パリとNYの違いを表した「イラスト19枚」

フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分けている彼が、それぞれの違いをミニマルでカラフルなイラストで表現しました。

01.
“光の都”パリ
“ビッグアップル”NY

parisnewyork2

「花の都」と形容されるパリですが、フランスではヴィル・リュミエール(光の都)と呼ばれています。ご存知「ビッグアップル」こちらの由来は諸説あり、大恐慌時代多くの失業者がNYでリンゴ売りをしていたから説が有力です。

02.
トレンドを引っ張るのは彼ら?

parisnewyork3

最近、日本のファッション誌でも見かけるようになった「ボボ」って何?これは、bourgeois bohemian(ブルジョワーズ・ボヘミアン)の頭文字をとった造語。何不自由なく気ままに暮らす人々の意。NYで言うところの“ヒップスター”だということのよう。

03.
地下鉄の切符からも
規模の違いが明確

parisnewyork1

パリのメトロは、1900年のパリ万博に合わせて開通。現在14号線まであります。それから4年遅れで開通したNY。現在は33路線で運行。規模も違えば、切符のデザインも違います。

04.
デザインで見てみると…

スクリーンショット 2015-12-16 13.41.17

現代アートを代表する二大ミュージアム。

05.
エスプレッソ派?
アメリカーノ派?

スクリーンショット 2015-12-16 13.22.53

このサイズ感の違いって、何なのでしょう?

06.
食べ歩きに向いているのは
NYスタイルかな?

スクリーンショット 2015-12-16 13.23.36

 

文化のある街には、決まって美味しいパン屋がズラリ。知ってました?

07.
NYは手で「止まれ」

スクリーンショット 2015-12-16 14.31.08

パリは、日本と同じ歩行者のマークが歩いているか止まっているか。そういえば、NYの「止まれ」は、手のひらで制されているアレでしたね。

08.
犬のお散歩風景も対照的

スクリーンショット 2015-12-16 13.24.21

NYのワンちゃんたちは、よくしつけられてる!?

09.
冷たい雨がよく似合うパリ
氷点下も珍しくないNY

スクリーンショット 2015-12-16 13.25.16

冬の天候の違いをよく表した一枚。

10.
駐車事情にも違いがくっきり

スクリーンショット 2015-12-16 13.25.35

車道に二列渋滞してでも駐車しちゃうパリ。車社会アメリカでは、駐車場のための高層建築も珍しくありません。

11.
流行の発信地はどっち?

スクリーンショット 2015-12-16 13.25.51

ぱっつん前髪の方が、日本人ウケが良かったようで。

12.
様式美&スケール感

スクリーンショット 2015-12-16 13.26.14

パリの橋はどこか女性的。スケール大で男性的なブルックリン橋。

13.
小説の舞台、パリ
映画の舞台、NY

スクリーンショット 2015-12-16 13.39.01

あえて、それぞれのランドマークを挙げたらですけど。ヴィクトル・ユーゴーの小説『ノートルダムのせむし男』。エンパイア・ステート・ビルによじ登ったのは、キングコングでしたね。

14.
街と女性を彩る輝き

スクリーンショット 2015-12-16 13.39.45

どちらも世界中の女性をとりこにしています。

15.
2都市を象徴する文化的アイコン

スクリーンショット 2015-12-16 13.40.11

 

紫煙が似合うシェルズ・ゲンズブール。白髪が特徴的なアンディ・ウォーホル。

16.
建物の形で比べてみました。

スクリーンショット 2015-12-16 13.41.03

もちろん、一例ですけどね。

17.
アパートで比べてみました

スクリーンショット 2015-12-16 13.24.41

窓の様子を比べてみると、生活スタイルの違いが見えてくるかも。

18.
タクシーの量

parisnewyork5

フランス観光開発機構によると、パリ市内とその周辺には約17,000台のタクシーが走っているそうです。かたやNYには約14,000台。この絵のようにNYの方が圧倒的に多い印象ですが…。

19.
絵になる街の風物詩

45course

他にもまだまだ、違いが見えてきます。全編は以下の動画からチェック!

Licensed material used with permission by Alex Frukta

パリとロンドン。電車でわずか2時間半ほどの距離にある2都市の間には、言語以外にもさまざまな違いがある。そう主張するのは、パリを拠点にさまざまな情報を発信す...
誰もが足を運ぶ観光名所が数多ひしめくパリ。ガイドブックに載っているお馴染みの風景に出会えることは、間違いなくこの街を訪れる醍醐味だ。でも実は、どこを歩いた...
世界で若者が暮らしやすい都市のランキングが発表された。トロントにある市場調査会社によって制作されたものだが、そのランキングとは如何に!?■世界で最も暮らし...
これら15枚のイラストは、Viola Wangさんが描いた遠距離恋愛中のカップルの日常。一連の流れが、「切ないながらもキュンキュンする」と話題になっていま...
ゴールドやシルバーのリングやネックレス。パッと見は何の変哲もないアクセサリーですが、実はこれらは世界の都市をモチーフにしたもの。たとえば、パリのリング。で...
父と娘の絆を描いたイラストをInstagramに投稿するウクライナ人アーティストのSnezhana Sooshさん。いま、多くの人たちが静かにその絵に共感...
近頃よく目にする、世界の様々な街のタイムラプス動画。ここでは花の都・パリが舞台です。登場するのは、ルーヴル美術館や凱旋門など、いわば王道の観光スポットばか...
犬の気持ちを理解したい。犬と話せるようになりたい!なんて、思ったことありませんか?犬は言葉ではなく、ジェスチャーによって感情を表現していると、イラストレー...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
「だまし絵を作るのが昔から好きなんだ。見た人は、その絵の意味をいろいろと考えるでしょ?普段の生活の中で、私たちは一つの視点だけでものごとを見がちだけど、世...
ロシア在住のイラストレーターのLandysh氏が、猫の気持ちをポップなイラストで代弁しました。愛情を注ぐほどに離れていき、知らないうちに足元にすり寄ってく...
香港のデザイン会社「Local Studio HK」が制作した、中国と香港の違いを表したイラストを紹介しましょう。左側が中国で、右側が香港。中国に対して皮...
同じコトをして、同じセリフを言っていたとしても、シチュエーション次第で意味するものは変わってくる。女性のみなさん、甘い言葉にはお気をつけあそばせ。欲望:「...
フランスのイメージは、ロマンスの国。多くのプロジェクションマッピングを手がける、Julien Nonnonの新作もまた「やっぱりパリって、愛の街なんだ」と...
「WittyFeed」のFacebookで興味深いイラストが紹介されていました。それは、成功する人としない人の、行動や習慣の違いをシンプルに表したもの。画...
英ブリストル在住のイラストレーターPhilippa Riceさん。彼女のポップでかわいいイラスト「SOPPY」のモチーフは、彼女と実際の彼との生活を描いた...
ホテルの寝具が心地いいのは、ビシッとセッティングされたベッドのおかげ。自宅でも簡単にプロのベッドメイキングを再現できるよう、分かりやすく写真と動画でみてい...
妊婦さんは「永遠の神秘」。不思議さのなかにも、心温まる愛を感じさせてくれます。米メディア「Collective-Evolution」で、男性ライターのMa...
もともとは様々なアーティストの手によってタバコの箱に描かれた絵だったそう。「En L'An 2000」は1899年の作品。日本で言えば明治時代の始めです。...
ポルトガルのデザイナー、David Zandman氏の作品「2 Kinds of People」は、人々の行動を2種類に分けて表現したもの。それぞれのイラ...