【全12問】このアート作品のもとになった「国民的ダジャレ」は?

ダジャレでアート、DAJAART。

それは、言葉でしかなかったダジャレをアートとして再現したもの。誰も見たことがなかった新しい世界感はクセになること必至です。

ここでは、全12作品をクイズ形式で紹介。あなたは何問分かる!?

01.

Medium ee0e40fd2e0e831c29936c030ae361f3a6ba35fa

これこそまさに「国民的ダジャレ」。

02.

Medium eff972988b903c669049d97c3f44dab1bdbeb009

これもよく耳にしますね。

03.

Medium 47fa98491e818fdf02e8f5ca2c61d76a14dde573

そりゃそうだ!とツッコミたくなるダジャレ。この3問は確実に正解しておきたいところ。

04.

Medium d88d0bfe7e70e9bf04180fa3af61b5eb1e74a678

何を待っているでしょうか?

05.

Medium 9e204d9d31e29374d9fe9805db0d15cb353a960d

あれ、興味ない…?

06.

Medium 73f7f9c26eb9ffcf0a89c0f36e625dcc404ffe00

漏れちゃう前に。

07.

Medium 91679226593cb5c7f54992520ca308b87a4605d7

間に合わず。

08.

Medium e344b87814523e30332d403070b481aa6077850a

そんなところで?

09.

Medium aa51ac5c0dcab016904bf9d6c231b802ce5e850d

これは寂しい…。

10.

Medium 01bcf6b4f4af256caabb1a6a90d62a20d643c2d1

ドヤ顔に注目。

11.

Medium bfcf42f46039a10a22296fb706d18b38c7746dab

10.と似ていますが、違うダジャレ。首の角度のわずかな差がミソですかね。

12.

Medium c4ff72c02cdd30c0cd287031102ba98755de6ef1

美しい花びらがそうさせたのでしょう。

正解はこちら!

01.布団が吹っ飛んだ
02.アルミ缶の上にあるミカン
03.電話に誰もでんわ
04.車が来るまで
05.サイを見てください
06.トイレに行っといれ
07.チビがちびった
08.タイヤで暮らしたいや
09.墓地でひとりぼっち
10.コーディネートはこーでねーと
11.この衣装いいっしょ?
12.桜の下で錯乱

さて、あなたは何問正解?

ちなみにこの「DAJAART」初の展示会が、4月29日(金)まで原宿で開催中。面白い!と思った人は、ぜひ会場へ行ってみて!

Licensed material used with permission by DAJAART
言葉でしかなかったダジャレをアートとして再現し、新たな世界観を提示する。そんな斬新な試みで話題を呼んだ「DAJAART」に、待望の新作が登場。世間的にはダ...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつ...
2014年に文京区にオープンした『WALLS TOKYO』は、アートのセレクトショップだ。日本国内には数多くのギャラリーが存在し、そのほとんどで作品購入は...
先日閉幕した「ミラノ国際博覧会」で、チームラボが展示制作を担当した「HARMONY, Japan Pavilion, Expo Milano 2015」。...
鉛筆で描く…のではなく、鉛筆を削ることで表現するアートが話題です。しかも芯だけではなく、鉛筆全体を使った創作が凄い!以下、その画像を紹介します。01.02...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
まずはこの画像を見てください。公園でシーソーに乗っている2人組。でも、よく見てみると…。彼らが乗っているのはクリップ。横には鉛筆が転がっています。次の画像...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
いよいよやってくる夏休み。家族やカップルで出かけよう!と意気込んでいる人も多いはず。でも、いざ外出したら、暑さに負けて意気消沈。涼を求めて、用もないのにと...
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader &...
なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリート...
いまや、1億総愛猫家。そう表現すると大げさですが、なんとなく言ってしまいたくなるほど、大きなブームになっていることは確か。では、あなたがどれだけネコを愛し...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
「もしも、データに強いコンピュータと、創造力溢れる人間がコラボしたら、どんなアートが生まれるんだろう?」ニューヨーク大学の大学院生でプログラマーでもあるア...
「Artist in Hotel」とは、東京・汐留のパークホテル東京で2012年12月にスタートしたプロジェクト。アーティスト自身がホテルに滞在し、実際...