もしも、バスケのボールが赤ちゃんだったら・・・新感覚ゆるスポーツ「ベビーバスケ」が楽しそう!

赤ちゃんをあやす感覚で
そぉっと、ボールを扱う!?

Medium bbbd11afc955cd37072c3c5d86e91fbe64b1a3a2

写真のメガネの男性。黒いボールを今まさに手から離した瞬間。それを投げ入れる先は…え、ゆりかご!?

一見、バスケットボールの試合風景に思えるこの写真。ところが、よく見てください。ボールはなぜか真っ黒のサッカーボールのような形状。しかも、それを投げ入れる先は、頭上のゴールネットではなく、なぜかゆりかご。

ボールが泣き出したらアウト!
新感覚「ベビーバスケ」

Medium 4fc747814f873dade93868931be6fb5edd4aa998

じつはこれ、史上最も“ゆる〜い”バスケットボール、「ベビーバスケ」の競技風景なのです。激しく動かすと泣き出してしまう特殊なボールを赤ちゃんにみたてて、プレイするこの競技。基本はバスケと同じとのことですが、その性質は似て非なるもの。なぜって、ボールをドリブルしたり、勢いよくパスしたり、叩き落すこともできないのだから。ボールはまさしく赤ちゃん…そう考えれば、たしかに納得がいきます。
つまり、赤ちゃんをあやすようにそっとパスして、キャッチする。もちろんゴールだって、そっと泣かさないようにしないと得点として認められない、という訳。

3秒以上のボールキープは
「過保護」

ルールは単純明快。いかに赤ちゃん(ボール)を泣かさずにゴールを狙うかです。ところが、これが一筋縄ではいかないようで、赤ちゃんの泣き声がコートにこだまするたびに攻守交代(笑)。そして、ファウルの表現の仕方がまた絶妙!

たとえばコチラ。1人のプレイヤーが3秒以上ボールをキープし続けると「過保護」と判断されファウルに。この競技においてボールの持ちすぎは禁物。

Medium 39f7213b09bb8fdbde4c68e470fd4f01c34c7d96

「ピピィー、はい過保護!」
こんなふうに審判の笛がなり、ファイルとなってしまいます。

ボールを持って4歩以上は
「子煩悩」

一方、ボールを持ったプレイヤーが4歩以上歩いてしまうと「子煩悩」。もちろんこちらもファウル対象となります。
持ちすぎちゃいけない、歩いちゃいけない…焦って放り投げたり、パスカットしようものなら、たちまちボールが泣き出してしまう。過度な接触プレイがない代わりに、神経と愛情をボールに注ぐゲームなのです。赤ちゃんを持つお母さんの気持ちになってプレイするベビーバスケ、意外に面白そう!

運動音痴の人でもできる
仲間外れをつくらない
“ゆる〜い”スポーツの普及

Medium d7af27ac7ce29a679aaee9396e55698d5c2e0df3

さて、この「ベビーバスケ」のように身体能力に長けていなくても、運動が苦手な人でも、仲間はずれになることなく、楽しみながら参加できる新たなジャンルのスポーツを考案し続けているのが、「世界ゆるスポーツ協会」です。
お年寄りから子どもまで、もちろん障害のある人たちも。いろんな人たちが混ざり合って、笑いながらできるスポーツを超・真面目に考えているんだそう。

しっかし、この発想力は脱帽もの。ベビーバスケのみならず、新ジャンルのヘンテコスポーツが次々と。

Medium 2560f881f23275629954f2f25973ac1e5aefb8b4

たとえば、イモムシになりきってプレイするその名も「イモムシラグビー」。専用のウェアを着ると、まるで寝袋から手だけ出した状態に。ずいずい這って転んでゴールを狙うというもの。ゆるい!
さらには、ヌルヌルあわあわ、ハンドソープをべっとり両手に塗った状態でボールを扱う「ハンドソープボール」。手につかないボールをいかに華麗にパスを回すかがポイント。こちらも、ゆるい!

