毎日、映画の名言にイラストを添えて、気づけば365枚になりました

いつまでも記憶にのこるシーンには、頭から離れないセリフがつきもの。それを文字(レタリング)におこすことで映画から名場面を抜き出したアーティストがいます。それも一日一枚、365日。

クライムムービーの殺気立ったセリフのあとに、ぽっとファンタジーの世界から心に染み入る言葉が突き刺さる。その刺激がなかなかにきもち良くて、どうにもクセになりそう。作品に合わせた書体も見どころ。場面がよみがえってくるはずだから。

01.
『ムーラン・ルージュ』

Medium 3997cb69d46165b524dbc4c3d65a40142e9c85b5

「人生で知る最高のしあわせ、それは誰かを愛しその人から愛されること」。

02.
『リロ&ステッチ』

Medium dcc7b9243501ae48a846c4514c21a968f0e623bf

「“OHANA”は家族という意味。そして、家族っていうのは誰も置いていかれたり、忘れられたりしないってこと」。

 03.
『ウィリー・ウォンカとチョコレート工場』

Medium 59929446da0f78b9a03cae3ff7325b87d785d156

「ここは音楽をつくる工場であり、僕らは夢を届けているんだ」。

04.
『プリンセス・ブライド・ストーリー』

Medium d467a8202798ad9bc211ab60378b7bbd9afce111

「やあ、俺の名前はイニゴ・モントーヤ。よくも父を殺したな。覚悟しな」。

 05.
『ドニー・ダーコ』

Medium 6028222852ba3d32b6054af0de3cd1a5793a87b7

「お前は、なんだって人間の着ぐるみなんかを着ているんだい?」

 06.
『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』

Medium fa2ace09b22084648409e8ce4a4305a6c2fff454

「ときに想像し得ない人物が偉業を成し遂げるのよ」。

 07.
『パルプ・フィクション』

Medium 4cbd7748eef4ef3fd32ca40d4f2e582d093b2866

「英語だよクソ野郎、しゃべれねえってのか?」。

 08.
『メリー・ポピンズ』

Medium 124da43305f3a21212bf6ba26c686e3ed3a6905f

『スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス(劇中に登場する楽曲)』。

 09.
『シックス・センス』

Medium 614052237db7d7bd9ef0840cfaa835baee133d5a

「ボクには死んだ人たちが見えるんだ…」。

 10.
『96時間』

Medium 01a281ea37b37735ac29cd45b12f960406fa4962

「お前が誰だか知らないし、何が欲しいのかなんか知らない。もし、身代金が目当てなら、俺には金なんてない。だがスキルならある。長年のキャリアの中で手にしたスキルだ。今すぐ娘を解放するなら、もう済んだことだ。お前らを探しはしないし追いかけもしない。だが、もし解放しないってなら、お前らを必ず探し、そして殺す」。

