アメリカに、究極の「光る泥だんご」を追求する男がいた!

ブルース・ガードナーは、ニューメキシコ州アルバカーキにいる。どうやら究極の「光る泥だんご」を追い求め、日々研究と実験を重ねているようだ。

きっかけはある人物からこの「文化」を教わったこと。ウィリアム・ギブスンという名前を聞いてピンと来るだろうか。知る人ぞ知る著名な作家だ。SFやサイバーパンク、スチームパンクといった世界観に影響を与えた人物として知られている。

いくつか作品画像を紹介しよう。

Medium ab88ed596593b2cc9cb1affd79289dc6f63a6b83Medium 664ddc00a47e8f1be79af567c9345d55c752de7bMedium fcca01dac8a2a5f2699c9291b9162f72f0146038Medium 06df6a6832ac5c53ccd4a65e68037d35c00c3e56Medium 5e9bff7fe7db5b6ab827a9e66b5822d51cfcad79Medium adbe5f789cd8ffce35028d522c1eff6d52477e55Medium e7f5d92e2e890b12ec715006ea5b524bf2c84db3Medium 2397e05da9a9eb42402d99b0a904e9964d54f93b

ここまで見ただけでも圧巻だ。幼いころにつくったことがある人も多いであろう「泥だんご」。砂をかけて磨くことで、まるで宝玉のごとく輝くが、見るとおわかりの通り、ただ光っているだけではない。

彼のストイックな1日は、まず土探しから始まる。

Medium 95df3dd520df8c6b1ee976acdecae959ed749c3d

より素晴らしい泥だんごをつくるには、土の良し悪しも肝心だ。

Medium 86cf503fa578f5d78186f29cb9a573598b1728cf

ザクッ。

Medium 9ecba69fef26c0b52b470b6b11b23b602ed53e20

土を持ち帰ると、専用の器具へと移す。

Medium 75a03a813436d206b7426b0cb7ce4a220e75cbf6

網を使って、きめ細かな土へと再構築。

Medium 44668bed7e96bd87adb9b3c80ab15fba4472e07e

水を混ぜてだんごをこねていく。

Medium 24086741675d7bce5c8b27874cb544bbc9498875

砂をまぶし、磨く。

786b63fb4aa76daed9ed3adbf646dcce40e16cd9

さらに、繰り返していく。

Medium 3e9e28790d96a966634fdd6e723db6f16fb31903

使用する素材によって、違った表情の作品が生まれるそうだ。

Medium d1cabe591e55eb0f0ab3355ac5fa573a666b1761

ズラリ。

Medium 7027f98b371aceeaf3ac9d831a3823d0a4960cfa

輝きが眩しい。

Medium 39ad2efef242f6de212b0f7afac576412affbe6f

自然にできる模様も魅力的だ。

Medium d925fbe50bf0328a54dedd74e1ffd8089cc82e05

一体どれだけの修行を積んできたのだろうか。途方もない数の作品が並んでいる。

ちなみに、彼がこの芸術品のルーツを辿って行き着いたのは、「日本泥だんご科学協会」なる組織だったそうだ。

ルーツは、日本?

Medium a93e6984af4cdfe53dfb2ae06f98b284fbefbb34

英語名は「Association of Nippon Doroーdango Science(ANDS)」、日本語略称は「アンズ」。彼が参考文献としてHPに掲載していた、同協会の加用文男理事長を取り上げた「Web Japan」の記事には、泥だんご研究のきっかけが記されていた。

1999年、加用理事長は教育研究の一環として幼稚園を訪ねた。園児たちと泥遊びをしていると、ある子どもにこんなことを言われたそうだ。

「ホンモノの泥だんごを見せてあげる」。

そうして目の前に現れたのが「光る泥だんご」だった。とはいえ、他の作り手には再現できなかったらしい。そこで、電子顕微鏡を使った数百回に渡る分析を経て、誰にでも真似できる方法を確立したのが、何を隠そう加用理事長である。

無論、この特別な泥だんごを作って楽しんだ人々は過去にもいただろう。しかし、ごく一部の才能ある人々だけに許されていた遊びが、彼の手によって万人が楽しめる娯楽となったのだ。その功績は大きい。

そして、加用理事長が研究してきた作法を取り入れながら、独自のテクニックを加えて改良版を作ったと豪語するのが、ここで紹介しているブルース・ガードナーという男なのだ。最後に、彼の技法を紹介しよう。

ブルース・ガードナー式
「光る泥だんご」の作り方

Medium 8347b227f89fdf72f044326898cab1336f4d4952

ステップ1:土作り

キレイなコンテナに、水と土を入れる。土の種類によって水の量は異なるが、少しずつ混ぜながら、パン生地のような柔らかさになるまでゆっくりと追加していく。

ステップ2:コアをつくる

手の土をとり、両手で球体へと形作っていく。この時、できるだけ水分を絞り出す。形を丁寧に整える。もし欠損が出た時は、擦ったり、水を増やしたり、ギュッと圧縮すると消せる。ベトベトした球体ができたら、次だ。

ステップ3:カプセル層をつくる準備

片手で泥だんごを持ち、片手で砂をまぶしかける。上の動画にもあったように、親指でならしていく。これについては、加用理事長による説明が詳しい。が、そこに加えたいのは、砂が泥の水分を非常に急速に吸収してしまう点だ。亀裂が入らないポイントを見極める必要がある。

ステップ4:水分を外に出す

ビニール袋に泥だんごを入れ、20分待つ。形を保つために柔らかく平行な場所に置くように注意。袋の内面に水滴が出たら、表面が湿ってくる。そうしたら袋から取り出し、ステップ3をもう一度。ひび割れが始まる前にもう一度袋の中に戻そう。

