いつだって「ご機嫌な女」でいるための、ちょっとした法則

ANA客室乗務員時代、皇室や各国国家元首など世界的なVIPの接遇担当に度々抜擢されていた里岡美津奈さん。「その場の感情に左右されず、いつも気持ちが安定していたこと」が選ばれた理由だと言う彼女が、いつも安定した気持ちをキープするヒントをまとめた書籍が『いつもご機嫌な女でいるためのちょっとしたコツ』です。その中から「ご機嫌な私」を作る方法を厳選して紹介!

今この瞬間を楽しみ、今が一番いいと思える人になる

1a3b6671bf5b5af24e991ebbbbbbd773451dfb32

お茶を飲んでいて茶柱が立っているのを見つけたら、どう思いますか? たぶんいつものあなたなら、「あ、ラッキー! 何かいいことあるかも」と思うのではないでしょうか。 でも、もしも虫の居所が悪かったら「茶柱が立ったくらいで……。 どうせ何も変わらないでしょ!」と真逆の反応になるかもしれません。

同じ状況でも、ごきげんなときは「ラッキー」と嬉しくなり、不機嫌なときは「どうせ……」とネガティブになる。 どう考えても、ご機嫌な人の方がハッピーを引き寄せられそうですよね。

毎日、こんなふうにご機嫌で過ごせる人は、さらにご機嫌な状況を引き寄せられるようになります。特別なことでなく、思い方、考え方ひとつで状況は変えられるのです。

ポジティブすぎも、ネガティブすぎもダメ。いつも真ん中の「中庸」を心がける

「中庸」は、何事もやりすぎてはいけない。 かといって、遠慮しすぎるのも良くない。 適度にバランスのいいことが最高の人徳だ、という意味です。要は「偏るな」という意味だと私は捉えています。

何かがあったときに、感情が伴うのは当然。 いいことがあったとき、嬉しさのあまりテンションが高くなることもあれば、辛いことがあってネガティブになることもあります。 それは仕方がないし誰でもあることだけれど、心の針がグラグラと振れてばかりでは疲れてしまいます。 さらに、周りの人はどう対応していいのか分からない、ついていけないと感じてしまいます。 

そこで肝心なのが、いつも真ん中の「中庸に」を心がけること。 自分自身がとってもラクに生きられるようになり、一緒にいる相手も楽しいはずですよ。

今日からしばらく、「私は、幸せ!」と言い続ける

Ef5311c9630e52f775aeed5506ec81eb4be6ede9

いつもご機嫌でいるなんて難しい。 そう思う人は、今日からしばらく、「私は幸せ!」と言い続けてください。 え?「そんなふうに思えるはずないでしょ」って? いいんです、はじめは思えなくても。

これは、ふだん自分が口にする言葉を矯正するレッスンでもあるのです。 言葉は、脳と密接につながっていて、だからこそ、自分が口にすることって、まわりまわって自分に返ってくるもの。 ということは、「私は幸せ!」と言い続ければ、幸せな状況がやってくると思いませんか?幸せになるのって、こんな簡単で単純なことなんです。

仕事では実力の8割が出せればOK!

Ed0e11e06241d6e6eb2df95900330c634594aa6d

どんなときも感情が安定していてご機嫌な人は、仕事の成果も一定以上をキープしています。 「一定以上」とは、いつも80点、90点あたりの結果が出せるという意味です。 かといって40点程度で「まあ、いいか」と適当にやるわけでもない。 80点、90点あたりの結果がコンスタントに出せる人は仕事にムラがない人です。

私は「実力の8割が出せればOK」と考えています。 いつも100点を出さなければならない!と自分を縛ると、100点に至らなかったときに感情が乱されてしまいます。「いつもパーフェクトでいられるはずはない」ぐらいのスタンスで感情を一定に保ちつつ、日々の仕事にリラックスしながら取り組めば、先方も納得できる8割以上をキープできると考えています。

