たった一人で「森の遊園地」をつくったおじいちゃんが大切にしている、自然との向き合いかた

北イタリア、ベネト州に暮らすブルーノ・フェリーニさん。彼は発明家であり、自ら「エコパーク」と名付けた、森の中の遊び場をたったひとりで創りあげた人物です。

森の中の施設だから?廃材でつくるから?彼が考えるエコロジーの観点は、自然から学ぶ姿勢にありました。

ここでは、本人のインタビュー動画を書き起こして紹介したいと思います。自然に意識を向け、そこに身を投じ、カタチにしていくこと。そして、いまなぜそれが必要なのか。深い!

設計図は、すべて
自然のなかにある「動き」さ。

Medium 7b9b02e2fd2d16fed273665ee248d26a53d88a9a

──私は自然のなかにあるムーブメントが好きなんだ。木の葉がこすれ合う動きだとか、鳥が羽ばたく様子がね。造りあげる乗り物はね、この自然界の動きをベースにしているんだよ。森に分け入って、足元から頭の上まで見渡したあとは、不思議と制作に没頭できるんだ。「よし、じゃあ始めようか」って具合にね。

Medium d1098df8a01ef0acf60cdbcae3388e158a9605f8

──たった1時間のときもあれば、丸1日こもっている日もある。1ヶ月がかりってことだってね。そこは、自分の気の向くまま。ちょっとずつアイデアが膨らんでいって、そうしてようやく一つの乗り物になる。まだ誰も乗っていない出来上がったばかりのマシンを見て思うんだ。「なんて美しいんだろう」ってね。

遊具は、どれも手動式
汗を流すことが大切なんだ。

Medium b0ce9741aa61fa39ea81a2acfcaafc71ef0eaa24Medium 211981611835bcd4b385fc66ec60249d1a9f5374Medium 65655cdf71f6bdcde03cf0e167c769e5504161d1Medium 61f00e7a1070faaa858af6830182e61013ed7722Medium 72f975955f7554123d694799fccb90fab484a626

──小さいものから大きいものまで、合わせたらだいたい40から50基くらいは造ったかな。もちろんすべて手動、モーターなんてひとつもないよ。押したり漕いだり、とにかく汗を流すことさ。そうしてやらないと、私の乗り物はちっとも動かない。これが、「エコロジカルパーク」のいちばん大切にしているところで、美しい部分さ。

親が子どものお手本になる。

Medium 912a7db474479e6e9b1d15d56225325507441a2bMedium 580960f7407df2e19d1ae664e6e59b49e6803621

──それからもうひとつ。親が子どもに乗り方を教えてやる。そうやっているうちに、大人たちもみんな童心にかえっていける。そう確信しているよ。だって、それって素晴らしいことじゃないか。

Medium 1d6facb0692af0f75d46329bbb54467cecfeb4d8

──みんなが楽しんでいる表情を見るのは最高だね。あとは、日没後、誰もいなくなったパークを歩きながら、自分が作り出した発明品を眺めている瞬間がたまらない。だって、何もないところから創りあげた、すべてがここにあるんだから。

Medium 7246a8e64a3ef1f1ec128ae38336ee2716f96875

驚くことに、これまで一度もエンジニアとしての資格を得たり、訓練を受けた経験のないブルーノさん。ありのままの自然にインスパイアされ、動力を使わずに遊ぶ方法を40年にわたり、ひとりで創りあげてきました。

当初「エコパーク」は、家族が経営するレストランに併設する形で、食事をするお客に無料開放されていた施設でした。それが、今ではこの森で遊ぶことを目的にやってくる人の方が多いんだとか。ブルーノさんの強い意志で、今でも無料開放だそうですよ。

Licensed material used with permission by Great Big Story
キャンプは大自然の中に自分の存在そのものを溶かし込むことができる特別なアクティビティ。自然の中で呼吸することで、心も身体もそこにある新鮮な空気と一体化する...
世界的にも評価の高い、日本を代表する映像作家たちの手でつくられた“とあるアニメーション”が、いま大きな話題を呼んでいます。作品に対しては、伊勢谷友介や松田...
自宅にいながら世界のどこかを旅したり、物語の主人公になってゲームの中に登場する。現実ではない別の環境を人工的につくり出すその「没入感」において、ヴァーチャ...
ライターSteven Bancarz氏が、自然がもたらす不思議な力を「Spirit Science and Metaphysics」にまとめています。都会...
米旅行情報誌『Condé Nast Traveler』が主催する「世界最高の島」。およそ77,000人の読者から選ばれた、2015年最も美しい島が決定した...
天然素材、自然由来、かだらにやさしい、これら「オーガニック」を修飾する名詞は口にするものだけでなく、今では衣類や日用雑貨においても、“気になる”キーワード...
所狭しと高層ビルが立ち並ぶ摩天楼「NY」。そんな街で暮らすニューヨーカーたちの憩いの場「セントラルパーク」に、仰天のコンセプトデザインが提案されました。「...
大人になり都会で生活をしていると、自然に触れる機会は減ってしまいがちです。しかし、たまにアウトドアでキャンプなどをすると、代謝が上がったり、気持ちが晴れや...
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
001 大陸:南米002 国名:アルゼンチン003 地名:パタゴニア、フィッツロイ山004 日付:2012.04.04「この景色、ずっと見ていたい」Abo...
この写真、合成ではありません。ここはセントラルパーク内「Sheep Medow」。満開の桜のようにも見えます。映画によく登場する「Gapstow Brid...
きっと「英語を習得しよう」という動機は、人によってさまざまだと思います。試験のため、世界を自由に旅してみたいから、友人や恋人とのコミュニケーションツールと...
庭用のなかでも、巨大なビニールプールがあるというのは知っていました。けれど、本格的に船で引っ張り水場に設置して、そこに小さなウォーターパークを作ってしまお...
欧米では、昔から「赤毛」がネガティブのイメージで捉われていました。たとえばキリスト教ではイエスを裏切ったユダは赤毛ということにされていたり、童話などにおい...
ビー玉のような実がついた、どんぐりモチーフのアクセサリー。かさの部分は本物のどんぐりが使用されていて、「レジン」と呼ばれる透明樹脂で出来た実の部分には、本...
2016年8月24日未明にM6.2の地震がイタリア中部を襲いました。壊滅的な被害を受けた街アマトリーチェ(Amatrice)を支援するため、民間レベルでの...
福井県池田町は、かつて林業の町として栄えた町。しかし、今では森林資源の利用が減少の一途をたどっているのだそう。こうした状況の中、木や森の新たな価値を創造す...
河口や浜辺に流れ着いた流木を見つけると、どうしても手にしたくなる。ほどよく朽ちかけ、丸みを帯びたその風合いは、年輪に変わる長い旅路を経た証。もしかしたら、...
「緑や自然の中に身を置くと、なんだか穏やかな気持ちになるな〜」。そんな感覚は、多くの人が体験値として持っているでしょう。「HIGHER PERSPECTI...
毛の一本一本まで精緻に描かれた、動物のポートレート。その体の奥に透けるのは、美しい風景…。このイラストレーションは、デンマーク・コペンハーゲンに本拠を置く...