このステップ3と4の手順を、表面が革製品並みの硬さになるまで繰り返す。だんだん泥だんごの水分が外に出づらくなるのが分かるだろう。ここまできたら、冷蔵庫に入れて乾燥を早めても大丈夫だ。が、水分が外に出やすくなるので球体の下部が溶ける心配がある。

ステップ5:最後のカプセル層をつくる

「光る泥だんご」の表層は、美しい砂によって作られる。2つの方法がある。

オンサイト:砂が豊富にあるのであれば、細かなものを軽く手でパッティングして、優しく撫でる。

オフサイト:もし砂が限られているのであれば、網戸を使って砂をふるいにかけ、細かくしよう。防塵マスクは忘れずに。そうして作った細かな砂で、泥だんごを撫でていこう。

こうして表面の水分を完全に吸収する(見た目は粉っぽくなる)。そして、再度新しいビニール袋にこの玉を入れる。よりぶ厚いカプセル層をつくるには、この手順を出来る限り繰り返すこと。袋から出した後に、砂があまりつかなくなったら、艶を出す準備は完了だ。

ステップ6:磨き

袋から玉を取り出し、20分乾燥させる。柔らかい布で慎重にさする。ここで水分が残っていれば、すべては台無しだ。しっかり乾いた状態で磨こう。

※加用理事長が書いた『白玉法』によると、磨いたからと言って輝きが増すわけではないので注意が必要だそうだ。

土と水の芸術品とも言われている「光る泥だんご」の世界をもっと知りたくなったというあなたは、彼のホームページや「日本泥だんご科学協会」公認と書かれている「泥だんごのホームページ」を見てみよう。多彩な作品の数々は見逃せない。動画も必見だ!

Licensed material used with permission by Bruce Gardner, P2 Photography
健康のために、変わったモノを摂取するブームは、昔から話に事欠かない。日本が誇るレジェンド・オーガニックドリンク「青汁」。様々な「酢」を飲むブーム。昨今では...
いつの時代も、どこの国でも、男たちの「挑戦」には心揺さぶられるものがあります。たとえそれが、「やりすぎ」だとしても…。ここで紹介するのは、好きが高じて、も...
過去に、5月21日〜6月20日生まれの「ふたご座」と付き合ったことがある人なら、思わず頷いてしまう、あるある。自身もふたご座であるというライターのAlic...
友達を呼ぶホームパーティでの飾り付けや、自分へのご褒美としてちょっとエレガントに過ごしたい時。Kickstarterで紹介されている、たまご型のポータブル...
いつでも気分よく生活するなんて絶対ムリ!なんて思ってはいませんか?もちろん、人生は山あり谷ありですから、つらいことや悲しいこともありますが、ANAで25年...
ふたご座ほど、人の興味をそそり、相手をワクワクさせる性格の持ち主は他にいません。女性有名人なら、マリリン・モンロー、ナタリー・ポートマン、アンジェリーナ・...
なんでも感情的になる人って、少し面倒…。そう感じる人におすすめなのが、物事に執着せず、自由奔放な「ふたご座」です。(5月22日〜6月21日生まれ)ライター...
男性のみなさん、あなたの彼女は何座ですか?もし「ふたご座」なら、決して手放してはいけませんよ。その理由を、ライターArianna Jeret氏が「Your...
日々すくすくと成長していく子どもの姿は、動画や写真でどんどんスマホに溜まっていきます。でも、忙しかったり、実家が離れていると、子どもの近況を伝えるのも一苦...
冬は空気が澄んで、夜空がとても美しい季節。なかでも「ふたご座流星群」は、観測できる流星の多さや、肉眼でも観えるほどの明るさで人気を集めています。それではさ...
知人の結婚や出産、卒入学の時などに、祝福の想いを込める「ご祝儀袋」。直前になってコンビニで購入なんてことになりがちですが、できるなら前もってしっかりとした...
思わず、「これは知りたかった!」と歓喜してしまう“表”がTwitterで話題。なんと、茹で時間ごとの卵の状態が、一目で分かってしまう画期的なものなのです!...
タトゥーよりもビビッドで、ブラックライトで照らすと光る、ド派手なボディペイントとして話題になっているのがコレ。しかも、驚くほど気軽に遊べるのが特徴なんです...
活動が活発で一晩中観察できることから、非常に人気のある「ふたご座流星群」。しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と並ぶ「三大流星群」のひとつであるそ...
「Elite Daily」のRebekah Jakobs氏が綴った、ふたご座と付き合うのが楽しい理由という記事が、ズバリ彼らの特徴を言い当てているとアメリ...
ANAの客室乗務員時代、皇室や各国国家元首など世界的なVIPの接遇担当に度々抜擢されていた里岡美津奈さん。「その場の感情に左右されず、いつも気持ちが安定し...
今日、4月16日は「イースター」です。キリストの復活祭として、世界各地で多様なお祝いの仕方があるようで、お祝いのアイコンもイースターエッグやうさぎ型のチョ...
プランクトンによって青白く光る、モルディブの夜の海。まるでイルミネーションのようなその光景を、実際に見てみたいと思っている人も多いはずです。実は、それによ...
12月の平均日照時間がわずかに6時間半ほどしかない、北欧スウェーデン。そんな自然環境だからこそ、暗闇を快適に過ごす便利グッズのクオリティには、思わず唸って...
米コロラド州を拠点に活動する、石積みアーティストのマイケル・グラブさん。河原に転がっている石を積み上げた経験は、あなたにもあるかもしれませんが、ここまでく...