LAの女性に学ぶ「ありのままの自分を好きになる」5つの方法

平野 宏枝
1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメイドビューティーレッスン」、「美プロフィール撮影会」をライフワークとし、日本をはじめ海外在住の女性たちからも予約が殺到している。また、美容のプロを集めたエージェンシーBICHELIN代表。プロデュース商品『美爪の休日』は、シリーズ累計40万本を突破、今春にはスキンケアブランド『CERAPLE』もスタート。
公式サイト:http://hiroemake.com/

ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も人も大切にできる生き方」を紹介していきましょう。今回は「もっと自分を好きになりたい!」という女性に、5つのヒントをお届けしたいと思います。

01.
背筋を伸ばして
「大きな一歩で歩く」

Close-up of woman athlete feet and shoes while running in park.

私がLAに来て最初に「かっこいい!」と感じたのは、女性たちの美しい歩き方です。彼女たちは、下を向いて歩きません。一歩一歩の歩幅が大きく、背筋はピンと伸び、腕は軽快にふられています。

海外の男性からは「日本の女性はキュートなのに、猫背だし、歩き方だけが残念!」と、よく言われます。

歩き方を変えるだけで、いつもの道でも新しい発見ができるようになります。もちろん、その歩き方があなた自身を今よりずっと美しく見せてくれるはず。

02.
ワイヤー入りブラをやめて
体を解放してあげる

Young woman outstretched arms enjoys the freedom and fresh air

LAの女性は健康に対する情報にとても敏感で「ワイヤー入りのブラは乳がんなどの原因にもなり、体に良くない」という研究結果が話題になると、みんな着用するのを控えてしまいました。

代わりに増えているのが、健康的に見えるヨガウェアです。また、定番なのはTシャツにブルーデニムで、足元はビーサンかスニーカー。シンプルなコーディネートだからこそ、肌触りの良さやカッティングの美しさなど、こだわりのある服を着ています。

しっかりと自分に合ったものを着こなす姿は、とても美しいものです。

03.
全身が映る鏡で
「お尻」と「背中」をチェック

Woman in the mirror in white bra and jeans

彼女たちは、日本人の私にはちょっと恥ずかしくなるくらい、ピタッと体にフィットした服を着ています。私も試しにお気に入りのヨガウェアを着て鏡の前に立ってみたのですが、そこに映る自分を見て「これは、ちょっとまずいだろう…」とがっかりしてしまいました。

そこで、LA女性の美しさの秘訣は「後ろ姿」にあることに気がつきました。しかしこの美しさは生まれつきではなく、日々の努力で磨かれたものです。

私も見習って、毎日欠かさずスクワットを50回することにしました。そしてお風呂に入るたびに、全身が映る鏡で「お尻」と「背中」のチェックをしています。ほんの10分ほどの積み重ねですが、面白いように体のラインと思考が変わり、どんどん自分自身を好きになっていけるんです。

04.
自分史上
「最高の笑顔」を知る

332261084

人を褒めることと同じくらい、LA女性とのコミュニケーションの潤滑油になっているのが、大きな笑顔。彼女たちは、とにかく笑顔が素敵なんです。

そして彼女たちの笑顔をより美しくしているのが、真っ白な歯。LAでは、第一印象は歯で判断されるといっても過言ではありません。みんな歯にはお金をかけ、ホワイトニングに力を入れます。

ホワイトニングは別としても、鏡で笑顔の練習をするだけでも女性の印象は大きく変わりますよね。口角をきりっとあげたマイスマイルを持っておくことが大事。「笑う門には福来たる」という言葉もあるくらいですから、相手を一番ハッピーにする笑顔を探してみましょう。

05.
顔の個性は隠さず
目立たせるメイクを

034820072_Medium

これまでに14万人以上の女性の相談にのってきた経験から言うと、どんな人にも「素敵だな」と感じる顔のパーツが必ずあるということ。

LAの女性たちのメイクは、気になる部分を隠すのではなく、むしろ自分のチャームポイントとなるパーツに目を向けさせます。自分の目の形を引き立てるようなアイラインを引いたり、ハッと目を引くような色のリップでセクシーな口元を演出したり。

女性はみんな美しいのです。嫌いな部分よりも好きな部分を強調するメイクを心がけてみましょう。きっと、もっと自分の顔が好きになれるはずです。

81l2A9WbeaL

気持ちいい毎日を生きるLAスタイル
コンテンツ提供元:平野 宏枝

平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
「女性の社会進出」とは言っても、まだまだステレオタイプな意見も多いし、自分のやっていることに自信が持てなくなっちゃうときもあります。そんな社会の中でも、し...
仕事、育児、人間関係…、この世はストレスの溜まることばかり。あなただってきっと、何らかのストレスを抱えているはずです。では、そのストレスから解放されるのに...
現代では「内面の美」や「日々の充実感」を求める女性が増えているように感じます。しかし、これらの目に見えないことに価値を見いだすために必要なのは、「自分自身...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
スターバックスの「ユニコーンフラペチーノ」や、台湾カフェZenの「バタフライピー」などなど。味だけでなく見て楽しめるカラフルな飲み物が、最近話題になってい...
おなじ笑いでも、英語で言うところの「Smile」と「Laugh」ではまったく意味が違う。声を出すか出さないか以前に、“Smile”にはどこか作為的というか...
健康のために、変わったモノを摂取するブームは、昔から話に事欠かない。日本が誇るレジェンド・オーガニックドリンク「青汁」。様々な「酢」を飲むブーム。昨今では...
20代のうちは「知らない」「できない」で済まされていたことが、30代になっても改善できていないとしたら非常に残念。まず自分自身の軸がしっかりしていれば、ど...
「ロサンゼルスのダウンタウン。ストリートに詰まった精神性やノイズ。壊れたままの建物や、アートとなって蘇った様々なもの。その全てに個性があり、その色やディテ...
あなたの周りにもきっといる「自分を持つ女性」。とはいえ、具体的にどの行動がそうした印象につながるかは、よくわからないのでは?そこで、それらを言語化してまと...
ひとり暮らしは、自由の象徴。全裸で踊り狂ったって誰もあなたを咎めません。ただその分、責任も発生します。「Elite Daily」のライター、Laura A...
「スタイル」と聞いて、何を思い浮かべますか?体のスタイル?ファッションやヘアスタイル?ここで言うスタイルは、単なる見た目のことではありません。あなたの話し...
依存したり、振り回されたり、ダメな恋愛はもう疲れたというあなた。その恋愛、あなたにも原因はありませんか?どんなにすてきな男性と出会ったとしても、自分をしっ...
美人は3日で飽きるとはよく言ったものですが、その格言に賛同するのは、米女性起業家のSaren Stiegel氏。男性がずっと側にいたいと思える女性は、美し...
東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。大学卒業後は住友銀行に就職し、2年半ほど勤めていたと言います。そこでは、優秀なはずの人々が、嫌々ながら、身...
米ボストンで仕掛けられた、超がつくほど単純なドッキリ企画を紹介します。ターゲットは女性たち。ポイントは彼ら誰一人、嫌な気持ちにならなかったという点。芝生の...
彼氏のことが大好きで、今すぐにでも結婚したいけれど、彼氏からは何もアプローチがないと悩んでいる女性は、少なからずいます。彼氏にとって理想の女性になるにはど...
働く女性の悩みの双璧といえば、やっぱり「仕事」と「恋愛」。でもこれ、じつは一方が解決すると他方も勝手に解決してしまうしてしまうことがよくあります。そのため...
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...