こんな感じに本気なんだか、冗談なんだか区別のつかない個性たっぷりの競技が、これまでに16種類も誕生しているんです。各競技には厳しいルールがしかれていて、汗もかくしそれなりに疲れるんだそう。
単に楽しさだけでなく、競技として要素をしっかり取り入れた“ゆる〜い”スポーツ。体力の衰えなんて気にしなくて大丈夫!いくつになっても始められる、これも魅力のひとつかもしれませんよ。

Licensed material used with permission by ゆるスポーツ協会
いざ、球技をやろうと思っても広いスペースが必要で、自由に遊べる場所って少なかったりしますよね。「もっと手軽に都会の中でもスポーツを楽しみたい!」。そんな思...
ピリオドや試合終了の直前に放たれたシュートが、残り0秒となった後でネットを揺らす「ブザービーター」。拮抗した試合では、このラストショットが決まるか否かで結...
スポーツの世界で競技の要素に音楽を取り入れているものはいくつかある。たとえばフィギュアスケート、シンクロナイズドスイミング、スノーボードやモーグルなどの競...
一世を風靡した『北斗の拳』において、南斗六聖拳の一人で「聖帝」と称するサウザー。そんな彼を主役に据える『北斗の拳イチゴ味』をもとにした、2019ラグビーW...
ニューヨークのスタントン・ストリートにある、ごくごく普通のバスケットボールコート。ある日このコートが、変身したんです。さっそくネタバラシ。これは、Nike...
「リングを通れば、+100スコア!」。ちなみに、新しいゲームのPRではありません。これ、なんと現実のゲレンデなんです。「Ride On」はAR(拡張現実)...
EMSとは筋肉に電気刺激を与え、効率的に負荷を与えられるシステム。プロのアスリートも取り入れている方法です。が、さらに革命的な製品がコレ!ただの矯正用では...
運動を習慣化すれば、生活が改善される! なんてことは、いろんなところで言われてますが、それが具体的にどういうことなのか、わからない人も多いのでは?海外のブ...
考えてみれば、たしかにめちゃくちゃスゴい話。だって、本来バスケのフリースローは5.8m(スリーポイントラインからだって6.25m)だ。そもそも、どうすれば...
「世紀の番狂わせ」といわれた、日本の勝利で始まったラクビーW杯2015。屈強な男たちの肉弾戦は、スリリングで興奮度満点。でも、ルールを理解していたら、もっ...
アスレジャーなんて流行語を引き合いに出すまでもなく、スポーツというキーワードがライフスタイルと密接になってきた。今やフィットネススタイルはカジュアルの一ジ...
豪快なダンクシュートは、すべてのバスケ少年にとっての悲願。ここで登場するマルテ君とて例外ではない。とはいえ、身長173cmの彼にとっては相当に高いハードル...
動画を見ると想像以上にパワフルです。でも、ドローンって主には空撮用に使われていますよね。ウェイクボードをするかのように使っていますけど、大丈夫なのこれ?使...
見た感じスタンドアップパドル(SUP)とも違う、この乗り物…。歩くように“漕いで”進むという、まったく新しいコンセプトのサーフボードなんです。右、左、右、...
フィンランドでは、妊娠4ヵ月を迎えた家庭にふたつの選択肢が与えられます。ひとつは育児給付金を受け取ること。もう一方は、「ベビーボックス」という段ボール箱を...
動画冒頭に登場するのはリズミカルにバスケットボールを操るユニフォームの男性。なんだかものすごいテクニックを持っていそうな予感。次の瞬間には周辺からメンバー...
「大人はレストランや料亭で『四季』を感じる食事をしているのに、なぜ赤ちゃんは一年中同じ味の離乳食なのだろう?」「Baby Organic」は、そんな疑問を...
ポルトガル、ウェールズ、ドイツ、フランスとベスト4が出揃い、ますます目が離せなくなってきた「UEFA EURO 2016」。連日寝不足気味で出勤している、...
どうやったら痩せるかを頭をひねって考えて、ノルマのように自分に課題を課すことも良いかも知れないけど、それよりも友達と楽しんで身体を動かした方が絶対楽しいし...
何をするにしても、苦しいばかりではなかなか継続できませんよね。もちろん、エクササイズも然りです。でも、ここで紹介するジムのプログラムはとにかく楽しそう!ま...