既婚女性が明かす、誰も教えてくれない「結婚の真実」とは?

よくよく考えてみると、私たちは「結婚」についてポジティブなイメージを抱きすぎているのかもしれません。そう思わされる「Elite Daily」の記事を紹介。

当然、ハッピーな出来事であることは間違いない。でも、あまりに偏った見方をしていては、その後の反動も大きいもの。

あくまでも一例ですが、こんな現実もあるようですよ。

37afff64e370afede98245500a7de4bee0f05faf

01.
意外と何も変わらない

ロキシー(29)の場合──。

唯一変わったことと言えば、お互いが指輪をして、「彼氏・彼女」から「夫・妻」に呼び名が変化したこと。その他は、全部同じ。2人の関係は変わらないし、スケジュールも生活習慣も、みんな元のまま。

「結婚して世界が変わった!」なんてことは皆無ね。

02.
ワクワクが消えた

ケリー(29)の場合──。

交際中って、ホントにワクワクすることばかり。初デートやファーストキスだって楽しみ。指輪を交換することや、結婚式の計画もね。

でも、それがすべて終わってしまうと、2人の関係もしらけた感じになってしまうの。聞きたくないことだったらごめんなさい。でも私はそんな感じがする。

03.
質問は
「子どもの予定」ばかり

ジェイミー(28)の場合──。

みんなが聞いてくることが、結婚、結婚、結婚……、から子ども、子ども、子どもに変わった。バージンロードを歩いて誓いのキスをしたら、その直後に私を囲って赤ちゃんの予定を聞いてきたの。待て待て、って感じ。もっと二人の結婚生活を楽しませてよ。

04.
欲しかったお祝いの品、
結局いらなかった

アーシュラ(30)の場合──。

結婚のお祝いに欲しいものを聞かれたから、フードプロセッサーとか、素敵なお皿のセットとか、ホットサンドメーカーって答えたわけ。

でも、もう結婚して5年が経つけど、どれも一度も使ったことがないの。もっと役に立つものを言っておけば良かったわ。新車を買いたいから現金にして、とかね。

9008bcf861a5c688b632acb8b10e158c87465bd7

05.
贅沢な結婚式なんて
要らなかった

リンダ(29)の場合──。

結婚から5年後の真実。預金が尽きてしまった。全財産を結婚式に費やして、支払いに使ったクレジットカードの支払いに今でも追われてるの。贅沢な結婚式なんて、バカだった。そのお金を何かに投資しておくか、新居のローンに回せばよかったと思ってる。

06.
自分に興味が
なくなってしまう

ジャッキー(34)の場合──。

誰も教えてくれないこと。付き合う時間が長くなると、自分のことを放ってしまうもの。ほんとに。結婚して3年も経てば、ジムに行くのもやめちゃうよ。脚の毛を剃るのもやめちゃった。そんなの、2ヶ月1回くらいかな。キモいでしょ。でも紛れもない真実。

07.
「つまらない人間」
呼ばわりされる

レイチェル(25)の場合──。

私は23歳で結婚したんだけど、周りのみんなはそのころはまだ実家に住んで仕事を探してた。みんなとは違う人生を歩き始めることも、特に気にはならなかった。だけど結婚した瞬間から、友達にとって私は「つまんない子」のカテゴリーに入っちゃったみたいで、全然誘ってくれなくなった。旦那がいたって、まだまだお酒も飲めるし、朝まで踊り続けられるんだけどなあ……。

08.
もし独身だったら…
って思ってしまう

サラ(33)の場合──。

出会い系アプリが流行る前に結婚しました。そういうのを試してみたいから、独身だったら良かったなあって思う時もあります。どんな人に出会うかなんて、やっぱりわからないじゃない?もちろん旦那のことは大好き。でも、世界には沢山の良い男がいるわけで。オンラインで、どんな人とマッチングするのかとか、興味あるわね。

Licensed material used with permission by Elite Daily
結婚カウンセラーのSheryl Paul氏は、多くの人が結婚に対して幻想を抱いているといいます。ここではそんなPaul氏が「mindbodygreen」で...
お見合いによる結婚から7年の月日が過ぎたという、ライターSurabhi Surendra氏。「あまりポジティブなイメージはないかもしれないけれど、信じられ...
若いうちに結婚したい!と思っている人は少なくないはず。でも、過度な期待は禁物かも。ちゃんとネガティブな側面も理解していますか?18歳で永遠の愛を誓った、K...
ジョン・キム作家韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学など...
「愛は最高の奉仕だ。みじんも自分の満足を思ってはいけない」太宰治の『火の鳥』には、愛についてのこうした表現が登場します。これは紛れもなく「真実の愛」と呼ぶ...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
「早く結婚したい」と思っているけど、なかなか良い男性に振り向いてもらえない…という女性のみなさん。男性陣の赤裸々な告白が良いヒントになるかもしれません。「...
幸せな結婚生活を夢見ている人は多いと思いますが、実際はそう甘くはない。そんな目を逸らしたくなる内容の記事が「mindbodygreen」で話題になっていま...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
彼氏のことが大好きで、今すぐにでも結婚したいけれど、彼氏からは何もアプローチがないと悩んでいる女性は、少なからずいます。彼氏にとって理想の女性になるにはど...
付き合って9年目。そろそろ結婚も視野にいれはじめていて、相手にその気があるか確かめたい。でも、どうしたらいいか分からない…。と、困っているあなたにご紹介し...
結婚は◯◯歳までに──。こんなライフプランを描いているのは、何も女性だけではない。こう「Elite Daily」の記事で主張するのはライターのDan Sc...
近年の日本は、晩婚化が進んでいるといわれています。女性の社会進出はもちろん、結婚するよりも独身の方が、生活がラクに感じる。という人も多いはず。それでも、や...
賢い女性は、結婚できない?1980年以降に生まれたジェネレーションY世代に向けられたアメリカのニュースメディアELITE DAILYで、物議を醸している話...
多くの独身女性から支持を集める記事を「Elite Daily」から紹介。女性ライターZara Barrie氏が独身で30歳を迎える直前に、その素直な心境を...
落ち込んだときや嬉しいとき。誰かにその体験談を共有できてこそ、痛みが軽くなったり、喜びが倍増するもの。そうして人と触れ合い、互いに刺激し合いながら切磋琢磨...
朝にやらなきゃいけないことや、考えないといけないことって、じつはたくさんあります。コーヒーを淹れたり、朝ごはんを食べたり、服を選んだり、今日の仕事のことを...
米メディア「Elite Daily」では、どちらかというとカジュアルな恋愛を切り口にした恋愛論が数多く登場しますが、なかにはこんな真剣な結婚論をまとめた記...
あぁ、なんで男性ってこんなに女性のことわからないんだろう?男ってみんなこうなの?と思っている女性のみなさん。今度から理想の男性のチェック項目に「姉妹がいる...
結婚は、人生でとても大事な節目。すでに結婚しているカップルならば、いくつか誓いごとをしたはずです。そんな「結婚式で本来誓うべきこと」をMichelle H...