ギューッ!と押すだけで、99.999%浄水できるボトル「GRAYL」

ものすごく簡易的なモノに見えます。が、このボトルでろ過すれば、大抵の水が飲めるようになるそうです。詳しくは以下のとおり。

<除去できるもの>

・ウイルス(球菌、A型肝炎など)
→99.9999%。
・バクテリア(大腸菌、サルモネラ菌など)
→99.9999%。
・原生嚢子(ジアルジア、クリプトスポリジウムなど)
→99.999%。
・その他。塵や砂、化学物質(塩素、ベンゼンなど)、重金属(鉛、ヒ素など)。

使い方もカンタンです。

水を汲みます。

Medium 487cefd3dc660f43e6d5400a762b9d85ac1bf367

ギューッ!と押します。

06c0d36217c89c5b6bfdab5176723c9fe6e61b54

準備OK

Medium c16d2afe9386427144576ce260ee0e987de1f7a3

プッシュは1度だけすればよく(15秒以内で済むそう)、バッテリーも要りません。飲む水を確保するほかにも、ケガの処置に清潔な水が必要になった時など、様々なシーンで活躍しそう。さらに、

携帯性がバツグン。

Medium ba5644d1765bfc52a0fe1f395eb29c982bbb00f5

Photo:「Ultralight」($59.95)。

ミニマリストが携帯性にとことんこだわってデザインしたとあり、デイパックのサイドポケットにスポッと入るほどコンパクト。

上の写真は、3種類ある「GRAYL」の本体シリーズのうち、もっとも軽い「Ultralight」。高さは24.5cm×直径7.3 cmで、重さが309g。容量は473ml。カラーはオレンジとブラックが選べます。その他、キャップやボトルがスチール製のモノも。

Medium c4516531a9877c6db3db7a2fdc2149c1e1c0e32dMedium 3ab2b0393bfeb117087f9758fe37bdec530452abMedium b0d4b60cb8d22a05956b7a79be44b0b89e5580ed

Photo:左、「Quest」($79.95)。右、「Legend」($89.95)。

Medium 85429be5caf6f0f102281b2f4b7751fe3bd394f4

Photo:「Quest」

Medium 55757a3c880bdf25f90f1759a18e7414c552052b

Photo:「Quest」

Medium 9ab1e9ef8c46eca24cd19b7a9e44c13f22f0f98b

Photo:「Legend」

交換用フィルターは、1個で300回(約150リットル分)まで浄水できるそうです。海外旅行やアウトドアに行く際はもちろん、緊急時用の備えとしてひとつ持っておくと安心かも。

2016年6月の配送開始を予定しており、「Ultralight」のボトル本体は59.95ドル(約6,800円)、交換用フィルターは24.5ドル(約2,780円)で事前予約可能。日本への送料は25ドル(約2,840円)かかります。そのほかの詳細は公式ホームページでチェックしてみてね。

Licensed material used with permission by GRAYL
どれだけ綺麗な山奥の清流でも、安心して飲めるレベルの水かどうかは分からない。それでも、なんとなくの感覚で大丈夫と判断してしまっているのが正直なところ。そこ...
通常のソレとはまったく異なる形状のウォーターボトル。まるでノートのようなビジュアルに、多くの人が虜になっている模様です。なるほど、確かにその気持ちわかりま...
クラウドファンディングで資金を募っているアイテムは、これまでにも様々紹介してきました。が、こんなにも支持を集めている商品には、書き手としてもなかなか出会え...
その理由は、「THE PINT」がボトルであり、グラスでもあるから。水やジュースはもちろん、トランスフォームさせてコーヒーやビールだって楽しめるため、ちょ...
右側の水槽に注目してほしい。水はひどく濁っており、奥の壁がまったく見えない状態だ。時刻は、およそ9時45分。次の画像の時刻は、およそ11時5分。まったく手...
手づくりのフルーツスムージーや野菜ジュースは、作り置きしたり、持ち歩くことが難しいですよね。なぜなら鮮度が命だから。時間が立てば酸化も進み、栄養素が失われ...
旅好きの女性に、ぜひともオススメしたいアイテムがこちら。ちなみに、自分の周りではかなり好評なんです。一緒に旅行に行く男性からすると、持ち運びが大変だなあと...
世界で初めて、消費者への「節水」を呼びかけるために生まれたエココスメがあります。売り上げの一部は、水不足に苦しむ地域への支援活動に使われている。きっとここ...
日本ではなかなか出会えないローカルワインを旅先から持ち帰りたい。けれどフライトにボトルサイズの持ち込みは禁止。結局は手荷物として預けるほかありません。まあ...
花見や月見など、日本には自然の風情を楽しむ素晴らしい文化があります。そんな日本の情景によく合うのが日本酒。でも、瓶で持ち運ぶのは重たくて、割れるリスクだっ...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場するやいなや、世界中の酒好きから絶大な支持を獲得。わずか数日で目標金額を達成してしまった「Oa...
クロッカスは、毎年春先になると、華やかな黄色や紫色、白色の大きな花を咲かせるアヤメ科の品種で、球根から育てることができます。品種によっては、秋咲きのものも...
街でビールを配っていたらーー。そりゃもらいたくもなるもの。でも、手にとった瓶が急に道案内しだしたとしたら、あなたはどうしますか?オランダの首都、アムステル...
「CORKCICLE(コークシクル)」は、ワインを愛する3人の男性によって設立された、フロリダ発のブランド。同ブランドのプロダクトの販売が、2016年3月...
深刻な大気汚染が続く中国・北京でいま、ある酸素ボトルが飛ぶように売れ、予約が殺到している。と海外のメディアが一斉に取り上げ、大きく報じました。どうやら、そ...
およそ7億5,000万人もの人は安全な水が手に入らず、さらに年間約50万人もの子どもが汚い水が原因で命を落としている、と日本ユニセフ協会は指摘します。そん...
サンディエゴの冒険家で環境活動家の、ロブ・グリーンフィールド。食糧問題や環境問題を主題に置いた独自の旅を続けてきた人物です。現在、バックパックひとつで無期...
フィンランドに拠点を置くLimonade社が開発した、世にも珍しい“ペットボトルキャップ”を紹介。ただの水がジュースに変わるって、一体どういうことなのでし...
楽しい楽しいアウトドア。でも、朝からはしゃぎすぎて疲れてしまうこともありますよね。特に子供は体力がないので、急に電池切れしてウトウト…なんてことも。そんな...
タイの水掛け祭り、ソンクラーンフェスティバルをテーマとした「ウォーターラン」が話題となっているここ数年。暑い夏を乗り切るためには、やはり「水」を使ったアク...