世界の「テーブルエチケット」を表した24枚のイラスト

スプーンやフォークなどのアンティークシルバーを取り扱う「Langfords」が、世界各国のテーブルエチケットをまとめています。左のALWAYSには「やるべきこと(○)」。右のNEVERには「やるべきではないこと(×)」が。さて、日本やその他の諸外国のエチケットはどうなっているのでしょうか?

こんなにも違う
食事のエチケット

Medium d27ab4a0e64930e88e147c4f1032d64f3597882d

【イギリス】

○→左手でフォークを、右手でナイフを。

×→口の中がいっぱいなのにしゃべること。

Medium 17fe0d99e07cc7e7c5433d4607b82d49e3f915cc

【デンマーク】

○→おかわりの時は、フォークを下向きにしてお皿へ。

×→最後に残った料理に手をつけることはNG。最後までみんなでシェアしましょう。

Medium 81b34973ddfd87b8e8f460c5e2988016b4f1808c

【タイ】

○→食事は社交の場で、目上の人が支払うことが良しとされます。

×→ボウルに箸を残すことは「死」を意味するのでNGです。

Medium f3dc2e2737697bef95df397080cfdc74f1881252

【メキシコ】

○→誘ってくれた方が「どうぞ」と言うまで待ちましょう。

×→時間通りに到着すること。30分ほど遅刻していきましょう。

Medium fcb06659feb9edc78c31fd42a410deb18dbc9584

【中東】

○→食事中は静かにしましょう。

×→食事を左手で手渡しすることはNGです。

Medium 9f8dcbe4c1b2e959bcb6fc5fc3f8f7cacee99097

【ドイツ】

○→作ってくれた人への賛辞も込めて、できるだけたくさん切り分けましょう。

×→サラダのレタスを切るのはNG。フォークで折りたたんで食べましょう。

Medium 7e183986b5c52e835ff192d7fa04dff851c02137

【モンゴル】

○→カップを持つ時、手の平を上に向けましょう

×→ミルクなどの乳製品をこぼすのはNG。不吉な予感と考えられています。

Medium 031bfecfc68de85b887319114a7b0f8d8ea1f9b9

【ケニア】

○→水鉢がテーブルに運ばれてくるので、食事の前に手を洗いましょう。

×→最年長の男性より先に食べ始めてはいけません。

Medium 501c628ff3dae1e8f07eefb65acf9deae577fa46

【チリ】

○→女性が男性より先に座ります。

×→ナイフやフォークを持ったまま喋ってはいけません。

Medium 4effa3aa3a620e072043b5f5db81b4a5970f2df4

【アメリカ】

○→先にホストが座るまで着席を待ちましょう。

×→食事に、ため息を吹きかけるような行為はNGです。

Medium 4af21e0aa3a645deeef67c34a3a77de541852186

【エジプト】

○→受け皿にこぼれるまで、お茶を注ぎましょう。

×→他人のディナーをジロジロ見てはいけません。

Medium ee1d42f5c636758b97b7d00a8a296a8028747491

【スペイン】

○→ナイフやフォークを使いましょう。手を使うのはとても稀です。

×→パンをスープにつけるのは、とても行儀が悪いとされています。

Medium 28d274280f081b328bff93f6e77e1ec908f9666e

【フランス】

○→パンはかぶりつかずに、ちぎって食べましょう。

×→パンの上にチーズを広げるのはNGです。

Medium ea3c524a84d71441998809f1b744dfc36e54978e

【ロシア】

○→プレゼントの花の数は奇数にしましょう。

×→ウォッカを何かで割るのはNG。氷さえもダメです。

Medium 8207e9d7b3b2bfe1e72eb4c88fe1c582087c4669

【南アフリカ】

○→招待してくれた人が喜んでくれそうな小さなプレゼントを用意しましょう。

×→靴を履いたままは無作法。食事中に目線をそらすのも失礼です。

Medium ff8490912351f8e8f53a376242f100e76e2f2c1d

【アフガニスタン】

○→パンを落としたら、拾いあげてキスをしましょう。

×→ゲストをドアの近くに座らせてはいけません。一番遠い席にしましょう。

Medium c97d612a0b098fd702440f0ba17de5229fc40927

【韓国】

○→周囲と食事のペースを合わせましょう。早すぎても遅すぎてもダメ。

×→スプーンや箸がお皿に当たってカチャカチャと音が鳴ることはNG。

Medium 1b5fdb42184773686f458f4818730a02905a1847

【タンザニア】

○→瓶から直接ではなく、ビールはグラスに注いで飲みましょう。

×→座って食事をする時も、靴の裏を見せてはいけません。

Medium b8da37b67a65dc6ee2ceb11315558233ca6d27a6

【エチオピア】

○→ウェイターを呼ぶ時は、手をたたきましょう。

