やっぱり「家族」って最高。世界で話題になったストーリー【まとめ6選】

世界中どこの国でも、親が子育てに奮闘するのは、みんな同じ。難しい思春期や闘病生活など、二人三脚で歩む親子には、それぞれのドラマがあるものです。

ここでは、感動の美談から機転の効いたユーモラスな話まで、世界で話題を呼んだ「家族の話」をご紹介します。

自分の「家族」について、考えるきっかけになるかも?

01.
母、感涙。
11歳の自閉症の息子に届いた
「ある手紙」

7c13c699823ca000059fd5a3954a7e0107e37bee

主人公は、11歳の少年ベンくん。5歳で自閉症と診断された彼は、全国統一学力テスト『Standard Assessment Tests(SATs)』に臨みました。

しかし、思わしくない結果に……。

落ち込んだベンくんに学校から「ある手紙」が届きました。そして、母親のゲイルさんは涙が止まらなくなったと言います。その心温まる内容をTwitterに投稿したところ、わずか10日で4,800以上リツイートされ、世界中に感動の輪を広げました。

→詳しい記事はこちらから。

02.
父親のムチャぶり!
娘が魅せた
優美な即興ダンス

F91be2595fe859ea80edbadf0eff8b9947bc4339

「なあRima、頼むから踊ってくれよ。せっかく撮影しているんだから。さあ、パパのためだと思って。恥ずかしがってないで、さあ!」

家族でイタリア北東部の港町トリエステを旅行中。ヴァイオリンの路上パフォーマンスを聴き入っていた娘に、父親が懇願し始めました。

いくら断っても諦めようとしない父親。渋々ながらRimaさんが踊りだすと、そのしなやかなダンスに、いつしか周囲の人々たちも……。

→詳しい記事はこちらから。

03.
ボン・ジョヴィに会いたい」
闘病中の母の願い
娘の想いは届くのか…

7f4778a0b9de80be065f115be2c64e7022165913

肺がんと闘う病床の母の願いを叶えてあげたい。」

娘のRosie Skripkunisさんは、ボン・ジョヴィに届くようにと望みを託し、Facebookに母への想いを綴り、拡散を呼び掛けました。

その投稿が、思わぬ奇跡を巻き起こしたのです。

→詳しい記事はこちらから。

04.
「レズビアンなの」
17歳の娘のカミングアウトに
両親がとった反応とは?

F17b7c6b3ab2471398a5de24a47b5f330c8fa6c4

両親から「同性愛なの?」と質問された彼女。勇気を出して、自分がレズビアンであることを告白しました。その「気まずかったけどやさしい時間」に勇気づけられた彼女は、ソーシャルメディアでもカミングアウト。

その後、両親は彼女の勇気ある告白を、愛情いっぱいの行動で受け止めました。

その様子は、Twitterに投稿されると約1万2,000もリツイートされ、テレビを含めた各メディアからも取材が殺到するほど大きな話題を呼んだのです。

→詳しい記事はこちらから。

05.
残った手術の傷跡。
心を閉ざした息子に贈られた
父からのプレゼント

4ec61e665b635f666d0fc6d137bec56c48030c48

脳腫瘍摘出の手術を受けたガブリエルくん。無事に成功しましたが、頭部右側に大きな傷跡が残ることに。

周囲からの奇異な視線。8歳の少年は、次第に心を閉ざしていきました。

「これじゃ、まるでモンスターみたい」

ガブリエルくんのつぶやきに父親のジョシュさんが動きました。その行動は、全米で多くのメディアに取り上げられ、あるコンテストで優勝することに…。

→詳しい記事はこちらから。

06.
愛情?いやがらせ?
年頃の娘に送った
父親からのメッセージが最高

97d7581755ffe3dde18a3e2294a158c75a3999cd

娘・キャシーのセルフィーを忠実に再現してInstagramに投稿しているのは、なんと父親のマーティン。

サインペンで書いた胸元のタトゥーに、近所で拾ってきた葉っぱで作った冠。あひる口だって様になっています。

微笑ましい光景に見えますが、どうやらコレには、愛する娘に対するメッセージが込められていたのでした…。

→詳しい記事はこちらから。

以前旦那にプレゼントしたシャッツ。せっかく気持ちを込めたものなのに、縮んだからもう着れないと捨てられそうなところを発見。娘のためにリメイクしてSNSに写真...
にっこりと笑う小さな男の子。大好きなパパとママと一緒に写る幸せいっぱいの一枚は、見ているこちらも微笑ましい気持ちになります。だけど、実は彼の両親は離婚して...
写真はときに、言葉以上のストーリーを私たちに伝えてくれます。ある写真家は、亡くなった夫を写真の中に呼び戻し、実現しなかった家族写真をつくりました。ステファ...
家族は、何にも変えられないかけがえのない存在。知らないうちに自分に染み付いていた癖が両親そっくりだったりして、成長していくにつれて、その計り知れない影響力...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
ありふれた日常生活から、困難に陥った時まで。支えてくれる家族がいたからこそ、あなたは優しく、強くなれるーー。「Thought Catalog」でそう語るの...
「パパ」「ママ」「なごみちゃん」「かずとよ君」の、とある4人家族。彼らが毎月定例で開催している“家族会議”に、いま多くの人が夢中になっています。まずは、T...
子育てには、迷うことがたくさんあります。ここでは、「becoming minimalist」のライター、JOSHUA BECKERさんの記事を元に、子ども...
子どもができたら毎日がお祭り騒ぎ。ここで紹介するのは、そんな妊娠中や子育て中の女性に起こりうる、生々しい瞬間を表現した写真集です。決して脅かすわけではあり...
今まで私はたくさんの家づくりの相談をお受けしてきました。その中で、素晴らしい家づくりをされたご家族・ご夫婦には、特徴的な行動パターンや習慣パターンがあるこ...
ある兄妹のストーリーが話題となっています。兄の名はモハメッド、妹の名はノール。二人は、仲良く暮らしていました。しかし、ある土曜日の夜、モハメッドは妹のノー...
毎日がまるでサーカスの一幕みたいな、赤ちゃんや小さい子どものいる家庭。パパもママもてんやわんやの大忙しのことでしょう。ここに紹介する写真もそんな場面の数々...
恋人や友だちと過ごすクリスマスが浸透している日本。かたや欧米諸国は、ご存知の通り家族と過ごす方がプライオリティは高めです。ここに紹介する動画は、まさにその...
反抗期まっただ中の10代は、「お母さんはあなたのことを考えて言ってくれているのよ?」なんていうセリフには耳も貸さずに、「ふんっ」と聞き流していたのでは?で...
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
何も言わず、でも全てをわかってくれているような。そして、寄り添うと感じる安心感。ペットとの絆は「家族以上だ」という人もいるほどです。同じ景色を眺めていれば...
離婚をしてしまったら、結婚していたふたりは他人同士にならざるを得ません。でも子どもにとっては、ふたりがいつまでも自分の親であることに変わりはないのです。子...
連休になると街中にあふれる旅行の広告。ついつい見てしまう素敵な写真と一緒に、目的地に向かいたくなる誘い文句が飛び交うのだけど「お金があれば行ってるよー!」...
子育て中のママは、さまざまなことを一人で抱え込んでしまうことも。そんなとき、ちょっとしたパパの気づかいがあれば、いつまでもご夫婦が仲良くいられはずです。子...