仕事を辞め、家を売り、旅に出た。「居心地の良さなんて無意味だ」

起業家として、また世界を旅する女性ライターとして活躍するSonia Thompsonさん。周囲からは「軌道に乗ったいい人生」と思われていたようですが、本人は常に枯渇し、多くのものを“ただ求めるだけ”の30年だったと振り返ります。

そんな環境から抜け出すために、仕事を辞め、家を売り払い、そして旅に出た彼女。居心地の良さをすべて投げ捨てたあとで、Soniaさんが手にした「人生を最高に楽しむための秘訣(Elite Dailyより)」。それは誰もが理想に感じていながらも、実現できていないことなのかもしれません。

01.
目標があるならすぐ行動!

Ba34073abfe6ac2ba73087c4864410fc45b53d68

私は長い間「外国語を学んで、海外でビジネスを立ち上げたい」と思っていたのに、行動に移せずにいました。いつも通りの快適な環境から、一歩踏み出すことを躊躇していたのです。

しかしある時「それではダメだ」と気づき、後悔し、夢に向かって動き始めました。毎日スペイン語を勉強し、ビジネスもはじめました。今この記事はブエノスアイレスのアパートで書いています。

この経験から分かったことは、頭で考えるだけではなく、実際に行動に移さないと何も始まらないということ。そして、夢を叶える過程がどれだけ楽しいか、ということも!今の私なら、目標ができた途端、すぐに行動を起こすでしょう。

02.
失敗の先に成功がある

152fd357538536abfe866800489a9ed2602e65c7

以前の私は、人の目ばかり気にして、自分の本当にやりたいことができませんでした。ミスをして周りに悪い印象を持たれるのが怖かったのです。

しかし完璧な人などいないこと、世の中は不完全であることに気づき、心のままに生きようと決心しました。

そうして、人の目を気にしなくなった途端、自分の本当の価値を知ることができたのです。他人のフィルターを通してではなく、しっかりと自分の目で見つめることができるようになりました。結果、私は以前よりも楽しい人生を送れています。

今の自分を愛しているので、たとえ何かに失敗したとしても、自分自身を嫌いになることはありません。

03.
決して逃げ出さないこと

Aec582f95ae8ac11e80d6547b6fd98a9f4c14b48

私は「安定」という呪縛から抜け出すために、メキシコでサーフィンレッスンを受けました。この経験はとても大きな転機!なにしろ2ヶ月前に泳げるようになったばかりでしたから。

レッスン中は、サーフボードに立って波に乗ろうとするたびに海に落ちてしまいました。少なくとも20回は…。何度ももう辞めようかと思いましたが、続けたんです。

慣れ親しんだ環境にいると「これが自分のあるべき姿なんだ」と勘違いしてしまいます。結果的に、ある程度の力しか発揮しなくなります。一方で、未知だらけの空間では何をしたらいいかわからないので、とにかく全力を尽くそうとします。私の場合は、サーフィンにチャレンジしたおかげで困難への対処法や忍耐力がつき、今では「たくさん失敗をして良かった」とさえ思っています。

──私は今、前進し続ける強さを手にしたと確信しています。これからも安全な道に逃げようとせず、新しいことへのチャレンジを続けて、もっと自分を好きになりたい、と。

あなたがもしも今「心地いい環境」にいるなら、一度抜け出してみませんか?そこにはきっと、素晴らしい世界が待っているはずだから。

Licensed material used with permission by Elite Daily
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
いつか仕事を辞めて、海外へひとり旅することを企んでいる人もいるのではないでしょうか?とは言っても、これは、人生を左右するかなり大きな決断。思い切れなくて憧...
2016年こそは転職するぞ!と決意して、転職活動にいそしんでいる人。もしくは、今の仕事を辞めてから転職活動をしようとしている人。どちらの場合でも、今の仕事...
Solen Yucelさんは、誰しもが羨む環境にありながら、すべてを手放して旅に出た。そこには、社会が期待する自分ではなく、自身が望む「本当の自分」を見つ...
最近は働きやすい環境を整えた会社がメディアで取り上げられることも多くなってきましたが、大半は“そうではない”のが現実。そして、そんな会社に就職した優秀な人...
本田直之さんと四角大輔さんの共著『モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには』では、仕事とプライベートを分ける「ライフワーク・バランス」ではなく。「...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
生きるために、仕事をしてお金を稼ぐーー。たしかに、とても大切なことです。でも、好きなことをライフスタイルの中心に据えながら自由に生きることができれば、こん...
いつ、どんな時代だって“母は偉大なり”。仕事に家事に育児に、しなやかに生きる母の背中から「人生で大切なことを学んだ」とライターStacey Becker氏...
ライフスタイルの多様化にともない、ひと昔前の大企業至上主義的な考え方が、すでにフィットしなくなったことは、肌感覚として持っていますよね。かといって、フリー...
仕事がまったく楽しくない。上司にはガミガミ怒られてばかり。ロボットのようにタスクをこなすだけの毎日。そんな悩みに苦しんでいるとしたら、今の仕事は「辞めどき...
Presented by ZEPPELIN × TABI LABO※イベントは終了致しました。いつまで「会社の言いなり」で働くの?10年前に当たり前だった...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
10年後、あなたの仕事はまだ存在しているでしょうか。もしくはロボットが替わりにやってくれている可能性は?現代は、仕事というもの自体が新陳代謝を迎えているの...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
「果たして、このままこの仕事を続けるべきなのだろうか…」。そんな疑問が頭をよぎるものの、目の前にあるタスクに追われ、なかなか答えが見出せていないのでは?「...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
今の時代、これまでは考えられなかったほどのスピードであらゆることが目まぐるしく変化することで、価値観が多様化して働き方や生き方について考える機会が増えてき...
お金は心の余裕、というようなことをよく聞くけれど、こと「旅」に関しては必ずしもそれは当てはまらない。旅好きの冒険心は、衝動だけも十分な動機になり得る。あな...
バックパックひとつの貧乏旅行が教えてくれるものは大きい。移動も寝食も楽ではない。けれど、だからこその気づきや学び、そして出会いがあるわけだ。ここに紹介する...