自分の中で、価値観を明確に持つ

私はこう思っていたけど、あの人がああ言ってた──。
みんながこう思ってるから──。

人の意見に振り回されて、いつまでも決断を下せないのは他人の価値観に左右されやすい人の特徴です。 他人の価値観でいろんなことを決めてしまうのは、自分の判断に自信が持てないからかもしれません。 しかし、他人の価値観で生きるほど生きづらいことはありません。 自分の人生も自分の幸せも、自分で決めていい、「自分が生きたいように生きていいんですよ」と、私は声を大にして言いたいです。

『いつもご機嫌な女でいるためのちょっとしたコツ』(著:里岡美津奈)

ご機嫌な人のまわりには、幸運も人も集まってきます。とびきり「ご機嫌」な人生を送る秘訣は、いつも「ご機嫌」でいること!皇室や各国国家元首などVIPを担当した伝説の元トップCAが教える、不機嫌を断ち切り、ご機嫌な毎日にシフトする最強の引き寄せ法則が詰まっています。

いつでも気分よく生活するなんて絶対ムリ!なんて思ってはいませんか?もちろん、人生は山あり谷ありですから、つらいことや悲しいこともありますが、ANAで25年...
ANA(全日空)のCA(客室乗務員)として、25年間トップを走り続けてきた里岡美津奈さん。それができたのは「感情が安定していたから」と言う彼女の書籍『いつ...
幸せには、「ちゃんとした科学的根拠がある」と、カリフォルニア大学の心理学者、Sonja Lyubomirsky博士は強調します。思っているほど複雑なモノで...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
幸福の形は、人によって異なります。幸福かどうかは人それぞれの心の問題にすぎません。つまり、捉え方次第であらゆる感情を幸福に結びつけられるのです。商社、市役...
イライラ、クヨクヨ、ムシャクシャ、メソメソーー。このような感情によって、日々、自分が乱されていると感じる人はとても多いと思います。けれど、これは非常に大き...
日本人は幸福度が低い。このことは国連や内閣府などいろいろな公的機関の調査で明らかになっています。なぜ豊かなはずの日本人が幸福を感じられないのか?答えは簡単...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
最近いい事が全然ない…。どうしたら幸せになれるの?幸せになれる人とそうじゃない人との差って?原因となるキーワードは「思考のクセ」にあるのです。ここでは、自...
精神科医師の水島広子さんの書籍『女子の人間関係』、他人から嫌われる態度ばかりで面倒な性格の女性を「女」と表現し、どのように彼女たちと付き合っていくべきかを...
過去に、5月21日〜6月20日生まれの「ふたご座」と付き合ったことがある人なら、思わず頷いてしまう、あるある。自身もふたご座であるというライターのAlic...
無意識のうちに他人に期待してしまうことは、誰にだってあること。「I Heart Intelligence」に掲載されたこの記事には、きっとあなたにも心当た...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
このコラムでは、ここ数回に渡り、どんなこともビジネスにできるビジネス脳を持ってITを使った業務の効率化で働く時間を半分にできれば「自由に働き方を選べる...
マイナス思考は、人生をつまらなくします。ネガティブなことに振り回されずに生きていけたら、人生は今より楽しくなるに違いありません。でも、どうすれば自信が持て...
「仕事も終わった。さて、プライベートタイムだ♪」とはいえ、翌日に向けてのエネルギーを養う時間でもありますから、適当に過ごすだけじゃいけません。美LIFEク...
女性ライターのShireen McClearyさんが「Elite Daily」で語ったのは、「女兄弟のいる男性と付き合うべき5つの理由」。幸か不幸か、彼ら...
Presented by ZEPPELIN × TABI LABO※イベントは終了致しました。いつまで「会社の言いなり」で働くの?10年前に当たり前だった...
「Thought Catalog」に掲載されたライターのEmily Church氏の記事を紹介しましょう。彼女は、スマホの電話帳に載っている友だちの数は幸...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...