 11.
『ムーラン』

Medium 2431bbfe321586e14ef1890baff020a5a1cd985d

「逆境のなかで咲く花こそ、最も希少で最も美しい花」。

 12.
『ロード・オブ・ザ・リング』

Medium 309400b5ec22b4e6383a29c21b874b4e43953751

「ひとつの指輪がすべてを支配し、ひとつの指輪がすべてを見つける。そしてひとつの指輪がすべてを捕らえ、暗闇のなかにつなぎ止める」。

 13.
『汚れた顔の天使』

Medium 7b80c346c9f48b525c2a3dabb37dcaa151725dc9

「釣りはとっとけ。このクソッタレが!」。

 14.
『ファインディング・ニモ』

Medium 252cf53eb960273dcad6523e58fd0c96f39cfe74

「いいから、泳ぎ続けるんだ!」。

15. 
『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』

Medium 67fed8ebf3d1f91b534b6f12fa844ab8003bbabc

「誰もが心に光と闇を持っている。どの道を選ぶかだ」。

 16.
『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』

Medium fcb1f4219dd236af57b1025590e466661a5b2f2c

「ちがう、“やってみる”じゃない。“やる”か、“やらない”かだけ。やってみるってのは無しだ」。

 17.
『ゴッドファーザー』

Medium 18e9275dcfa499b49b2bf764e2c6f09da9edc476

「ヤツに文句は言わさん」。

 18.
『ダークナイト』

Medium 91a77d9ac943d7c7d768d4c375870550c43d3a7b

「俺はバケモンなんかじゃないよ。ただ、ちょっと先を行っているだけさ」。

 19.
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

Medium 2a8320f2acb5026ab29f6ec70889009d3607dc49

「道?我々の行く先に道など要らんよ」。

 20.
『ジュラシック・パーク』

Medium 31c8e9fb6dd513e56de79b6b27052f158399f6df

「生命は…必ず道を見つけるものさ」。

 21.
『インターステラー』

Medium 0cfa447538de38a0d52edf18bccd03e2e33c9310

「かつて人々は星を見上げ、私たちの住む星の不思議について考えていたものだ」。

 これらの作品、買えますよ

Medium 2a69bb7db66b7824fedc0e810fe5b8ccdb1dc792Medium 139a1e13adbf5b49da1bb0ba690897f216b140c3Medium c701cf6b0a80de13e544c67d5c9504274b782d5aMedium 1253f3f744c2ff820bb51f85ea331dd90bb7929b

Etsy」では、これらの作品が額装されてどれも1,800円ちょっとで手に入ります(フレームは金額に含まれていません)。壁を彩る名画のワンシーン、のぞくだけでも結構楽しめますよ。

Licensed material used with permission by Ian Simmons
「だまし絵を作るのが昔から好きなんだ。見た人は、その絵の意味をいろいろと考えるでしょ?普段の生活の中で、私たちは一つの視点だけでものごとを見がちだけど、世...
日本のお母さんたちは、お弁当のごはんの上に海苔でメッセージを書きますが、アメリカのお母さんたちはランチボックスに添えるナプキンに子供へのメッセージを書くよ...
ここに登場する絵は、すべてイラストレーター高田美穂子さんによって描かれた「挿絵」です。小説の主役は、言うまでもなく「物語」そのもの。けれど、こうして文芸誌...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
小学校のカリキュラムに「映画」が追加されたアルゼンチン。「VARIETY」によると、7つの州に限定されていますが、2016年の8月からプログラムはすでに開...
コメディアン、俳優として活躍した故ロビン・ウィリアムズ。映画『グッド・ウィル・ハンティング』や『いまを生きる』では、アカデミー賞助演男優賞を獲得し、アメリ...
妊婦さんは「永遠の神秘」。不思議さのなかにも、心温まる愛を感じさせてくれます。米メディア「Collective-Evolution」で、男性ライターのMa...
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
ポルトガルのデザイナー、David Zandman氏の作品「2 Kinds of People」は、人々の行動を2種類に分けて表現したもの。それぞれのイラ...
普段から、何気なく口にしている食べ物たちの声なき声が聞こえてきそう。キッチュなイラストを描いたのは、マレーシア在住のイラストレーターChow Hon La...
そんな「弱肉強食」の関係が、それぞれ一枚のイラスト内で完結。どこに焦点を合わせるかで、あなたが目にするものの立場が180度変わります。これは、イタリア人イ...
これら15枚のイラストは、Viola Wangさんが描いた遠距離恋愛中のカップルの日常。一連の流れが、「切ないながらもキュンキュンする」と話題になっていま...
父と娘の絆を描いたイラストをInstagramに投稿するウクライナ人アーティストのSnezhana Sooshさん。いま、多くの人たちが静かにその絵に共感...
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...
よく使われる英語のフレーズをイラストにしたら、こんな感じかな〜。イスラエルのデザイナー、Keren Rosen氏が制作したイラストが話題になっています。一...
どんなに偉大な有名人だって、当然昔は子供で、ピチピチの若者だったわけです。そんな彼らの「今と昔」がわかるイラスト作品が話題。まるで親子みたいですが、必見!...
パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
2005年ってどんな感じだったっけ?なんて聞かれても返答に困っちゃいますけど、「Paris zigzag」に掲載されたイラストは、この10年間で何が変わっ...
学校に持っていくお弁当には、両親の愛情がこもっているものです。ロンドン在住のイラストレーター、Rob Biddulphさんは、末娘のPoppyが保育園から...
「WittyFeed」のFacebookで興味深いイラストが紹介されていました。それは、成功する人としない人の、行動や習慣の違いをシンプルに表したもの。画...