いま話題の「京都発ルームウェア」って一体ナニ!?

手ぬぐいや風呂敷などを扱う綿布商としては日本最古とも言われる「永楽屋」。デザインのみならず生地や染めにこだわるモノづくりの姿勢が、国内はもとより海外からも高い評価を得ています。

このたび、そんな十四代続く京都の老舗と、同じく古都に本社を構える下着メーカー「ワコール」がコラボ。まさに“京都発”のルームウェアが完成しました。

すべてがMade in Japan!
そのテキスタイルが魅力

4cf0b360a25d80658d2f4a8fb160b40e61c75e8f

そこには、日本の四季や風景、京都の伝統文化などが表現されており、デザイン・生地・縫製まで、すべてにおいて日本製にこだわっています。

夏に快適な素材バリエーションで、ストライプやボーダー、ドットなどオーソドックスな柄使い。見ても着ても楽しい気分になれるルームウェアに仕上がりました。

ここでは、その一部を紹介!

01.
パジャマ(だるま)

11a84107ed04866afbc2e48d2b1e1b889f02abb6

縁起物として広く親しまれている「だるま」。いろいろな向きの赤いだるまが楽しい雰囲気を演出してくれます。

02.
ワンピース(蛍火)

49f3023655dc0e05b5588343f12e99491b7324f2

草むらの中で舞う蛍の光が幻想的。清らかな小川のせせらぎが聞こえてきそう。

03.
パジャマ(蛍)

A07d52ade9be200bceae1e81122f5da69b662fa3

草の隙間から見え隠れする「蛍」の光をデフォルメして描いています。

04.
ワンピース(かんざし)

Debf511f43007fb7964d138c9ece4dccf6dda884

赤い飾り玉がアクセントのかんざしでいっぱい。

価格帯は9,180円〜12,960円(税込)。若い人には新鮮に、年配の人にはどこか懐かしく感じる新感覚のデザインは、幅広い年代にオススメ!

Licensed material used with permission by 株式会社ワコール
歴代のディズニー作品に登場したお姫様になれる―。そんな夢のようなルームウェアが、PEACH JOHNから発売され話題になっています。その名も「Disney...
2016年1月10日(日)、京都・岡崎に国内6店舗目となる「蔦屋書店」がオープン。西日本では「梅田 蔦屋書店」に次ぐ2店舗目。主に関西人から熱い視線が注が...
金閣寺と五重塔をイメージしたテーブルウェアセット「古都うつわ」。これを紹介しようと思ったのは、決して見た目のインパクトだけで勝負しているわけではなく、実用...
日本人女性2人が手がけるアンダーウェアブランド「Pasquet(パケ)」。ランジェリーデザインを学んだ彼女たちは、現在フランスを拠点に活動しています。ミニ...
ヨガをやっていて悩むのが、「正しくポージングできているかな…?」ということ。見よう見まねでやってはみるものの、何となく違う感じがしたり。かといって、マンツ...
一番親しい友人との「価値観の違い」、感じたことはありますか?私はイギリス留学中、寮で親友と相部屋でした。基本は楽しかったのですが、意外なところで衝突が。相...
いま、ネット上で話題沸騰の写真があります。なんと、京都のお堀には抹茶が流れていたんだとか!?一体なぜ…。お堀に抹茶が流れてきた〜!「京都、抹茶流れてる。」...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
2015年4月30日にオンラインで販売を開始してから、数ヶ月間にわたって品切れ状態が続いていたウェアラブルデバイスがある。株式会社ログバーが開発した「RI...
華道家にとって、花ばさみは欠かせない道具です。僕が使用しているのは〈有次(ありつぐ)〉の花ばさみ。包丁で知られる京都の老舗ですが、刃物屋なので、花ばさみも...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
男性の自分からからすると、完全に女性向けデザインであることが悔しい。逆にいうと、女性には思う存分活用してほしいアイテムということ。ジュエリーにテクノロジー...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
部屋全体をパッと明るくする大きな室内灯に、一部をぼんやりと照らす間接照明などなど、複数のランプを使っている人も多いかもしれません。が、両方使い分けるのって...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
この街には、鴨川納涼床が楽しめる三条大橋店と、全面ガラス張りで六角堂を目の前で眺められる烏丸六角店の2つのコンセプトストアがある。けれど、これらとはまた違...
紅葉の名所として名高い、京都・高台寺。今年も、大勢の人が「秋の夜間特別拝観」を楽しんだ模様です。ところで、今回のライトアップの対象が「紅葉」や「竹林」だけ...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
京都府与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、どこかノスタルジックな光景が広がっています。「まさか、京都にこんなと...