日本語では、定期購入や頒布会がこれにあ...
長い飛行機での移動時間、少しでも眠りたいと思うのは当然のこと。ですが、高度9,000メートルの高さでぐっすりと眠るのはなかなか難しいもの。でも、ご安心。以...
ハワイは現在、深刻な「教師不足」に直面しているそうです。南の国で働けるなんて最高!とはいえ、一体どんなお仕事なのでしょうか?「ハワイ州教育省」によると、と...
「The New York Times」「Time」などなど、これまでに数々の媒体でイラストを描いてきたクリストフ・ニーマン氏。ポップで知的な作品が人々に...
海外から帰ってくると、多かれ少なかれ手元に外貨が残るはず。それを、毎度律儀に両替し直すのは、思いの外ハードルが高い。そもそも硬貨に関しては、両替所でも銀行...
ずっと同じ場所にいると、なんだか新しい景色が恋しくなる。そんなとき、お金にあまり悩まされず、旅に出られたらベストですよね。そんなあなたに教えたい、物価も宿...
すべての国民が、最低限の生活を送るのに必要な額の現金を、政府が無条件で定期的に支給する。ベーシックインカムと呼ばれるこの所得補償制度を、福祉国家フィンラン...
インド北部の町ルディヤーナーに行くことがあれば、たとえあなたが大の肉好きだろうと、ぜひ座席数72シートのベジタリアンレストラン「HAWAI ADDA」に、...
空港での時間のつぶし方を人にたずねると、その選択肢は意外と少ない。カフェやバーで飲んだり食事をするか、免税店を見て回る、もしくは早々に搭乗口へ向かい、タブ...
年末年始、飛行機に乗り遅れそうになって焦ったりしませんでしたか?たとえば、まだチェックインの最中なのに「フライトまであと5分」という最終の搭乗アナウンスが...
沖縄の人口の1割は、何が起きても救助されない沖縄の人口の約1割は、たとえ重体で命の危険に晒されていたとしても救助されない。医師がいないため、助けに行くこと...
海外旅行に行くために航空券を検索→「安い!」と思ったら燃油サーチャージが含まれていないらしい→結局高いこのサイクル、旅行好きなら一度は経験したことあります...
赤ちゃんにどんな名前をつけるかは、楽しみでもあり悩みどころでもありますよね。命名サービスをインターネットでも見かけますが、29,000ドル(約320万円)...
観光庁の発表によると、20代のパスポート取得率は1989年で8.6%、2013年で5.9%。24年間減少の一途をたどっています。これを危惧した成田空港と日...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
ドローンを使った宅配サービスは日進月歩。物流各社による運用に向けたテスト飛行がこうしてニュースになることからも、近い将来、現実のものとなるのは間違いないは...
いよいよ、「自家用飛行機」時代の幕開けとなるかもしれない、革新的な航空機開発が大詰めを迎えているようです。それも電動式で駐機場も不要だとか。ここで話してい...