ギューッ!と押すだけで、99.999%浄水できるボトル「GRAYL」

ものすごく簡易的なモノに見えます。が、このボトルでろ過すれば、大抵の水が飲めるようになるそうです。詳しくは以下のとおり。

<除去できるもの>

・ウイルス(球菌、A型肝炎など)
→99.9999%。
・バクテリア(大腸菌、サルモネラ菌など)
→99.9999%。
・原生嚢子(ジアルジア、クリプトスポリジウムなど)
→99.999%。
・その他。塵や砂、化学物質(塩素、ベンゼンなど)、重金属(鉛、ヒ素など)。

使い方もカンタンです。

水を汲みます。

487cefd3dc660f43e6d5400a762b9d85ac1bf367

ギューッ!と押します。

06c0d36217c89c5b6bfdab5176723c9fe6e61b54

準備OK

C16d2afe9386427144576ce260ee0e987de1f7a3

プッシュは1度だけすればよく(15秒以内で済むそう)、バッテリーも要りません。飲む水を確保するほかにも、ケガの処置に清潔な水が必要になった時など、様々なシーンで活躍しそう。さらに、

携帯性がバツグン。

Ba5644d1765bfc52a0fe1f395eb29c982bbb00f5

Photo:「Ultralight」($59.95)。

ミニマリストが携帯性にとことんこだわってデザインしたとあり、デイパックのサイドポケットにスポッと入るほどコンパクト。

上の写真は、3種類ある「GRAYL」の本体シリーズのうち、もっとも軽い「Ultralight」。高さは24.5cm×直径7.3 cmで、重さが309g。容量は473ml。カラーはオレンジとブラックが選べます。その他、キャップやボトルがスチール製のモノも。

C4516531a9877c6db3db7a2fdc2149c1e1c0e32d3ab2b0393bfeb117087f9758fe37bdec530452abB0d4b60cb8d22a05956b7a79be44b0b89e5580ed

Photo:左、「Quest」($79.95)。右、「Legend」($89.95)。

85429be5caf6f0f102281b2f4b7751fe3bd394f4

Photo:「Quest」

55757a3c880bdf25f90f1759a18e7414c552052b

Photo:「Quest」

9ab1e9ef8c46eca24cd19b7a9e44c13f22f0f98b

Photo:「Legend」

交換用フィルターは、1個で300回(約150リットル分)まで浄水できるそうです。海外旅行やアウトドアに行く際はもちろん、緊急時用の備えとしてひとつ持っておくと安心かも。

2016年6月の配送開始を予定しており、「Ultralight」のボトル本体は59.95ドル(約6,800円)、交換用フィルターは24.5ドル(約2,780円)で事前予約可能。日本への送料は25ドル(約2,840円)かかります。そのほかの詳細は公式ホームページでチェックしてみてね。

Licensed material used with permission by GRAYL
もしも、どんなに汚れている水でも、すぐに飲料水に変えてしまう魔法のボトルがあったら…。アメリカに住むマイケル・プリチャードさんは、2004年スマトラ島沖地...
どれだけ綺麗な山奥の清流でも、安心して飲めるレベルの水かどうかは分からない。それでも、なんとなくの感覚で大丈夫と判断してしまっているのが正直なところ。そこ...
奈良県の広陵町(こうりょうちょう)は、靴下の町として知られている。小さなエリア内には、40社ほどの靴下メーカーが集まっているという。この町でつくられる靴下...
クラウドファンディングで資金を募っているアイテムは、これまでにも様々紹介してきました。が、こんなにも支持を集めている商品には、書き手としてもなかなか出会え...
通常のソレとはまったく異なる形状のウォーターボトル。まるでノートのようなビジュアルに、多くの人が虜になっている模様です。なるほど、確かにその気持ちわかりま...
その理由は、「THE PINT」がボトルであり、グラスでもあるから。水やジュースはもちろん、トランスフォームさせてコーヒーやビールだって楽しめるため、ちょ...
右側の水槽に注目してほしい。水はひどく濁っており、奥の壁がまったく見えない状態だ。時刻は、およそ9時45分。次の画像の時刻は、およそ11時5分。まったく手...
確かにこの発想は一理あり。空気に触れると酸化が進み、徐々に劣化してしまうのは、醤油も化粧水も同じ。だからこそ、馴染みのある“あの真空ボトル”に詰めこむこと...
日差しの強さがさらに増しているこの時期、運動をする人にとって何より大切なのが水分補給。ウォーターボトルを用意したいところですが、持ち歩くのはちょっと面倒。...
手づくりのフルーツスムージーや野菜ジュースは、作り置きしたり、持ち歩くことが難しいですよね。なぜなら鮮度が命だから。時間が立てば酸化も進み、栄養素が失われ...
旅好きの女性に、ぜひともオススメしたいアイテムがこちら。ちなみに、自分の周りではかなり好評なんです。一緒に旅行に行く男性からすると、持ち運びが大変だなあと...
ビールやワイン、ジュースなどのボトルや瓶には、思わず残しておきたいと思うようなデザインのものがあります。とはいえ、取っておいても特に使い道がないので、普通...
世界で初めて、消費者への「節水」を呼びかけるために生まれたエココスメがあります。売り上げの一部は、水不足に苦しむ地域への支援活動に使われている。きっとここ...
仕事に疲れて、家のドアを開けたら郵便物の山。請求書が混じっていたり、カードや光熱費の明細が入っていたり、思わず「はぁ〜」とため息が漏れそうな瞬間ですが、も...
日本ではなかなか出会えないローカルワインを旅先から持ち帰りたい。けれどフライトにボトルサイズの持ち込みは禁止。結局は手荷物として預けるほかありません。まあ...
花見や月見など、日本には自然の風情を楽しむ素晴らしい文化があります。そんな日本の情景によく合うのが日本酒。でも、瓶で持ち運ぶのは重たくて、割れるリスクだっ...
ハワイ土産として人気となった〈Hydro Flask(ハイドロフラスク)〉。ポップなデザインが注目されていますが、実際に使ってみると、その真価は“持ちやす...
ワインを注ぐときに、イヤなこと。それは垂れること。テーブルクロスや洋服を汚しかねないから慎重にやるけど、やっぱり垂れちゃう。しかも、ワインの染み抜きって時...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場するやいなや、世界中の酒好きから絶大な支持を獲得。わずか数日で目標金額を達成してしまった「Oa...
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...