×→食事中に指を舐めることは、かなり無作法とされています。

Medium 48c9058ab22e09388f4ba6812aa8c78cbc6638c4

【ザンビア】

○→あなたより若い人が気を遣わないように、最後までしっかり食べ続けましょう。

×→食事の中身を聞くのはNG。毒などが入ってないか、あなたがホストを疑っているように思われてしまいます。

Medium fc4b60c792e2513ad9de2addc8cb0537ca49e5c5

【カンボジア】

○→喜びを伝えるため、思うままにすすって食べたり、舌なめずりをしてもOK。

×→口の中が見えないように、しっかり口を閉じて食べましょう。

Medium 03c379452400fbb2e2c1d568b4f086aa2e7398bf

【フィリピン】

○→相手のお茶が半分になっていたら、常に注いで満たしてあげましょう。

×→早く到着してはいけません。予定より15〜30分ほど遅刻しましょう。

Medium a2df56af68beeb7ff3cae882a54caaa846eb8540

【イヌイット】

○→食後のおならで、感謝の意を示します。

×→どんなに寒くても、グローブをテーブルの周りに置いてはいけません。

Medium 9f751571ccb28174dd307fc6790afc8ea4aa076d

【日本】

○→そばはズルズルと吸って食べることが良しとされています。

×→飲み物は自分で注がず、伝統的にお互いに注ぐスタイルです。

一気に24パターンを見てもらいましたが、気になる国はありましたか?全体的に少し誇張(?)されているような印象もありますが、それぞれの国の特徴がひと目で分かって面白いですね!ぜひ、今後の旅行の際の参考に。

Licensed material used with permission by Langfords
最近、黒い服を着るようになりました。かつて花屋さんに勤めていたころは、花に色があるから白い服を着なさいと、先輩方から言われていたんですけれど、年齢を重ねて...
ロシア在住のイラストレーターのLandysh氏が、猫の気持ちをポップなイラストで代弁しました。愛情を注ぐほどに離れていき、知らないうちに足元にすり寄ってく...
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
アゼルバイジャン在住の風刺画家、Gunduz Agayev氏。彼が国ごとに違う“正義”の捉え方を少し過激なイラストで表しています。「この作品を作るのに15...
犬の気持ちを理解したい。犬と話せるようになりたい!なんて、思ったことありませんか?犬は言葉ではなく、ジェスチャーによって感情を表現していると、イラストレー...
近年、音楽好きの間で再評価が進む、アナログレコード。じつは日本を含む世界中で若者を中心にブームとなっており、ここ数年爆発的に生産量が伸びているそうです。レ...
まず、下の写真を見てください。部屋には木材で作られたインテリアが並びますが、これらには“ある秘密”が。実は、手前の大きなテーブルや奥の椅子、像を置いたサイ...
「だまし絵を作るのが昔から好きなんだ。見た人は、その絵の意味をいろいろと考えるでしょ?普段の生活の中で、私たちは一つの視点だけでものごとを見がちだけど、世...
個性豊かな廃材を利用した手作り家具は、独特のビンテージ感と一点ものの風合いで人気を呼んでいます。ここに登場する家具や雑貨も、やはり廃材をリメイクしたもの。...
死んだあとってどうなるの?と聞かれるといくつか思い浮かぶイメージはありますよね。たとえば、天国とか地獄とか。しかし、ここで紹介するRamin Nazerさ...
妊婦さんは「永遠の神秘」。不思議さのなかにも、心温まる愛を感じさせてくれます。米メディア「Collective-Evolution」で、男性ライターのMa...
「WittyFeed」のFacebookで興味深いイラストが紹介されていました。それは、成功する人としない人の、行動や習慣の違いをシンプルに表したもの。画...
イタリアのミラノでは、毎年4月になると「ミラノサローネ」と呼ばれる国際家具見本市を中心に、様々なアイデア製品やデザイナー作品などを集めた展示会が街中で開催...
父と娘の絆を描いたイラストをInstagramに投稿するウクライナ人アーティストのSnezhana Sooshさん。いま、多くの人たちが静かにその絵に共感...
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...
これら15枚のイラストは、Viola Wangさんが描いた遠距離恋愛中のカップルの日常。一連の流れが、「切ないながらもキュンキュンする」と話題になっていま...
箸置きはもういらない!と言わんばかりの便利な道具が開発されました。ひし形に設計されており、持ち手を重くすることで、テーブルに置いても先端部分が浮く仕組み。...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
2005年ってどんな感じだったっけ?なんて聞かれても返答に困っちゃいますけど、「Paris zigzag」に掲載されたイラストは、この10年間で何が変わっ...
続々新作を更新しているDavid Zandman氏の作品「2 Kinds of People」を改めて紹介します。人々の行動に表れるちょっとしたクセが、2...