他の人には教えたくない!「睡眠」に関する「6つの真実」

「質の良い睡眠」。仕事の効率を上げたり、健康な身体を維持するためにそれが必要ということは誰もが異論のないところでしょう。でも、睡眠不足が身体に悪いということぐらいはわかるけれど、そもそも「質の良い睡眠」って?どうしたら実現できる?・・・眠りについてはわからないことがまだまだたくさん。

そこで今回は、気になる「睡眠に関する真実」を6つだけ紹介しましょう。正しい知識を身につけて真の"Good Sleep"を手に入れてみませんか?

01.
実は「寝だめ」はできない

よく働く現代人。「今週ずっと寝不足で疲れてるから、週末は長めに寝とこう・・・」そんな風に考える人も多いのでは?しかし、残念ながら睡眠はためることができません。長く眠ってしまうと体内時計のリズムが崩れるため、逆にウィークデーの方に悪影響が出てしまいます。

睡眠不足を解消するには「昼寝」も上手に活用し、日々の起床時間・就床時間のズレを前後2時間の範囲に収めるのが快適に過ごすコツ!

02.
金縛りの原因は「ストレス」

「金縛り」を未だに「怪奇現象」と思っている人、いますか?実は睡眠中に脳だけが覚醒してしまった時になるものなんです。キーワードは「レム睡眠」。レム睡眠中は筋肉の働きが抑制されるので、目が覚めていても身体が動かせないのです。

「よかった、怪奇現象じゃない!」と安心している場合ではないですよ。金縛りの原因のひとつは精神的なストレス。頻繁に金縛りにあうようなら一度生活習慣を見直したほうがよさそう。

03.
高反発?低反発?
どちらがいいかは人による

 マットレスを選ぶなら、「やっぱり高反発でしょ」と思ったりしてませんか?世の中のトレンドも、なんとなく「高反発がいい」という流れになっていますが・・・実はそうではないんです。高反発素材は「ふんわり」から「しっかり」まで幅広い寝心地があり、適度な弾力性で寝返りが打ちやすいと言われています。逆に低反発素材は「しっとり」とした寝心地で「体圧分散性」に優れ寝返りが少なくなると言われ、それぞれの寝心地に大きな違いがあります。

どちらがぐっすり眠れるのかは、その人の体格やライフスタイルなど様々な要素によるので、ベッドを検討する際は、お店で実際に試してみることが大切です!

04.
ストレスを感じたら「緑」の枕

 素材だけでなく、実は寝具の「色」も、睡眠の質を大きく左右するって知ってました?例えば、毎日激務で精神的に疲れている人(頻繁に金縛りに合ってるかも?)は、枕やシーツの色をストレスが緩和されると言われる「緑」にすると、ぐっすり眠れるかも。

他にも「青」は心を落ち着かせてくれたり、「ピンク」は優しい気持ちにしてくれたり・・・心の状態を見て、自分が快適に感じる環境づくりを目指しましょう。

05.
寝心地にこだわるなら
マットレスの2段重ね

 寝心地にこだわる人の間で最近密かにブームとなっているのが、「マットレスonマットレス」、つまりマットレスの2段重ね。実はこのスタイルのベッドはホテルでよく見られるもので、「ダブルクッションタイプ」と呼ばれています。体圧分散性がアップして身体への負担を軽減してくれるし、2段に重ねたマットレスが体圧を分散するので耐久性も上がります。ダブルクッションタイプは通気性も高いのが特徴。次にベッドを検討するときのために、覚えておくといいかも知れませんね。

06.
睡眠の悩みを相談すると
解決してくれる場所がある

今回ここで紹介したのは、まだまだほんの一部の真実。もしもあなたが睡眠のことで悩んでいたり、疑問に感じていることがあるなら、迷わず『大塚家具』のインテリア相談へ。大塚家具には、眠りのプロフェッショナル「スリープアドバイザー」が常駐しています。「眠り」について専門的な知識を持っているので、一人ひとりのライフスタイルや好みに合わせて、寝具やインテリアなど総合的な視点で"Good Sleep"のための提案をしてくれますよ!

btn_pola_160419_02

Sponsored by 株式会社大塚家具

「6時間以下の睡眠を毎日続けているのであれば、あなたの精神と身体能力は、2日間徹夜した状態と同じ程度まで低下しているかもしれない…」。ここで紹介するのは「...
これほど科学が発達した現代ですら、さまざまな説が飛び交い、謎が多い「金縛り」。ここでは、「Higher Pespective」に掲載されている金縛りに関す...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
イギリスの医師マイケル・モズレーは、BBCのプレゼンターとして、また科学・医学番組のプロデュースも手掛けるなど、マルチな活躍でお茶の間に知られた人物。この...
睡眠不足が心と体にもたらす悪影響や、個人のポテンシャル低下は、今さら改めて書くまでもないはず。けれどその個人の睡眠不足がトリガーとなり、ひいてはそれが経済...
身近なところに、幸福を手に入れられるカギがあります。それは、あなたが毎日していること。そう「睡眠」です。忙しいとつい削ってしまいがちですが、それはイコール...
Licensed material used with permission by:AsapSCIENCE毎日の睡眠時間、どれくらいとっていますか?もしか...
生活をガラリと変えることはむつかしいけれど、身近なところから少しずつ。そんなふうに、毎日の暮らしを、ささやかなところから前向きに変えていくことが出来たら、...
寝不足が続くと、体力は低下するし風邪もひきやすくなるし、ストレスで心が病んでしまったりと、良いことはひとつもありません。ここでは、ライターのJohanna...
薄手のマットを何枚も並べており、溝の中にズムズムっと腕や肩を沈められる仕組みになっています。これなら、パートナーを抱き寄せながらもカラダへの負荷は最小限。...
「THE CONVERSATION」によると、シドニー大学の准教授Chin Moi Chow氏が、正しい睡眠をとるための方法を科学的にまとめたとのこと。私...
恋愛よりも睡眠を優先すべき!そんな面白い切り口の記事が「Elite Daily」に掲載されています。なかには、ちょっと過激な意見も!? 項目こそ多いものの...
健康にも美容にも、仕事効率にだって大事だと言われる「睡眠」。では実際、どのくらい寝るのがベストなのだろうか?そんなかねてからの疑問をスッキリさせてくれるよ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
夜、眠っているはずなのに意識だけはしっかりある。体をいくら動かそうにも全く動かず、近くに(あるいは寝ている体の上に)得体のしれない存在の気配がする──。い...
飛行機で寝るときって、なかなかポジションが決まらないですよね。そんなとき、ほとんどの人が使うのが「ネックピロー」。でも、ネックピローの使い方って簡単だけど...
かのナポレオンは、一日に3時間しか寝なかった。なんて言い伝えがあるけれど、人間にとって本当に必要な睡眠時間は、はたしてどの程度なのだろか?ここに登場する、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
日本人は「あまり寝ない国民」と言われています。季節の関係で、なかなか寝付けなかったり、寝ていても疲れが取れない、ということはありませんか?睡眠は、体の機能...
「エジソンやナポレオンは4時間しか寝なかった」とか、「織田信長の睡眠時間は3時間だった」とか、何かと偉人たちのショートスリーパー伝説が語られがちな昨今。か...