「斜め45度」が止められない・・・ロシア人インスタグラマーの偏愛写真24枚

もしかしたら、これから登場する写真が、あなたにはただの風景画にしか映らないかもしれない。けれど、これが「斜め45度」の世界。2枚、3枚と続くうちに、いつしかこのデュアルワールドの奥深さに、あなたもハマっていくに違いない。

無意識に気がつくと
この世は“斜め45度”に
あふれている!

Medium 6928b6ed97ab6accbd2f3af92812a76b34bf2d8f

たとえば、この一枚の写真。川沿いの土手にできた轍の上を自転車が走る。何のことはない風景写真ともとれる。が、写真の右上と左下に注目してほしい。寸分たがわぬ位置にピタッと角と角を意図的に合わせているのが分かるはず。こうして生み出されるのが角度45度だ。

撮影者は、ロシア人インスタグラマーのSergey Minkinさん。彼のただひとつのこだわり、それが平面と物体(または人物)を融合させて「斜め45度」の世界観をつくりだすこと。カメラを斜めに構え、意図的に角度を付けたものではない。すべては、日常の中にあるものから、斜めな世界を切り取っていくのが彼の技法。

「街を歩いていても、どこかに45度で構成されたものを無意識的に探してしまっているんです。いつも、『これが最後』って心に誓うんだけど」

勝手な心配だが、完全に彼の中でフェティッシュ。
それでは、Sergeyさんの偏愛作品をどうぞ。きっと、最後まで行き着くころには、自然と首が左に傾いていることだろう。

いつしか、これが
デフォルトになってくる

Medium fccae6ac925f83a07f651bc039f2f8adac71b38aMedium b9620e1a399c722c7480ef0489df0d928af842d1Medium e77d084490220a1aae66f7acd223b57e60974644Medium 29b10b612d2d1044d273ea98827d7e1c24a94762Medium bac970e502e3f9562968e3fc3d47a17e23953eacMedium 07c55855003a9eed80a80a2d603805d29394a6d9Medium cef74a9bae14d669213ab2b32a30f775d4bda9ebMedium 4375bec3323b3835ad40d8dc0ea08f1b536e402cMedium 7a94fd310306c5d8c75a6fdc0fc0de14503db7c8Medium 6d012217aec0569b28f7b15a084db5d8cca26e4cMedium f8316e6ccb5995d7c595cbbfe1d6448bb0947e71Medium 01c076da6f32fbbec56003a5783b0bc3f7090a5fMedium 93a19aed3afaecd75c40dc4a1e848a580c567df4Medium 2209f850ce5032906c2a9e8a0fa82e2ba192150eMedium 3b04ce9251abe84302af48562b0d88692eaa032dMedium 9b9c1a51a5fb71f7e0659ff9e62c4349e601788aMedium d2452f7d7497b060727c149e51e606bc55bdd810Medium 82ec182acd87f1ef86bd33c95ec70faa74d559b2Medium 7c8e159a6db11adef5f90c2c78c96bada0eed315Medium d7ca98d05962028936c40f4b2f6f633de9e6f5d5Medium 1eb69ee218cfcad16632becda2a685b9eecd7015Medium e31d99cdf507974d256bbd9b67f19de9e06ddb76
Licensed material used with permission by teaforbear
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
合成でしょ?と思わず疑ってしまいそうな浮遊写真。フォロワー数27万人の超人気インスタグラマーhalnoさんの作品は、どれも本当に飛んでいるんです。いや、厳...
今となっては、ウユニ塩湖の絶景写真は数多い。もちろんそのほとんどは何度見ても綺麗だし、一生に一度は訪れてみたいと思う。でも、いたるところで取り上げられると...
一度はその目で見てみたいコックピットからの景色。この360度カメラで撮影された動画が、それを実現してくれます。パイロットになった気分でエアバスを操縦してみ...
きっかけは、オードリー・ヘプバーンに影響されたことから。彼女は、おばあちゃんのアクセサリーや古着などを使い、人気女優をはじめ歴史上の人物や作品に登場するキ...
Jannik Obenhoffくんがカメラを始めたのは13歳の時。それから彼の趣味世界はどんどん広がっていきました。ドイツを旅して写真を撮影するようになっ...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
もう使わなくなった古いスマホはどうしてる?ほとんどの人が、引き出しの奥にしまったままなのではないだろうか。僕もその一人だ。何か再利用の方法でもないものかと...
シンガポール生まれ、シンガポール育ち、悪そうなシンガポールのスポットはだいたい撮影に行ってるんじゃないかなっていうフォトグラファー、Yik Keat。彼の...
スマホのおかげで、それまであまりカメラに興味がなかった人でも、気軽に手元に写真を残せるようになりました。「みんな、もっと写真を撮ればいいのに」と思...
ロシアにある「バイカル湖」は、冬になると凍る絶景スポットとしてよく知られています。フォトグラファーのクリスティーナさんは、その上を歩きながらその風景を撮影...
まるで空に浮かんでいるような瞬間を切り取った「浮遊写真」。Instagramをはじめ とするSNSにたくさんアップされていますが、浮遊姿勢、美しさでいった...
この心温まる光景は、カナダに住むエリザベス・スペンスさんの息子、アーチーくんとイングリッシュポインターのノラちゃん。毎日一緒にお昼寝をしている姿をインスタ...
押し入れの奥にしまってある、思い出のアルバムーー。最近は、すっかりデジタルカメラやスマホに移行し、アルバムをめくって思い出を振り返る機会も減ってしまいまし...
シンプルで美しい、ワンプレートの朝ごはん日記を発信中の大人気インスタグラマー。山崎佳(@keiyamazaki)さんの投稿を、毎朝59万人以上が楽しみにし...
「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど...
空撮は、まだ一般的とは言えずとも、グッと身近なものになりつつあります。多くのフォトグラファーや映像作家にとって、ドローンは「表現の幅」が広がる大きなきっか...
2016年3月、インターネットを通じて世界中を賑わせたこちらの写真。一体何人の女の子が写っていると思いますか?改めて見てみましょう。左から順番に見ていくと...
To-doリストに並ぶたくさんのことを一度すべて忘れて、ダラけたいときって誰にでもあるもの。当然、女性にもそんな日はあるのです。そこで「Elite Dai...
今年もナショナルジオグラフィック(通称:ナショジオ)が主宰するフォトコンテストのファイナリストが発表されました。コンテストは「風景」「環境問題」「アクショ...